正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観。「日本の対応に間違いがなければ すべて うまくいっていた」という妄想が自虐史観。どんなに誠意ある対応をしても相手が「ならず者国家」なら うまくいかない。完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=団結させない個人主義の洗脳

ホーム 全記事一覧
満州事変 関連議論 満州事変~大東亜戦争

263

支那に侵略されてんだから戦意高揚記事書くのなんて当たり前。
権利を侵害されてんのに自衛しろ、
戦って財産を守れの一言も無いほうが異常。
当時のマスコミが普通。そのための軍隊。
尖閣諸島が侵略されてんのに撃沈しろの一言も無い戦後マスコミが異常。

張学良は易幟していたので隠蔽したのが国民党正規軍で間違いない。
そもそも中村大尉がスパイだとか逃亡しようとしただとかは
全て支那側の主張であって著しく信憑性に欠ける。
同事件以前から事変の具体的計画があったという証拠はない。

―――――――――――――――――

265

>>263

>権利を侵害されてんのに自衛しろ、
>戦って財産を守れの一言も無いほうが異常。

その権利ってのが問題付きの上にあやふやでさ。
軍事恫喝で延長させた経緯があったり、
日本側の解釈や主張でしかなかったり、
権利喪失の条件満たしてるのに居座ってたり。
中国側もそういうグレーゾーンを突いてきてて、
文句なしに黒と言える案件は無かった。

また、権利侵害があるなら軍事力を行使する前に、
国際連盟に提訴するのが連盟加盟国の義務。
それをやらずに軍事力行使すれば正当性は無くなる。

>張学良は易幟していたので隠蔽したのが国民党正規軍で間違いない

軍命令ではなく、中村大尉を殺害した部隊長の独断だという意味。

>そもそも中村大尉がスパイだとか逃亡しようとしただとかは
>全て支那側の主張であって著しく信憑性に欠ける。

スパイなのは日本自身が認めてるが。
他国領の立ち入り禁止区域で軍用地誌情報を収集しろと命令を出したと。

>同事件以前から事変の具体的計画があったという証拠はない。

30年11月に永田鉄山が、攻城用の24糎榴弾砲の送付を石原らに約束している。
31年6月には満蒙で武力行使をおこなう旨の
「満州問題解決方針の大綱」が作られている。

―――――――――――――――――

269

問題付きでもあやふやでもない。
二国間協定による延長は何も違法じゃない。
権利喪失の条件も満たしてない。
華府会議で言い返せなくなったのは支那側。
マスコミがそう報道するのは当然という話なだけで
実際に権利侵害を理由に
武力行使をしたわけじゃないからその話題は意味がない。

それに連盟に提訴しなかったからって正当性が無くなるなんてことはない。

実際に軍命令があったかどうかは関係なく
国民党正規軍が中村大尉達の死体を隠したのは事実で
日本側の抗議を「事実無根だ」と非難したのは南京当局。
中央当局はろくに調べもせずに日本の抗議を退けただけでも立派な隠蔽。
地誌作成の使命でスパイでも何でもない。

立入禁止も何も支那官憲による
護照検査をもってその旅行行動は許可されている。

24糎榴弾砲の送付なんか具体的計画になるはずないでしょ。
反日行動を連発して日支懸案を増やしてた張学良の本拠地に
榴弾砲の一つも配備するなんて転ばぬ先の杖。

満蒙問題解決方策大綱なんて、さらに具体的計画の欠片でさえない。
同大綱は外交努力でも解決しない場合は、
陸軍省を通じて政府の助力を得て日支懸案を解決しようというもの。
関東軍ではなく陸軍中央の方針。
ここでいう事変の具体的計画ってのは関東軍による自作自演の証拠。
もし支那軍が攻撃してきたら、もし紛争が起きたら、
こういう作戦でこういう兵站で、
こうやって占領しようなんて計画があるのは何も悪いことじゃないし
「事変を起こす(自作自演)」の何の証拠にもならない。

当時の朝日新聞は今と違ってまとも。発狂もしてない。
何度も言うけど、ただでさえ権利を侵害されてる状況の挙句、
日本が認めてない日本人立入禁止区域で惨殺されたんだから
「暴虐シナを撃て!!」と戦意高揚記事を書くなんて当たり前のこと。
書かないほうがおかしい。というか何が今と同様だよ。
漁船衝突で、いつ朝日新聞が「暴虐シナを撃て!!」と書いたんだよ。
書かないから今の朝日はおかしいんだろうが。

―――――――――――――――――

270

>>269

朝日新聞はいつの時代も事大主義者(強い者の側に立つ)で、
骨の髄まで全体主義、そしてアンチ民主主義だから、
日本軍が強いとなると日本軍の提灯記事を書きまくり
「暴虐シナを撃て!」
米軍が日本を占領すると米軍の提灯記事を書いて
「日本の軍国主義を許すな!」
米軍がいなくなり中韓が全体主義的で恐ろしそうだと思うと
中韓の提灯記事を書きまくり「集団保障を許すな!」「君が代日の丸反対」
「従軍慰安婦に謝れ」と発狂しまくる。
朝日新聞は戦前から「事大主義」「骨の髄まで全体主義」
「アンチ民主主義」でずっと同じだよ。
骨の髄まで全体主義者の朝日新聞が、
全体主義中国の悪口なんか書く訳がない。

―――――――――――――――――

271

ずっと同じじゃない。占領後も米国(GHQ)を批判した。
9月に鳩山一郎のGHQ批判を記事にしたことでGHQが朝日を発禁。
ここから徐々にGHQに擦り寄る。
11月に戦争責任ということで経営幹部退陣。
GHQは公職追放と共産主義者解放で、
とにかく保守派を貶め極左を優遇したことによって、
その極左が進歩的文化人ということで幅を利かせる。
戦後の反日は、そうした土台の上に立つもので事大主義とは無関係。
何度も言うけど支那が暴戻なのは事実。
それを膺懲せよと煽るのは当然にして何も悪いことではない。
攻撃されて自衛しろと主張するのは当たり前。
そのための軍隊。発狂じゃないの。批判するようなことじゃないの。

―――――――――――――――――

272

>>271

>9月に鳩山一郎のGHQ批判を記事にしたことで

当時のGHQへの批判なんて「米よこせ」ばかりだよ。
小学生でもできるバカな批判で、批判のうちに入らない。

>極左を優遇したことによって

日本の軍国主義を徹底的に根絶やしにする為で、GHQの方針。
朝日新聞は戦前から筋金入りの事大主義。
帝国陸海軍に媚び、GHQに媚び、ソ連中韓に媚び、
自己保身の為に強い者に媚びるしか能がない。

>それを膺懲せよと煽るのは当然にして何も悪いことではない

北満は事実上、馬賊が支配する「無主の地」と言われるところだが
一応、国際的には国民党軍の管理する場所ではある。
そんな場所での日本軍人の殺戮で、
犯人は末端の国民党軍人だが国民党が組織として命令を出した訳ではない。
当初、中国側が犯行を強く否定していた事もあり、
冷静に事実だけを書いた新聞も多かった。

それまで朝日新聞は日中関係においては冷静な論調だったが、
中村大尉事件以来一気に軍国主義トーンが高まり、
シナへの開戦を煽りまくった。

―――――――――――――――――

282

>当時のGHQへの批判なんて「米よこせ」ばかりだよ。

そんな話してない。批判記事に対して発禁したのは事実。

>日本の軍国主義を徹底的に根絶やしにする為で、GHQの方針

そもそも軍国主義じゃない。自衛は当然。
それに話は朝日の左傾化の原因であって極左優遇の理由の話はしてない。
事大主義でない理由は先述した。
そちらは理由なく「事大主義だ!」と強弁しているだけ。

>北満は事実上馬賊が支配する「無主の地」と言われるところだが

それも関係ない。
何度も言うけど自衛を煽ることは何も悪いことじゃない。
批判の対象じゃない。
国民党が組織として命令したかどうかは関係ない。
日本の抗議に対して調査をせずに事実無根だと返してきたのは
事実にして暴戻国民党中央。
国民党に媚び諂わなければ駄目なんてことはない。
惨殺しておいて隠蔽。
膺懲を煽るには十分な理由。
批判する話じゃない。

>それまで朝日新聞は日中関係においては冷静な論調だったが、

中村大尉事件を起こした国民党が悪いってこと。
何度も繰り返すけど自衛を煽るのは軍国主義じゃない。
暴戻支那に媚び諂うほうがよっぽど敵国の軍国主義に加担している。

>戦前の朝日新聞はファシズム肯定の親ナチス

そもそもファシズムもナチスも悪者ではない。
戦後に作られたイメージを狂信して、
それを批判しているなんて歴史の考察でも何でもない。
ファシズムの和訳を知っているのか。団結の何が悪いんだ。

―――――――――――――――――

283

>>282

>批判記事に対して発禁したのは事実。

朝日はガチガチの右翼新聞で、
自発的に戦争を煽って日本を戦争の奈落へ突き落としたくせに、
戦後は一転して「我々は被害者だ」と言いたがるんだよね。
どこまで卑劣なのか、人間のクズめ。

>事大主義でない理由は先述した。

本来なら1面で、堂々と社長名で総括すべきものを
姑息なすり替えでごまかしたのです。
つまり、朝日はいまだに一度も国民に”謝罪”していない。
戦後57年を経ても、自らの戦争責任を総括できず、
一方で日本の戦争責任を追及しつづける。それが朝日新聞なのです。

>中村大尉事件を起こした国民党が悪いってこと。

もちろん国民党軍に責任はあるが、相手に非があるからと言って
発狂して「暴虐シナを倒せ!」と書きまくって
国民の戦意高揚を煽るなら今の韓国のキチ○イ新聞と同じ。

―――――――――――――――――

285

>朝日はガチガチの右翼新聞で、自発的に戦争を煽って日本を戦争の奈落へ

何度も言うけど自衛を煽るのは何も悪いことじゃない。
自衛になったのは支那が原因を作ったから。
原因を作った支那でなく
それへの膺懲を訴える側を批判するとかお里が知れる。

>本来なら1面で、堂々と社長名で総括すべきものを
>姑息なすり替えでごまかした

そもそも謝罪する必要ない。
日本にも朝日にも戦争責任なんて無い。
支那が暴戻なことしてなければ、それへの膺懲を訴えることはできない。

>もちろん国民党軍に責任はあるが、相手に非があるからと言って

何度も言わせるな。
自衛を煽ることは何も悪いことじゃない。
相手の非で被害をこうむってるのだから膺懲を訴えることは当たり前。
発狂でも何でもない。
漁船衝突されて戦争しろの一言も無いほうがよっぽど発狂してる。
全ての原因は暴戻支那国民党にある。
支那側からの侵略が原因。
逆に、相手の非があって権利を侵害されてる状況以外の
どんな状況で自衛を主張すればいいんだ。馬鹿かてめーは。

―――――――――――――――――

287

>>285

>何度も言うけど自衛を煽るのは何も悪いことじゃない。

隣国だったら、相手から迷惑掛けられる事もこちらが迷惑掛ける事もある。
国民党軍が組織的に中村大尉を殺したのならともかく、
末端の兵士がやった事で、犯人は自殺したのだから、謝罪と補償で済む話。
それを「暴虐シナを倒せ!!」と戦争を煽りまくるって、完全に狂っている。

昨年、日本人外交官が韓国で殺された事件があったが
「日本の外交官まで命の補償がないのでは許せない、
韓国と戦争しろ!韓国に正義の鉄槌を下せ!」
と日本の新聞が狂ったように韓国との戦争を煽るのと同じ。
それが正常な行為か???

>日本にも朝日にも戦争責任なんて無い。

朝日新聞には、国民を狂ったように戦争に煽った責任があるが、
全く戦争責任を果たしていない。

―――――――――――――――――

288

>>285

>漁船衝突されて戦争しろの一言も無いほうがよっぽど発狂してる。

敵地に侵入した軍人一人殺されて、
狂ったように「暴虐シナを倒せ!」と戦争を煽りながら、
海保の船に衝突されて圧力で船長を保釈して文句の一つも書かないのは、
朝日新聞の事大主義をよく表している。

―――――――――――――――――

289

>隣国だったら、
>相手から迷惑掛けられる事もこちらが迷惑掛ける事もある。

故意と過失は違う。何度も同じこと言わせるな。
日本の抗議に対して調査をせずに事実無根だと返してきたのは
事実にして暴戻国民党中央だと何度も言わせるな。
隠蔽したのは国民党中央だ。
それに日支懸案は中村大尉惨殺事件だけじゃない。
数々の暴戻事件が度重なる中、日本を完全に挑発した事件がそれ。
日本政府は幣原外交で弱腰。
新聞社が「支那を膺懲せよ」と訴えるのなんて当然。
全く狂ってない。狂ってるのはお前。

>昨年、日本人外交官が韓国で殺された事件があったが「日本の外交官まで

竹島を侵略していて従軍慰安婦の嘘を世界に広めて、
挙句例のように正規軍が惨殺しておいて
南鮮政府が「事実無根、日本の捏造だ」と唱えれば、
「南鮮と戦争しろ!南鮮に正義の鉄槌を下せ!」と煽って全然おかしくない。
それは何も批判する話じゃない。被害者はこちら。狂ってるのはお前。

>朝日新聞には、国民を狂ったように戦争に煽った責任があるが

何度も言わせんな。狂ってない。自衛を煽るのは何も悪いことじゃない。
そんなの戦争責任にならない。戦争責任があるのは侵略した奴。
侵略した相手に自衛の反撃を訴えるのは戦争責任じゃない。馬鹿かてめーは。

>敵地に侵入した軍人一人殺されて、狂ったように「暴虐シナを倒せ!」と

敵地じゃない。紛争地帯でさえない。また嘘を言った。狂っている。
支那が不当に日本人のみ立入禁止地帯にした場所(日本政府は抗議して否認)に
支那官憲の護照検査を経て旅行中だったのを惨殺した。

漁船衝突で自衛を訴えないのは戦後朝日が左傾化したから。
事大主義とかじゃない。
嘘捏造してまで日本国内に悪者を作ろうしているお前の行動こそ
戦後、朝日と同じ狂った所業。

―――――――――――――――――

290

>>289

>故意と過失は違う。

中国漁船による「故意の」珊瑚密漁や、
韓国政府による「故意の」産経新聞支局長逮捕などが相次いでいるが、
「暴虐チャンコロを軍事力で倒せ!」
「暴虐チョンを空爆して思い知らせてやれ!」
と日本の大新聞が戦争を煽る事が正しい行為なのか???

>新聞社が「支那を膺懲せよ」と訴えるのなんて当然。

場所が国民党軍の勢力範囲である北満で、
しかも犯人がなかなか挙がらなかったため
冷静に事実を書いた新聞も多かった。
軍人一名の殺人なのになんで戦争しなければならないんだ?
お前は完全に狂っているよ。
狂ったように日本国民を戦意を煽って、
日本を昭和15年戦争の地獄に落としたのは朝日新聞。

>自衛を煽るのは何も悪いことじゃない。

軍人一人殺されたら戦争しなけりゃいけないなら、世界は戦争だらけだ。
おまえはどこまで戦争が好きなんだ?
戦前の朝日新聞と同じだな。

>敵地じゃない。

北満は日本領じゃない、国民党軍が管轄する地域だ、
見え透いたウソをつくな、病的なウソつきめ。

―――――――――――――――――

291

>中国漁船による「故意の」珊瑚密漁や、
>韓国政府による「故意の」産経新聞支局長

正しい行為。少なくとも批判する話じゃない。
批判すべきは故意の珊瑚密漁や故意の産経新聞支局長逮捕。

何度も言うけど当時の日支懸案同様、
現在の対特亜懸案も懸案は一つではない。

現日支懸案は珊瑚密漁だけじゃない。
現日鮮懸案は産経新聞支局長逮捕だけじゃない。

そもそも尖閣諸島付近領海空における共支漁船や正規軍による挑発・侵犯、
朝鮮による竹島侵略と同胞拉致だけで
自衛・反撃・撃沈・抗戦を煽るに十分な理由。

それでも行動を起こさない日本政府と更なる挑発を続ける特亜に対して
新聞が檄を飛ばすなんて当然にして尋常。
批判すべきは反撃を煽る側じゃなくて攻撃している側。
その攻撃している側の犯罪を不問にして
反撃を主張した側を戦争の原因とし、戦争責任者とし、
批判するという気違いを通り越した所業をしているのがお前。

>場所が国民党軍の勢力範囲である北満で、
>しかも犯人がなかなか挙がらなかったため

犯人は挙がってる。
そもそもその情報は犯人不明なのを
朝日新聞が勝手に支那兵ってことにして反撃を謳ったのではなく、
事件を調査して発表を差し止めていた特務機関が解禁した情報。
なので朝日新聞に限らず大阪時事新報や北平晨報や
その他誰も犯人が不明だとか情報を隠蔽することなく
国民党正規軍関玉衡その他の仕業と明記している。

前述した通り軍人一名じゃなくて数々の日支懸案の上にその事件がある。
反撃を煽るのは狂ってない。批判すべきは朝日新聞じゃなくて支那。
戦争を好んでるのは反撃を主張する方じゃなくて、
先に挑発攻撃してきた側。
そして、その諸悪の根源を必死に無罪ってことにしようとするお前。

>北満は日本領じゃない、国民党軍が管轄する地域だ、

誰も日本領だなんて言ってない。
日本領でないだけで敵地じゃない。
また嘘言ってる。狂ってる。
日本領でない場所は全て敵地なのか。馬鹿かてめーは。

―――――――――――――――――

292

>>291

>新聞が檄を飛ばすなんて当然にして尋常

「チャンコロと戦争して思い知らせてやれ!」
「チョンに空爆してやれ、ソウルを火の海にしろ」
と、新聞は満州事変前のようにどんどん戦争を煽れ、
と言っているのか?????
お前のオツムは、北チョンや南チョンのマスコミと同レベルだなwwwwww

何度も言っているが、
当時の朝日新聞が帝国軍人1人が国民党軍管轄地で殺された事で
狂ったように戦争を煽りながら、
現在シナが尖閣や小笠原でこれだけ侵略意思を見せているのに
何もしないのは、まさに朝日新聞の事大主義の表れだよ。

>犯人は挙がってる。

ウソはいかんよ、ウソは。
朝日新聞とか事大主義者は息を吐くようにウソをつく。
国民党軍の管轄地で、国民党軍は強く否定しているから、
簡単には犯人は挙がらない。
多分、国民党軍がやったのだろうが、
誰が犯人なのか判らない状態が続いた。
まともな判断能力があれば、
そんな状況で「シナを倒せ!懲らしめろ!」なんて書けない。
朝日は事大主義者だから、強そうな関東軍にゴマをすって
「シナを倒せ!」と書く事が出来る

>日本領でない場所は全て敵地なのか。

国民党が一応管轄しているが、馬賊が横行していて、
その馬賊が夏になると南下して日本軍管轄地の民家を襲って来るんだよ
日本人を襲う敵がウヨウヨしている無法地帯が
敵地じゃないとでも言いたいのか?
事大主義者はどうしようもないクズだな、馬鹿かてめーは?

―――――――――――――――――

293

>「チャンコロと戦争して思い知らせてやれ!」
>「チョンに空爆してやれ、ソウルを火の海にしろ」

煽ったからって批判する話じゃない。
領土や権益を侵害されているのに反撃しろの一言も無いのは異常。
日本に反撃してほしくない、
そういう論調になってほしくないのは特亜側。
北チョンや南チョンのマスコミと同レベルなのはお前。

>何度も言っているが、
>当時の朝日新聞が帝国軍人1人が国民党軍管轄地で殺された事で

何度も言ってるけど帝国軍人1人じゃない。
数々の日支懸案の上にその日本への挑発・暴虐を
極めた事件で日本人の怒りが頂点に達した。
現在の朝日が特亜の侵略を批判しないのは
反日左傾化したから。事大主義じゃない。
逆に反撃を煽ってないのだから
お前からしたらすばらしい新聞なんだろうよ。

>ウソはいかんよ、ウソは

嘘吐いてるのはお前。
事件の全貌は特務機関の調査で分かっている。
それを支那側が調査を約束しておいて全く調査をせずに「日本の捏造だ」と
あからさまに挑発した態度が特務機関の情報公表及び日本人が激怒の理由だ。
現に朝日新聞以外の新聞社も犯人を関玉衡と明記して報道している。
特務機関の調査情報が情報源なんだから当たり前。また嘘に嘘を重ねている。

>国民党が一応管轄しているが、馬賊が横行していてその馬賊が夏になると

そんな話してない。馬賊がいようと敵地ではない。
しかも中村大尉を襲って惨殺したのは馬賊ではなく国民党正規軍兵士。

さらにお前の反論「北満は日本領じゃない、国民党軍が管轄する地域だ」
「馬賊」なんて一言も出てきてない。
馬賊が横行するような場所だからと言って
許可を得て旅行中の日本人を
支那正規軍が惨殺強盗していいなんてことにはならない。

それに俺が、もしお前の言う事大主義者なら
お前の言う戦後、朝日新聞同様、特亜に媚びていなければ矛盾するだろうが。
実際はどうだ。
戦前の支那国民党に、
現在の支鮮に媚びて日本の反撃を批判してるのはお前だろ。

攻撃を批判せず攻撃に対して反撃を訴える行為を批判してるのはお前だろ。
数々の条約違反や邦人差別事件からなる日支懸案を無かったことにして
「軍人一人」と、まるで中村大尉事件だけで
新聞社が膺懲を訴えたかのように平気で捏造歪曲嘘偽りを用い、
侵略者を擁護し、日本を不当に貶めているのはお前だろ。
お前の発言一語一句
全て嘘にして戦後、朝日新聞と同様の愚劣極まる反日行為だ。

―――――――――――――――――

294

>>293

>煽ったからって批判する話じゃない。

意味不明、お前は自営の為に新聞が戦争を煽るのは当然だ、
と何度も繰り返している
なんですぐに戦争を煽りたがるんだ??????
お前はマジで頭の逝かれたキチガイ戦争屋なのか???
戦前の朝日新聞とか、今の北チョン南チョンと同じだろ、
このリアル基地外め

>日本への挑発・暴虐を極めた事件で日本人の怒りが頂点に達した。

朝日新聞が狂ったように国民を煽動した結果だよ。
何度も言っているが、
北満で起きた事だし、国民党軍は組織関与を否定しているし
判断の難しい事件だ。冷静に対応した新聞も多い。
「暴虐シナを倒せ!」と狂ったように戦争を煽っていたのは朝日ぐらいだ。
朝日の煽動を肯定するお前は完全にキチガイ、もしくは病的な事大主義者。

>そんな話してない。馬賊がいようと敵地ではない。

マジのバカなのか????
馬賊は日本軍管轄地の民家や満鉄を襲うのだから、もちろん敵だ。
馬賊が日本の民家を襲うのは全く構わないけど、
国民党軍の末端の兵士が日本軍の兵士を殺したら
戦争しなければならない事態なのか?wwwwww
お前はリアルでキチガイなのか?

>現在の支鮮に媚びて日本の反撃を批判してるのはお前だろ。

完全に精神に異常を来しているようだが、
俺がいつ日本の反撃を批判したの????????
ソース出してね、病的なウソつきさん

―――――――――――――――――

295

>意味不明、お前は自営の為に新聞が戦争を煽るのは当然だ、と

自営じゃなくて自衛。
自衛は悪いことではない。
敵の攻撃に対して何もしないほうが気違い。
そしてそれは敵の侵略に加担する所業でしかない。
朝鮮の竹島侵略や邦人拉致は自衛でも何でもない。
これと一緒にするなんて狂ってる証拠。

>朝日新聞が狂ったように国民を煽動した結果だよ

違う。
日支懸案を積み上げた支那が原因。
中村大尉事件が起こる前から
支那による数々の排日政策・事件により日本人は激怒する寸前だった。
そして同事件及び中央当局の驕慢極まる態度に日本人の怒りが頂点に達した。
何度も言うけど「北満で起きた」とか関係ない。
北満なら支那正規兵が日本人旅行者を虐殺していいなんてことには
ならないし組織関与も何も惨殺したのは国民党正規軍。
調査を約束しておいて一切調査せず
「事実無根だ」と返答してきたのは国民党中央。

それに朝日新聞は「暴虐シナを倒せ!」なんて記事書いてない。
「戦争して思い知らせてやれ!」とも「空爆して火の海にしろ」とも
書いてない。判断の難しい事件じゃない。何度も言わせんな塵屑。
どの新聞も関玉衡の仕業と明記している。
いつまでそんな嘘言い続けるつもりだ。

>馬賊は日本軍管轄地の民家や満鉄を襲うのだから、もちろん敵だ

そんな話してない。
お前の発言「敵地に侵入した軍人一人殺されて」
この文脈だと軍人一人が敵兵に殺されてもという話になる。
許可を得た旅行を「侵入」という文言を用いてまで。
そして敵対関係にな支那領地が敵地でない旨述べればその反論が
「北満は日本領じゃない、国民党軍が管轄する地域だ」
この文面では敵地である理由は
日本領でないことと国民党軍管轄地であること。
仮に馬賊を理由に敵地とするのであれば
日本領だとか国民党軍管轄地だとか関係ない。
さらに中村大尉は馬賊に惨殺されたわけじゃなく
支那正規兵に惨殺されたのであって中村大尉事件に馬賊云々は関係ない。
敵地でもなければ侵入でもない。

そしてまた繰り返しだけど朝日新聞は「戦争しろ」なんて記事書いてない。
「国民党軍の末端の兵士が日本軍の兵士を殺したら」じゃなくて
数々の日支懸案の上に同事件がある。
またまた同事件以前の度重なる侮日事件を無かったことにして、
中村大尉事件だけで新聞社が膺懲を訴えたかのように嘘を吐いている。

>完全に精神に異常を来しているようだが、俺がいつ日本の反撃を

"「チャンコロと戦争して思い知らせてやれ!」
「チョンに空爆してやれ、ソウルを火の海にしろ」
と、新聞は満州事変前のようにどんどん戦争を煽れ、
と言っているのか?????
お前のオツムは、北チョンや南チョンのマスコミと同レベルだなwwwwww"
この稚拙な文章等。現在の支鮮への反撃を批判している。馬鹿かてめーは。

ちなみに中村大尉事件はおろか満州事変さえ大東亜戦争とは無関係だから
京歩譲って朝日新聞が同事件の原因だったとしても戦争とは無関係。

そもそも中村大尉事件の記事で
「犯人は不明」なんて報道した新聞があるなら提示してみればいい。

―――――――――――――――――

296

>>295

>敵の攻撃に対して何もしないほうが気違い。

尖閣・竹島・小笠原のように敵が組織的に攻撃してきたのならともかく
中村大尉事件のように、国民党軍の末端の兵士が勝手にやった事で
朝日新聞のように狂ったように「暴虐シナを倒せ!」と戦争を煽るのは
ただの戦争屋とかキチガイとか事大主義者といった人種。
おまえは朝日新聞同様の卑劣な事大主義者。

>中村大尉事件が起こる前から
>支那による数々の排日政策・事件により日本人は激怒する寸前だった。

すさまじい無知だな、お前は中華民国史を全く読んでないんだな????
正直、ここまでバカだと思わなかった。
こんな低能バカの歴史オンチのくせに、よく中国史で議論するな(大笑い。

張学良率いる当時の国民党軍の最大の敵は
呉佩孚と馮玉祥のいわゆる直隷派だ。
満州事変が勃発するまで張学良と日本軍はむしろ友軍の関係だ。
だから北大営の国民党軍は全く日本軍を警戒しておらず、
主力は北平にあり、わずか2ヶ月で満州全土を関東軍が占領した。

>それに朝日新聞は「暴虐シナを倒せ!」なんて記事書いてない。

朝日新聞は中村大尉事件から昭和20年の終戦まで、
狂ったように戦争を煽りまくり、
軍に頼まれもしないのに戦意高揚記事を書きまくりましたよ。
これまでずっと肯定してきて、今さら否定するのは、
中華民国史も呼んでいない歴史オンチだから自信がないからですか?wwww

―――――――――――――――――

297

>尖閣・竹島・小笠原のように敵が組織的に攻撃してきたのならともかく

中村大尉事件の重大性は、
国民党正規軍が日本人旅行者を惨殺しただけでなく、
国民党当局中央が調査を約束しておいて一切調査せず、
「事実無根だ」と返答し、隠蔽・湮滅工作した点にある。

また繰り返すけど「末端の兵士が勝手にやった事で」とかじゃない。
数々の日支懸案の上に同事件がある。
同事件だけで朝日が支那を批判したかのような嘘はやめろ。
それと朝日は「暴虐シナを倒せ!」なんて書いてない。
読めないのか読まないのか。

>すさまじい無知だな、お前は中華民国史を全く読んでないんだな????

まず同事件は「中国史」じゃない。
それと、お前の言ってる歴史のほうが完全な嘘。
張作霖の初期は友好的だったが、
張作霖が北京侵略する少し前から反日に転ずる。
条約に違反した満鉄並行線もこの時代から。
奉天が直隷派と争ってたなんてのも張作霖時代の奉直戦争等。

直隷政権時、
第二次奉直戦争中馮玉祥が北京政変を起こして直隷敗北、
呉佩孚(直隷)は馮に捨てられて馮張等連合政権。
連合政権内で再び馮張対立を見た呉佩孚(直隷)は
張作霖と結託して馮玉祥撃破。
張呉等連合政権誕生。
負けた馮西北軍は南口大戦を経て蒋介石に合流。
呉佩孚(直隷)は北伐に敗北で直隷消滅。
劣勢を見た張作霖は満州に逃亡中爆死。
まもなく張学良は易幟。
つまり張学良の時代にはもう呉佩孚も馮玉祥も直隷派も糞もない。
よくもまぁこんな稚拙な嘘思い付くもんだな。
張学良は最初から権益回収を主張して排日政策を断行している。

南満州及東部内蒙古ニ関スル条約に違反した懲弁国賊条例。
交換公文違反の日本人経営鉱山重税。
満善条約違反の満鉄並行線増設。
九ヵ国条約違反の満州支経線での日本製品運搬規制。
交換公文違反の大連返還運動など、
ほんの一部挙げただけでもこれ。
日本人差別迫害犯罪に対して日本政府の抗議をうやむやにし、
この他数々の日支懸案の上に万宝山事件、中村大尉事件と続く。
事変が起こる前から友軍関係とかギャグのつもりかよ。
何で書き込んでるんだ。
張学良の排日政策なんて検索すればすぐに出てくるのに。

>朝日新聞は中村大尉事件から昭和20年の終戦まで、狂ったように戦争を

また馬鹿の上塗り。
開戦したら尚更、戦意高揚を煽るなんて当然にして最良。
戦勝に尽力してる証拠。
中村大尉事件で朝日は「暴虐シナを倒せ!」なんて書いてない。

それと「犯人は不明」なんて報道した新聞の提示まだか?

―――――――――――――――――

298

>>297

>一切調査せず「事実無根だ」と返答し隠蔽・湮滅工作した点にある。

だからすぐに戦争するのか???? このキチガイの戦争屋め

>「暴虐シナを倒せ!」なんて書いてない

「暴虐シナを膺懲せよ!」か。
北朝鮮が今でもよく使うな、南朝鮮を膺懲せよ、日本を膺懲せよ、
北チョンと朝日とお前のオツムのレベルは一緒。

>張学良は最初から権益回収を主張して排日政策を断行している。

反日を貫いている奴が、日本の政治家に献金するか、バーカめ。

・(易幟の後)張は日本との決定的な対立を避け、日本を軟化させた。
またこの年、総理大臣への野心を持っていた床次竹次郎を支援するため、
前奉天領事赤塚正助、政友会代議士鶴岡和文を通じて
50万元を床次に献金している。

第一、なぜ張学良はずっと北平にいたのかな??????
関東軍を敵と思うなら奉天を動けないだろ。
関東軍が満州事変のために兵を動かしても
「演習だと思っていた」と言っている。
全く「日本軍を仮想敵」とは思っていなかった。

>つまり張学良の時代にはもう呉佩孚も馮玉祥も直隷派も糞もない。

すさまじい歴史オンチだな。
1929年10月の中ソ紛争で、
ソ連にバックアップされた共産党が広東省で兵を挙げ、
同じく直隷派が復活して華北で反乱を起していたから、
張学良は北平を動けなかった。
ちゃんと中華民国史を読んだ方がいいと思う。
中ソ紛争も知らない低能バカでは話にならない。

―――――――――――――――――

299

>>269

>二国間協定による延長は何も違法じゃない。

そこに武力行使や恫喝が絡まなければね。

>権利喪失の条件も満たしてない。

満たしているよ。ソ連軍は撤退する協定を中国と結んだんだから。

>華府会議で言い返せなくなったのは支那側。

他の案件も含めて物別れに終わっただけでしょ。
あの時点ではまだ撤退条件を完全に満たしておらず、仮定の話だからね。

>実際に権利侵害を理由に武力行使をしたわけじゃないから
>その話題は意味がない。

ないわけがあるか。
日本自身が、権利侵害があったから武力行使は正当と主張してるんだから。

>それに連盟に提訴しなかったからって
>正当性が無くなるなんてことはない。

条約違反でしょ。

>国民党正規軍が中村大尉達の死体を隠したのは事実

それをやった現地指揮官は発覚後、処刑と言う形で責任を取らされたが。

>日本側の抗議を「事実無根だ」と非難したのは南京当局

隠蔽されてて知らなかったからね。

>中央当局はろくに調べもせず

いや、調べてるよ。
結果が出る直前に満州事変が起きて、報告どころではなくなっただけ。
むしろ、他国領に潜入状態と言う制限のある状態下での
特務機関による調査だけで、占領後に正式調査をしていない、
日本の方が不十分だが。

>地誌作成の使命でスパイでも何でもない。

相手国の許可を得ない、相手国領土の軍用地誌作成の現地調査って、
明らかにスパイ行為ですが。
中村大尉もその自覚があるから農業技師とか言って、
身分を詐称し、旅行目的を隠していたんでしょうが。

>立入禁止も何も支那官憲による護照検査をもって
>その旅行行動は許可されている。

警告の裏書を護照に追加記載されているのだから、
許可されたわけではないよ。
そもそも、旅行地域を正直に申告していたかも疑問だしね。

>許可を得た旅行を「侵入」という文言を用いてまで。

いや、無許可なんだけど。
中国側が日本軍人による日本軍のための
軍用地誌調査に許可を出した事実はないよ。
だから、中村大尉は農業技師と身分詐称し、
旅行目的を偽っていたわけなんだが。

で、職質受けて、スパイと発覚したので
捕獲しようとしたら逃げ出したので射殺してしまった。
責任問題を恐れた現場指揮官が隠匿したってのが中国側の調査結果。

―――――――――――――――――

300

>だからすぐに戦争するのか???? このキチガイの戦争屋め

だれも戦争するなんて言ってないし朝日新聞も戦争を煽ってない。
惨殺したのは国民党正規兵、隠蔽したのは国民党中央。
批判されて当然、批判しないほうがどうかしてる。

>「暴虐シナを膺懲せよ!」か

朝日新聞は中村大尉事件において、そんなことも書いてない。
しかも膺懲という別に北鮮が作り出したわけでもない、たかが単語を
北鮮が使ってるからとかで批判とか幼稚すぎる。
その理論だと北鮮が自らの呼称に用いてる「民主主義」も批判できる。

>反日を貫いている奴が、日本の政治家に献金するか、バーカめ

一部有力者を支援したからと言って排日ではないとすることはできない。
しかも五十万元事件は収受した床次が
売国奴と報道されたことからも友軍ではないことが明白にして
こんなことで日本人土地租借禁止令等数々の排日政策が
無かったことにできるわけじゃない。

>第一、なぜ張学良はずっと北平にいたのかな??????

反乱を起こした石友三を討伐するため。
父の張作霖とは違って張学良は易幟してるから
蒋介石の指揮下に入る。
関東軍を敵にしていても奉天から動けないなんてことはない。
当時の関東軍は満州中から全員集めても1万。
張学良東北軍は関内に持ってったのが10万だが、
満州に残留してる兵力だけでも20万~30万はいる。
繰り返すけどそんなことで
数々の排日政策が無かったことにできるわけではない。
張学良の排日政策なんて検索すればすぐに出てくる。

>すさまじい歴史オンチだな

直隷派は復活していない。
その時代の蒋馮戦争のことを言ってるなら西北軍。
さらに張学良は易幟の後、西安事件までは、ずっと蒋介石についてるため
内戦を蒋側について戦ってるだけであって直隷派どうのこうのではない。

さらにお前の発言
「張学良率いる当時の国民党軍の最大の敵は
呉佩孚と馮玉祥のいわゆる直隷派だ。」
張学良の時代に呉佩孚はおろか馮玉祥を直隷派としている時点で
お前の嘘は確定している。お前の同発言と奉蘇紛争は何の関係もない。

それと、いつになったら「犯人は不明」なんて報道した新聞を提示するんだ。

―――――――――――――――――

301

>>300

>朝日新聞も戦争を煽ってない。

「シナを膺懲せよ!」のどこが戦争煽ってないんだ?????
中村大尉事件から昭和20年の終戦まで
朝日は狂ったように戦意高揚記事を書きまくったよ。
朝日新聞は第一級戦犯だが、責任は全く取っていない。
どうしようもないクズだ、朝日を必死で擁護するお前も人間のクズだな。

>張学良は易幟してるから

ハハハ、じゃあなんで関東軍に備えていないんだ?????
関東軍が満州事変のために兵を動かしても
「演習だと思っていた」と言っている。
全く「日本軍を仮想敵」とは思っていなかった、
警戒していなかった証拠だ。

>張学良の排日政策なんて検索すればすぐに出てくる。

張学良の排日政策と言えば、対中強硬派の政友会の大物政治家の
床次竹二郎に莫大な献金をした事だろwwwww
易幟の後、張学良はすぐに軟化している。

・(易幟の後)張は日本との決定的な対立を避け、日本を軟化させた。
またこの年、総理大臣への野心を持っていた床次竹次郎を支援するため、
前奉天領事赤塚正助、政友会代議士鶴岡和文を通じて
50万元を床次に献金している。

>直隷派は復活していない

やっぱり、中ソ紛争を全く知らないんだな。
国民党にとって最大の敵はソ連と付随する共産党・馮玉祥だよ。
だから張学良は北平を動けなかった、
関東軍は危険だと全く思っていなかった。

ソ連軍の侵攻と示し合わせた中国共産党は、
10月末に広東省の海豊・陸豊方面で行動を開始した。
毛沢東・朱徳等の率いる共産軍は、
広東・福建・江西の省境近辺で暴動を起こし、
翌年2月に瑞金で江西ソヴィエトを成立させた。
ソ連の協力者である馮玉祥も中央国民政府に対し反旗を翻していたため、
国民政府はその討伐作戦も展開しなければならなかった。

―――――――――――――――――

302

>そこに武力行使や恫喝が絡まなければね。

武力行使もしてないし恫喝もしてない。
もし恫喝とかなら日本の要求は全て通っている。

>満たしているよ。ソ連軍は撤退する協定を中国と結んだんだから。

満たしてない。それを華府会議で議論して支那は回答準備中で終わった。

>他の案件も含めて物別れに終わっただけでしょ。
>あの時点ではまだ撤退条件を完全に満たしておらず、仮定の話だからね。

全然違う。
シベリア出兵連合軍撤退や香港、山東撤退は合意で終わる。
撤退も何も守備隊の多くが動員された後、支那軍が不法に武装解除したもの。

>ないわけがあるか。

満州事変は日支懸案(権利侵害)を理由に
起こしたものではなく柳条湖事件から。
無論それ以前の権利侵害が重なって
それに至るがそれで直接ではない。

>条約違反でしょ。

条約違反じゃない。国家間懸案をいちいち提訴する義務はない。

>それをやった現地指揮官は発覚後、処刑と言う形で責任を取らされたが。

処刑されたかどうかは定かじゃないが軍法会議にかけられたのは9月以降。
その主張は国民党が隠蔽したことを否定するものじゃない。

>隠蔽されてて知らなかったからね。

違う。調査を約束しておいて一切調査せず事実無根と返してきた。

>いや、調べてるよ。

調べてない。
その愚劣極まる態度から特務機関が情報を解禁し外務省に抗議し、
その抗議の結果ようやく調べ出す。隠蔽したのは事実。
満州事変(柳条湖事件)が起こったのは報告した日の夜。報告した後。

>相手国の許可を得ない、相手国領土の軍用地誌作成の現地調査って、
>明らかにスパイ行為ですが。

地誌作成に許可なんていらない。地誌は軍事機密じゃない。
同地は日本人のみ立入禁止区域にしてるぐらいだから尋常じゃ入れないだけ。

>警告の裏書を護照に追加記載されているのだから、
>許可されたわけではないよ。

追加記載も何も官憲が検査して通してる時点で許可されている。
警告なだけで不許可じゃない。

>いや、無許可なんだけど。

無許可じゃないのは前述の通り。地誌作成云々も同様。
捕獲しようとしたら逃げ出したので射殺ってのは
支那側の主張であり信憑性に著しく欠ける。
現場指揮官どころか東北軍閥長だけでなく中央当局が調査もせずに
日本の抗議を事実無根だと批判して隠蔽した。

―――――――――――――――――

303

>「シナを膺懲せよ!」のどこが戦争煽ってないんだ?????

朝日新聞は中村大尉事件において「シナを膺懲せよ!」なんて書いてない。
第一級戦犯は攻撃を仕掛けてきたほうで、それに反撃を訴える者ではない。
攻撃を仕掛けてきた側をかばうお前も同罪。

>ハハハ、じゃあなんで関東軍に備えていないんだ?????

実際に柳条湖事件まで数々の排日政策・事件があっても軍は行動せず、
外務省の抗議でうやむやに終わってたのが理由。
繰り返すけど、そんなことで排日政策が無かったことに出来るわけじゃない。

>張学良の排日政策と言えば、
>対中強硬派の政友会の大物政治家の床次竹二郎に

排日政策のほんの一部は既に前に書いた。
いくら隠そうとしたって無駄。
張学良の排日政策なんか検索すれば山ほど出てくる。

>やっぱり、中ソ紛争を全く知らないんだな

そんな話してない。直隷派は復活していない。
お前の発言
「張学良率いる当時の国民党軍の最大の敵は
呉佩孚と馮玉祥のいわゆる直隷派だ。」
ソ連だ?共産党だ?
「呉佩孚と馮玉祥のいわゆる直隷派」はどこ行ったんだよ馬鹿野朗。
ソ連だの共産党だのを日本軍や関東軍よりも優先して叩いてたのは蒋介石だ。
張学良は西安事件まで、それに追随(するふり)してただけ。
繰り返すけどそんな理由で排日政策が無かったことに出来るわけじゃない。

いつになったら「犯人は不明」なんて報道した新聞を提示するんだ?

―――――――――――――――――

304

>>303

>「シナを膺懲せよ!」なんて書いてない。

人の書いている事を「違う」と言うだけなら、
お前みたいな人間のクズの卑劣な事大主義者でもできる、
じゃあ何と書いたか示せよ、ソース付きで。

>第一級戦犯は攻撃を仕掛けてきたほう

朝日に煽られた邦人がヒステリー起して関東軍に押し掛けて
石原莞爾に「腰の刀は竹光か」と詰め寄ったのは有名な話。
関東軍は「兵を動かしても朝日新聞や朝日に煽られた日本人が熱狂的に
支援してくれる」と確信したから、兵を動かした。
つまり最大の戦犯は朝日新聞。

>数々の排日政策・事件があっても軍は行動せず

ウソはいかんよ、ウソはw
事大主義者は息を吐くようにウソをつく。
実際に関東軍が北大営攻撃に向けて動いたんだよ。
しかし張学良は完全無視した、敵だと思ってなかった事の証拠だ。

>張学良の排日政策なんか検索すれば山ほど出てくる

だから張学良の排日政策と言えば、
対中強硬派の政友会の大物政治家の床次竹二郎に
多額の政治資金を送った事だろ、大した親日派だな。

>張学良は西安事件までそれに追随(するふり)してただけ

さんざん張学良は易幟したと強調しながら「ふりするだけ」だってさwwwwww
お前は朝日新聞同様に、ウソを言う事が習慣化しているんだな。
ウソを言わないといられない体質らしい。
そこまで病的なウソつきということは、朝日の関係者か?

―――――――――――――――――

305

>人の書いている事を「違う」と言うだけならお前みたいな人間のクズの

もしかして、記事を見もせずに「朝日が煽った」と
狂ったように散々連呼していたのかい。
文字を見もしないで何で煽ったかどうか分かるんだい。

>朝日に煽られた邦人がヒステリー起して関東軍に押し掛けて

「腰の軍刀は竹光か」は昭和3年。中村大尉事件は昭和6年。
事件の3年前に朝日が書いたという煽り記事は
どんな事件に対する記事なんだい?
張学良とは友軍で排日など無かったのだろう?どんな事件なんだい?

>ウソはいかんよ、ウソはw

君大分日本語不自由なようだね。
関東軍を含めて軍隊は命令がないと自分からは動けない。
満州で現地邦人が排日に苦しんでる状況を
目の当たりにしても軍は行動を起こせず、
陸軍省から外務省に要請して
外務省(幣原)が支那に遺憾の意を表明して終わり。
数々の排日に一切軍は動いてなかったのだから
張学良も今まで通りと思って当然て話。
その幣原軟弱外交に邦人は政府より軍に助けと
希望を乞うようになりマスコミも同外交を批判した。
そしてその軍も動かないことに対しての嘆きが「腰の軍刀は竹光か」だ。
柳条湖事件で鉄道が爆破されたことにより
ついに今まで動かなかった関東軍が動いた。
今まで動いてなかったのだから
張学良がそういう認識でおかしくないって話。

>だから張学良の排日政策と言えば、
>対中強硬派の政友会の大物政治家の床次竹二郎に

例えば満鉄並行線増設。
例えば日本人土地租借禁止令。例えば大連返還運動。
数々の排日政策・事件が五十万元事件で無かったことにできるとでも。
これはもう何回も書いている。
でも馬鹿だからまた五十万元事件一つで
「排日じゃなかった」を狂ったように繰り返す。

>さんざん張学良は易幟したと強調しながら「ふりするだけ」だってさwwwwww

実際に西安事件で本性を現す前には蒋介石から離反していない。
むしろ本性は共産党追随だったのだから
「呉佩孚と馮玉祥のいわゆる直隷派」から「ソ連・共産党」に変身も
さることながら、その変身後は「張学良軍の最大の敵はソ連・共産党だ!」
になるのだから、まぁ嘘に嘘を重ねた結果、
もはやどこにも逃げられなくなってしまっているって言うね。
「犯人は不明」記事提示も含めて
そんなにたくさん墓穴掘ってどこに入りたいんだか。
発言の矛盾に対する糾弾に一切答えないのが嘘吐きである何よりの証拠だ。
捏造だから論拠を提示できないんだ。第三者から見て一目瞭然だぞその醜態。
媚支だけあってやってること支那と全く同じとは良く出来た単細胞だ。

―――――――――――――――――

306

>>305

>もしかして、記事を見もせずに

だから、ノータリン丸出しでこちらの話は「違う、違う」と言うなら、
そちらの資料を示してね、ソース付きで。
どーせ、ソースもナシで言ってるだけだろ、卑劣なウソつきさんwwwww

>「腰の軍刀は竹光か」は昭和3年

それは斉南事件だ。
「腰の軍刀は竹光か」は一般人が動かない軍人を嘲る常套句で
中村大尉事件で使われた。

>今まで動いてなかったのだから張学良がそういう認識でおかしくない

つまり、張学良にとって日本軍は仮想的でも何でもなかったんだよ。
ノータリンも、やっと理解できたかな?
良かったね、時間が掛かったが、1つ学ぶ事が出来たねwwwwwww

>五十万元事件一つで

対中強硬派の政友会の大物政治家に巨額の政治献金する「排日主義者」って
いかにもノータリンらしい発想だなwwwwww
韓国の朴大統領が、安倍総理に巨額献金したら、反日ではなくなるねwwww

>実際に西安事件で本性を現す前には蒋介石から離反していない。
>むしろ本性は共産党追随だったのだから

さんざん「張学良は易幟した」と強調して来たのはお前だよ、
歴史オンチのお前今さら笑わせるな。
論破されると、すぐ前提を変えて言い訳だなwwwwww
易幟はしたのか、しないのかどっちなんだ?????
自分の都合の言い様に解釈するな、事大主義の卑怯者め。

―――――――――――――――――

307

>だから、ノータリン丸出しでこちらの話は「違う、違う」と言うなら

お前は記事を見て
「朝日が中村事件で戦争を煽った」と言ったんじゃないのかね。
その記事に「倒せ」とも「膺懲」とも、
ましてや「戦争」なんて文字が無いことも知っているんじゃないのかね。
それとも見もせずに戦争を煽っただとか喚いたのかね。
しかも「犯人は不明」記事のソース提示のほうが先なんじゃないのかね。

>それは斉南事件だ。「腰の軍刀は竹光か」は一般人が動かない軍人を

「中村大尉事件で一般人が腰の軍刀は竹光かと言った」
なんて確たる証拠はないだろうけど、
要するに数々の排日侮日事件の後、
同事件でも動かない軍に嘆いたって話でしょ。
それの何がおかしいのよ。
支那が惨殺隠蔽したのは事実で、外務省は弱腰なんだから、
邦人が軍に縋っただけの話じゃないのよ。

>つまり、張学良にとって日本軍は仮想的でも何でもなかったんだよ

違うよ。排日をやってるって時点で武力衝突もありえるんだから。
「敵は今回もどうせ動かないだろう」ってだけの話。
まぁ仮に敵だと思ってなかったとしても
排日は事実なんだから関係ないけどね。
敵じゃなく友軍だと思いながら
その国を侮辱して排していたという奇妙な姿になるだけだよね。

>対中強硬派の政友会の大物政治家に
>巨額の政治献金する「排日主義者」って

案の定またそれだな。
献金すれば満鉄並行線増設や日本人土地租借禁止令等の違法行為で
日本人が苦しんでも排日じゃないってんだから凄い理論だよな。
それと、朴が安倍首相に献金したら
反日じゃなくなるとか本気で言ってんのか。
竹島を侵略しようが皇尊の御真影が焼かれようが
献金されればそれがチャラになると?
まぁ本気で思ってるから五十万元事件一つで
そんなに発狂してるんだろうけどよ。

>さんざん「張学良は易幟した」と強調して来たのはお前だよ、
>歴史オンチのお前

実際易幟したよ。
西安事件までは離反してないのだから、その間は蒋介石追従で間違いない。
後「前提を変えて言い訳」ってのは
「呉佩孚と馮玉祥のいわゆる直隷派」から「ソ連・共産党」のことだから。
「犯人は不明」記事提示と共に一切触れないじゃないか。
答えないのが論破された証拠なんだよ。
まぁこれだけ威勢よく人のことを馬鹿にしてることが逆に
追求されても一切答えない、
そのみっともなさを強調してて気分良いけどね。負け犬とはこれだ。

―――――――――――――――――

308

>>302

>武力行使もしてないし恫喝もしてない。
>もし恫喝とかなら日本の要求は全て通っている。

は?相手国の了承も得ずに他国領を占領するという武力行使をしているし、
それに抗議されて最後通牒をつきつけるという恫喝で通した要求だが。

>満たしてない。

ハバロフスク協定(1929年)でソ連は北満州からの撤退を締結している。
同様の協定を結ぶ(そして履行して撤兵する)義務が
それ以降の日本にはあった。

>それを華府会議で議論して支那は回答準備中で終わった。

華府会議は1921年。
君の脳内は時系列が逆転するほど歪曲が常態化しているようだ。
当時は、ソ連は撤兵する宣言はしている(そして後に取り消す)ものの、
中華民国と協定を結んではいない。
この時点ではそうなったらと言う仮定の話でしかなかった。

>全然違う。シベリア出兵連合軍撤退や香港、山東撤退は合意で終わる。

それらは、中国と言うより、列強との合意だが。

>撤退も何も守備隊の多くが動員された後支那軍が不法に武装解除したもの。

だから、協定として成立している状況じゃないと言ってるでしょ。

>満州事変は日支懸案(権利侵害)を理由に
>起こしたものではなく柳条湖事件から。

柳条湖事件による自衛と言う口実が国際的に通用しなかったから、
後出し的に権利侵害を正当化理由に持ち出したわけですが?

>条約違反じゃない。国家間懸案をいちいち提訴する義務はない。

武力行使する前に提訴する義務は条約にあるよ。

>処刑されたかどうかは定かじゃないが軍法会議にかけられたのは9月以降。

中華民国は共産党討伐や反乱対処に忙殺されてたんだよ。

>違う。調査を約束しておいて一切調査せず事実無根と返してきた。

いや、報告が上がってないことを調査確認して、返してきたんだよ。
下部が報告隠蔽してる可能性まで一々疑ってはられんさ。

>地誌作成に許可なんていらない。地誌は軍事機密じゃない。

軍用を省くな。軍用地誌は軍事情報抜きに成り立たない。
軍用でなくても、自国の主権下でない以上、調査に相手国の許可は要る。

>同地は日本人のみ立入禁止区域に
>してるぐらいだから尋常じゃ入れないだけ。

つまりは尋常でない非合法な手段で立ち入った、と。

>追加記載も何も官憲が検査して通してる時点で許可されている。

そりゃ、身分も旅行目的も偽ってたからでしょ。
当然、旅行地域も正直に申告するわけがない。
それ以前に、護照検査って、身分確認でしかないわけで、
旅行許可を出したりするものではないんだが。
立ち入り禁止区域でなければ、
日本人と判明した時点で条約で往来自由だから通すしかない。
逆に言えば、止められなかったという事は、
立ち入り禁止区域に入ることを正直に申告していなかったという事だ。

>警告なだけで不許可じゃない。

いや、もともと不許可地域でしょうが。
許可されたというなら、奉天政府発行の許可証がいる。
日本領事館発行の護照は、日本による身分証明であって、
奉天政府による立ち入り許可証ではないのだから。

>捕獲しようとしたら逃げ出したので
>射殺ってのは支那側の主張であり信憑性に著しく欠ける。

地誌作成に軍人を派遣しなければならないほど土地鑑のないところで、
表だって調査できない日本の特務機関が
こそこそと行った調査の信憑性とどちらが上かは、
情報を突き合わせて精査しないと何とも言えんだろ。
しかし、現場を占領下に置いた日本側は
追跡調査も精査もしていないのだがね。
と、言うか、特務機関がそれだけ活動できる(=情報を持っている)地域に、
なぜ中村大尉をわざわざ内地から送って情報収集活動なんかさせたのか。
いけに…ゲフンゲフン

>現場指揮官どころか東北軍閥長だけでなく中央当局が調査もせずに
>日本の抗議を事実無根だと批判して隠蔽した。

報告が来てない以上、
そんな事実はないと対応するのは不思議でもなんでもないが

―――――――――――――――――

309

>は?相手国の了承も得ずに他国領を占領するという武力行使をしているし

日本の対独宣戦布告に対して
支那は交戦区域設定して行動を承認しているし、
同地での武力行使や占領は
同条約もしくは要求を通すための行動に非ず。
しかも軍事行動は連合国軍としてで、同地占領作戦指揮は英国。
もし恫喝なら要求全てが通るはず。

>ハバロフスク協定(1929年)でソ連は北満州からの撤退を

満善条約付の解釈においては
たとえ露国撤退でも治安が悪ければ撤退はおかしい。
という日本の主張に対して支那は回答準備中で逃げたのが華府会議の結果。

>華府会議は1921年。君の脳内は時系列が逆転するほど歪曲が

支那がこの議題を持ち出したのは鉄道守備隊の多くが動員されて残った兵は
支那軍に不法武装解除されて守備隊が消滅したことによる。
仮定ではなく、支那の主張は
これを露国の撤退として日本の撤退を要求したもの。

>それらは、中国と言うより、列強との合意だが。

租借地・占領地返還は支那全権に対する約束。
支那も含めて決議している。

>だから、協定として成立している状況じゃないと

成立している。
各国全権の正式承認を経て決議されてる。
シベリアの連合国軍撤兵もこれを理由に行われる。

>柳条湖事件による自衛と言う口実が国際的に通用しなかったから、

そんなたらればの話されても。

>武力行使する前に提訴する義務は条約にあるよ。

権利侵害を理由に武力行使する際にはね。
武力攻撃された際の自衛は無関係ね。

>中華民国は共産党討伐や反乱対処に忙殺されて

忙殺されてたからって隠蔽してよいわけじゃないよ。

―――――――――――――――――

310

>いや、報告が上がってないことを調査確認して、

違うよ。調査を約束したんだから調査する義務があるんだよ。
下部が報告隠蔽してる可能性を調査する義務があるんだよ。
それを一切せずに「日本の捏造だ!」と返してきたのが暴戻支那なんだよ。

>軍用を省くな。軍用地誌は軍事情報抜きに

地誌に許可なんていらないよ。
軍用というのは日本国内で地誌をどう扱うかの話であって、
同地に地誌と軍事機密である軍用地誌という
別々のものがあってって話じゃないからね。

>つまりは尋常でない非合法な手段で

支那が勝手に日本人のみを立入禁止にした区域で
これがそもそも合法性がないんだよ。
ここのこれを日本政府は認めてないからってんで
堂々と正論を主張しても通じる相手じゃなく、
日本としてはこれにかまってる暇ないんだよね。
しかし非合法ではなく、回り道をして合法的に入ったってところだね。

>そりゃ、身分も旅行目的も偽ってたからでしょ。

身分とか旅行目的じゃなくて日本人かどうかだよね。
この立入禁止云々の話は身分とかじゃなくて、
日本人の立入を不当に禁止してる場所云々の話だから。
日本人を隠さず通されたんだから、
つまり立入禁止云々の話はここで終わるんだよね。
それに旅行地域を偽るなら態々同地旅行禁止の但書がある護照から
書いてない護照に変える意味ないよね。
つまり同地旅行許可の護照を支那官憲が審査して通したということ。

>いや、もともと不許可地域でしょうが。

支那の勝手な取決で日本側は承認してない。
日本は立入禁止を認めていないのだから立入許可なんてもらわない。

>地誌作成に軍人を派遣しなければならないほど土地鑑のないところで、

土地鑑とかじゃなくて参謀本部が必要なものを他所に任せなかっただけ。
調査の約束をしておきながら一切せず、
日本の捏造だと返してくる輩よりはるかに信憑性がある。

>報告が来てない以上、そんな事実はないと

一切の調査・事実確認をせずに日本の捏造と断言したことは
明確に隠蔽にして暴虐極まる対日侮辱である。

―――――――――――――――――

315

どっちでもいいんだけど、東南アジア地域に対して侵略したんじゃないの?
東南アジア地域の主権は欧米列強にあった訳で、
そこで思いっきりドンパチンしてるじゃん。
現地に住んでる奴らも独立したがってたから、
日本軍と一緒に列強の主権を犯したんじゃないの。
フィリピンでは米国が既に独立を約束してたから、
日本軍に対して抵抗も強かったみたいだし。

―――――――――――――――――

316

東南アジア地域の主権は欧米列強にあったからこそ、
英米に援蒋や経済制裁食らったから資源奪い返すために進駐した。
日本にとっては現地の独立より資源奪い返しが主で、
今現在、援蒋や経済制裁で困ってるから何とかしないとって時に、
現地が数年後独立するとか関係ない。

―――――――――――――――――

318

道義性は知らんけど侵略されたのは欧米だよ。
侵略したのは日本と日本の軍事力を借りた現地人勢力。

―――――――――――――――――

319

侵略されたのは日本。
第二次上海事変で侵略してきた蒋介石に支援して、つまりテロ支援した。
英米がこれをしなければ
資源奪い返しのために英米所有のアジアに進軍しない。
英米が蒋介石を支援してないのに資源が必要だからと
占領したのならば紛れも無い侵略。

―――――――――――――――――

321

>>319

何故に上海事変から始める?
正規軍を動かして相手の領土を侵し、占領継続してるのは日本が先。
それがある以上、中国側の行動は、侵略に対する反撃になり、
米英、特に英がこれを支援する事は全く問題が無いのだが。

―――――――――――――――――

322

正規軍を動かして相手の領土を侵し、占領継続してない。
駐軍は国際法に則って行われているもの。
満州はポーツマス条約及び満善条約。
北京は北京議定書及び有事における慣習的自衛。
上海は上海共同租界。など。
もしこれらが侵略だとしたら同様の条約で駐留する英米も侵略者となる。
条約に則った駐留である以上、
それを破り日本を、ましてや無差別空爆するなどもってのほか。
蒋介石による第二次上海事変は何の法的根拠もない紛れも無い侵略。

―――――――――――――――――

323

>>322

>満州はポーツマス条約及び満善条約。

それで認められているのは関東州と満鉄左右1kmの付属地のみ。
満州全域に駐屯する権利は無いし、
鉄道付属地への駐留権もソ連(=ロシア)の撤退により失われていた。

>北京は北京議定書

盧溝橋事件を起こした部隊は議定書にない豊台に駐留し、
その際に権利のないことを認識していた。

>条約に則った駐留

いずれも条約違反の駐留。
満州に至っては軍事侵攻して占領している。

―――――――――――――――――

324

それで認められているのは関東州と満鉄左右1kmの付属地のみではないし、
満州全域に駐屯したのは満州事変が理由。

鉄道付属地への駐留はソ連の撤退は無関係なことを華府会議で確認済。

豊台駐屯は情勢変化に伴う臨時的なものであり、
支那側を刺激しないように嘗て英軍が駐屯してた場所を借りた。
そもそも盧溝橋事変時の演習は支那側に許可を得てやったものであり、
それを理由に支那が日本軍を攻撃して良い理由はない。

仮に満州や北京を理由に、その紛争地とは無関係な上海に、
国家為政者が正規軍をもって攻撃するのであれば、
それは即ち国家間戦争になるので宣戦布告が必要。
蒋介石の行為こそが侵略であり、何の法的根拠もない。

こんな話はずっと前にやりつくされてる。
このスレの前のほうでもこんなやりとりがある。
何度話しをループさせるつもりなのか。それともループさせてれば
日本は侵略国ではないという結論にはならないとでも思っているのだろうか。

―――――――――――――――――

325

>>324

>それで認められているのは関東州と満鉄左右1kmの付属地のみではないし

ああ、付属鉱山もあったね。それでも満州全域に駐屯する権利はないよね。

>鉄道付属地への駐留はソ連の撤退は無関係なことを華府会議で確認済。

華府会議=ワシントン会議ではこの件に何の合意もなされていない。
そもそも、あの時点ではソ連と協定を結んだわけでもないので、
そういう議論はされていない。

>豊台駐屯は情勢変化に伴う臨時的なものであり

単なる口実。臨時と称してそのまま永続化するつもりでいましたが?

>英軍が駐屯してた場所を借りた

持ち主の中国から抗議を受けても居座っている以上、
借りたなんて言えないね。

>盧溝橋事変時の演習は支那側に許可を得てやった

一方的に通告しただけで許可なんか得てませんが。

>それを理由に支那が日本軍を攻撃して良い理由はない。

攻撃があったと言う物証は何もない。
銃撃の被害者もいなければ、着弾した弾が回収されたわけでもない。
被害者かもしれない行方不明者もいたが、ちゃんと帰ってきている。
あるのは、銃声がした、射撃されたと言う日本側の証言のみ。
柳条湖でも盧溝橋でも、明確な攻撃、
戦闘の始まりは、日本側が仕掛けている。

>紛争地とは無関係な上海

紛争相手の日本がそこにいる以上、無関係ではない。
満州事変から目をそらさすために、
第一次上海事変を起こした日本をディスってるのかね?

>宣戦布告が必要

宣戦布告無しの先制攻撃を繰り返してるのは日本なんだが。
真珠湾の時に遅れた通告も、交渉打ち切りであって正式な宣戦布告ではない。

>何度話しをループさせるつもりなのか

反論無視して同じことを繰り返してループさせてるのは君の方だが。


―――――――――――――――――

326

付属鉱山だけじゃないし事変がなければ全域に駐屯してない。
華府会議で支那が露軍撤退を理由に日本撤退を要求したが日本が反論。
支那は回答準備中で逃げたのが結果。
国際法を用いてその手の議論をちゃんとした。
口実ではないし「永続化するつもり」には何の根拠もない。
繰り返すけど盧溝橋演習は許可を得て行ったので、
それを理由に支那が攻撃する理由はない。
盧溝橋演習は空砲演習なので本来通告する必要もない。
完全に日本の善意。支那は拒否していない。
銃撃されたことが問題なのであって、それにあたったかどうかは関係ない。
柳条湖でも盧溝橋でも敵からの発砲がなければ日本は攻撃していない。
反撃は仕掛けるという表現にはならない。
紛争相手の日本が紛争地以外のどこにいようと無関係。
繰り返すけど紛争を理由に国家間戦争をするならば宣戦布告が必要。
しかも満州も北京も停戦協定の破棄通告もなしで何の救い様もない。
「第一次上海事変は日本が起こした」なんて証拠はない。
宣戦布告無しの先制攻撃を日本は繰り返していない。
そもそも宣戦布告というのは、
最後通牒を相手国が飲まなかったことでも発効する。
反論無視も何も、このやり取り自体が、このスレの前のほうでもある。
同じ間違った主張には同じ訂正文しか返せない。
ループに何の意味があるのか。

―――――――――――――――――

327

>>326

>付属鉱山だけじゃないし

だったら他に何がある。

>事変がなければ全域に駐屯してない

その満州事変は自作自演の鉄道爆破を口実に日本が仕掛けたもの。
そんなもので本来の協定に無い地域までの占領駐屯は正当化できない。

>華府会議

ワシントン会議の時点ではソ連(ロシア)と協定は結ばれておらず、
ソ連軍の撤退は確定的なものではない。
善後条約条文に適合した状況で無いので、この議論を協定が結ばれて
ソ連軍が撤退している満州事変当時の状況に当てはめる事は出来ない。
似て非なる議論を持ち出して論点をすり替えた詭弁でしかない。

>国際法を用いてその手の議論をちゃんとした

じゃ、具体的な議論を示してくれ。

>「永続化するつもり」には何の根拠もない。

「軍兵力並配置に関する参考資料の件(支駐)」 内の
「英国軍ノ豊台守備ノ経緯ト日本軍ヲ配置セントスル能否調査」(既出)
の結論として、
「一部隊を臨時形式を以て派遣し時日の経過と共に之を永駐化する」とある。

>盧溝橋演習は許可を得て行った

中国側は許可なんか出してない。
抗議したのに勝手に駐留している他国軍が演習すると一方的に通告しただけ。
君の理屈だと、竹島の韓国軍が演習通告してきた事があるが、
それによって日本がそれらを許可したことになってしまうのだが。

>銃撃されたことが問題

その銃撃の物証がないと言ってるんだが。

>「第一次上海事変は日本が起こした」なんて証拠はない。

首謀者の自供がある。

>最後通牒を相手国が飲まなかったことでも発効する。

日本は最後通牒も出していないが。
真珠湾の時のあれも最後通牒ではなく、単なる交渉打ち切り通告文だし。

>同じ間違った主張には同じ訂正文しか返せない

君の訂正文とやらには論拠が無かったり間違ったりしているんだけど。

>ループに何の意味があるのか

全くその通りだね。
せめて相手の論拠に対する反証をすれば一応議論にはなるんだけどねえ。

―――――――――――――――――

328

条約に記載されてる権利全てが権益で満鉄左右1kmってのも違う。
満州事変が自作自演だという証拠はないし、紛争による敵地占領なんだから、
そもそも条約の権利を主張した駐屯ではないし、停戦協定結んでるんだから、
破棄通告もなしに、ましてや紛争地とは無関係な場所で、
それを理由に戦闘するのは不可能。
華府会議時点で既に露軍一部は内戦に動員されて、
それを理由に支那側が満善条約附2条を持ち出して
露軍撤退の場合は日本軍も撤退しろという主張をしてその後は前述の通り。
ここで露軍撤退が日本軍には無関係の決に支那は反論していない。
しかも残った露軍は撤退したんじゃなくて
支那軍が武装解除して奪い取っただけ。
華府会議の内容なんて外務省のHPでも見れるんだから読んでくればいい。
それにその「永駐化」は正に言葉尻を捉えたもの。
そのページだけでも全部読めば分かるけど、
増兵による兵営狭隘なども本を正せば
文中にもある北支現時局によるものでの話。南鮮軍の通告は意味不明。
そもそも駐屯軍の演習は条約で定められていて、
実弾演習の場合は通告義務があるが、
空砲演習の場合は通告義務はない。比べる例が間違ってる。
盧溝橋演習は空砲だから実弾が撃たれればそれ即ち我軍によるもの。
その首謀者とやらの自供は裏づけもなければ
武藤等に対する虚言でも有名な保身のための法螺証言に価値はないし、
その裏づけのないものが唯一。
真珠湾の通告文は国際法に照らし合わせて
宣戦布告の要件を満たしているが、
ここの話でそれは無関係。
仮にそれが宣戦布告でなかったとしても、
蒋介石の上海事変が侵略でないということにはならない。
論拠が無かったり間違ってると思うならその文章に反論すればいい。
また0からループさせる必要ない。
懸命に満州だの盧溝橋だのの話してるけど、
仮にそれがそちらの言う通りだとしても
蒋介石が上海に侵略して良い理由や法的根拠はどこにもないよ。

―――――――――――――――――

330

>>328

>蒋介石が上海に侵略して良い理由や法的根拠

二次上海事変の前から、日本側は通告出して北京や周辺を占領し、
北部で勢力拡大のチャハル作戦認可。
二次上海事変までに停戦も成立してない。

細かい紛争を持ち出すと、盧溝橋の前まで遡る水掛け論だが。

―――――――――――――――――

331

日中間で条約軽視やトラブルの要因は双方にあったが、
相手主権の地を武力占領or分断工作して
政権作りを計ったのは一方的に日本。

つまり、領土に関しては、100%日本が侵略者。

白人VSインディアンも同様。
抗争は互いに仕掛けたりだが、土地を奪ったのは一方的に白人側。

中国の上海攻撃が出されやすいが、
その前に日本が華北で占領行動を開始し、停戦も成立してない。
それに上海租界も、実権は奪われてるが、主権者は中国。
スネ夫(中国)のラジコンを、
ジャイアン(列強)が強引に”借りてる”状態。

―――――――――――――――――

332

北京占領は盧溝橋事変停戦後に
支那軍が起こした廊坊事件、広安門事件などが原因。
またループだなこりゃ。

察哈爾作戦は徳王支援。徳王が独立運動をするのは勝手。
盧溝橋事変後、支那は察哈爾省に中央軍を侵入させて徳王と攻戦。
徳王と現地非中央軍の紛争には関東軍も軍事介入しなかったけど
中央軍ましてや西安事件後の容共中央軍となれば関東軍は黙ってない。
日本軍による徳王支援は土肥原秦徳純協定で認められた合法行為。
停戦協定の有無は関係ない。
停戦協定の有無に関わらず、
紛争地とは別の場所で紛争を理由に国家の決定として攻撃するのなら、
それ即ち国家間戦争になるので宣戦布告が必要。
北京と満州で停戦協定を持ち出したのは「ましてや」という話。
まったく水掛けになってない。
蒋介石が上海に侵略して良い理由や法的根拠が提示されたわけじゃない。
ちなみに余談だけど盧溝橋事変を起こした29軍は元々察哈爾にいて
反日暴虐事件起こしまくったから北京に飛ばされたんだよね。
その協定が土肥原秦徳純協定。
飛ばされた先でもまた反日暴虐事件起こしたってことなわけなんだね。

「領土に関しては」なんて概念は必要ないし問題じゃない。
相手が条約を無視して権益を侵害するのが
その「領土に関しては」よりも軽い罪なわけじゃない。
そもそも支那は軍閥割拠してて蒋介石一応の統一後も独立勢力は複数あって
仮に何個にも分裂しようが、
それぞれが支那人の国なら別に支那の主権侵害してない。
権益を侵害する支那人グループと権益保全を約束する支那人グループ、
どちらが平和かは幼稚園児でも分かると思う。

仮にそのスネ夫とジャイアンの理論で言ったら尚更、
列強の内日本には攻撃して
英米には攻撃しないどころか同盟を組んでる時点で矛盾している。
そんなもの日本を批判したり支那を被害者にできる材料にはならない。

―――――――――――――――――

333

そもそも盧溝橋の原因となった豊台駐留は違反。
北京議定書で定めた場所では無い。

前にイギリスが駐留してたが、中国が許可を出してた。
当鉄道はイギリス資本なので、その手の慣習的な駐留だろう。

日本に関しては、中国の抗議を無視した進駐。
正当性が無く、東京裁判でも議題にされた(重視はされなかったが)

―――――――――――――――――

334

【日本】
「満州事変」・・・トラブル対策なる理由はあっても、
不戦条約や九カ国条約違反
「華北分離」・・・もちろん中国主権条約への違反
「豊台駐留」・・・これも違反>>333 盧溝橋の要因

【中国】
「上海攻撃」・・・この前に、日本が北京や周辺の占領を開始し、
北部で勢力拡大のチャハル作戦認可。
停戦も成立してない。
抗争拡大の要因にはなったが、武力紛争中の行動に過ぎない。

以上、4点に関する結論。
日本・・・違反3
中国・・・違反0

―――――――――――――――――

335

>>332

>徳王が独立運動をするのは勝手。

現地人のみの紛争は勝手だが、
外部の列強国が乗じて介入し政権作り、は違反

―――――――――――――――――

336

「中国はバラバラだから、領土を侵略なんて概念は存在しない」

清~中華民国で主権委譲、日本など列強各国も九カ国条約で中国主権を承認。
日本の満州権益も、主権者である中華民国に租借延長を認めさせた物。

満州事変の際、国際連盟も当地域の主権は中華民国に有ると判断。
それに満州事変直前には、蒋介石の北伐で内紛も統一に近い形になってた。

―――――――――――――――――

337

北京議定書で定めた場所では無いだけで、
時局急転による臨時駐留は英米でも例があったことからやった。
支那を刺激しないように元英兵営を借りただけ。
英軍による同地駐留が
支那から許可を得ていたなんて話聞いたことないけど。
抗議無視も何もその増兵や駐留は北支時局によるもの。
満州事変はトラブル対策どころか自衛の紛争なので不戦条約関係ないし、
日本は満州の主権を得たわけじゃない。華北分離も主権を侵害してない。
書いたこと読まないんじゃ話にならないけど
北京占領は支那による停戦を無視した廊坊事件、広安門事件などが原因で
察哈爾作戦もその停戦の有無も上海事変とは関係ない。
それらがどうだという理由で上海に侵略して良い理由にはならない。
それらを理由に現地紛争とは無関係な戦闘は
国家間戦争になるから宣戦布告が必要。
何度目だこれ。
紛争地とは無関係の場所で武力紛争中の行動になるわけない。
外部の列強国が乗じて介入してよいことを定めたのが土肥原秦徳純協定。
違反じゃない。何で読まないのかねぇ。

「中国はバラバラだから、領土を侵略なんて概念は存在しない」
なんて言ってない。そんな文章どこにも書いてない。
読まないどころかついに言葉を捏造し始めたか。
その主権者である中華民国に租借延長を
認めさせた満州権益を侵害したのが張親子。
主権者だからって条約に違反して
権益接収してよい理由はないしそれは紛れもない侵略で、
権益を有する国には自衛権が発生する。
日本は別に同地の主権を我が物にしたわけでもないし、
支那が権益を無視して侵略して良い理由にもならない。
4点に関するとか意味不明だけど、
支那による権益侵害事件なんて何万点あるか分からんけど
結論は支那による侵略にしかならない。
蒋介石が上海に侵略して良い理由や法的根拠が提示されたわけでもない。

―――――――――――――――――

338

>>337

>ついに言葉を捏造し始めたか。

自分で書いた事も理解できない馬鹿か

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「領土に関しては」なんて概念は必要ないし問題じゃない。
相手が条約を無視して権益を侵害するのが
その「領土に関しては」よりも軽い罪なわけじゃない。
そもそも支那は軍閥割拠してて蒋介石一応の統一後も独立勢力は複数あって
仮に何個にも分裂しようが
それぞれが支那人の国なら別に支那の主権侵害してない。
-----------------------------

つまり「バラバラだから領土介入しても侵略のような主権侵害じゃない」
て事だろ?

―――――――――――――――――

339

まず侵略なる語の定義は厳密とは言えないが、
A・相手主権の領土を武力侵害
B・武力行使の発端
の2点が要因にされやすい。

まず日中間で、相手主権の領土を侵害したのは日本だけ。
中国が攻撃した上海租界すら、主権者は中国。

それと中国の上海攻撃は、武力行使の発端では無い。
その前に日本が、北京&周辺を占領し、北部方面の軍事作戦を認可。
停戦も成立してない。

―――――――――――――――――

340

>>337

>満州事変はトラブル対策どころか自衛

満州事変は正当防衛とは言えない。2に近い。

1・正当防衛
刺されそうになり、とっさに身を守るため刺し返す。

2・不当行為
恫喝でアパート部屋の借り期間を延ばしたり、
逆にアパートの大家に嫌がらせを受けたり。
計画的暴力で大家を追い出しアパートを丸ごと乗っ取る。

―――――――――――――――――

341

>>337

>華北分離も主権を侵害してない。

相手の領土を分断して政権を建て、関税破りの拠点とかにしてたが。


日本に対してはムチャクチャな論法で正当化し
中国に対してはムチャクチャな論法で絶対悪にする。

―――――――――――――――――

345

>>337

>察哈爾作戦もその停戦の有無も上海事変とは関係ない。
>それらがどうだという理由で上海に侵略して良い理由にはならない。

常識の無い馬鹿に説明するのは疲れるけどね。
北のアメリカ軍と交戦したら、
当然に南のアメリカ軍とも交戦状態と見なされる。
日本が中国北部で軍事作戦を開始し、停戦も成立してないのだから、
中国が南の日本軍を攻撃しても、普通の軍事行動に過ぎない。

―――――――――――――――――

346

つまり「バラバラだから領土介入しても侵略のような主権侵害じゃない」
て事じゃない。読解力が乏すぎる。読んでも理解できないってことか。
「領土に関しては侵略」あるいは「領土に関さずでの侵略」
などと言った概念はないという話。
ある国が相手国の権益を侵害して
相手国がそのある国に対し自衛権を発動して
占領の後、土地一部租借しても仮にこれが
例え相手国による「領土に関しては侵略」だったとしても、
断罪すべき侵略行為はある国側にあり
「領土に関しては」なんて考え方・概念自体が何の意味もないという話。
支那が2つに割れようと3つに割れようと
それぞれが支那人が主権を持つ国なら主権は支那だし、
そもそも日本は支那現地の主権を否定してないし手に入れてもないし、
どんな理由述べても国家として紛争地とは無関係の場所で
宣戦布告なしに戦闘を始めることはできないんだよ。

侵略は武力関係ない。
認められた権益を侵害するのも侵略。
主権が侵害されることだけが侵略ではない。
そして何度同じこと言うのか分からんけど
北京占領は廊坊事件、広安門事件などが原因で、察哈爾作戦は徳王支援。
停戦の成立に関係なく、これらは紛争地とは無関係の上海に
宣戦布告なしに戦闘を開始して良いものじゃない。破綻してるのはそちら。

期間延長は条約で調印された国家間合意なので不法じゃない。
合法的に住んでるのに大家が賃貸契約を守らなかったり
追い出そうとしたら同じアパートの大家を主張して契約を守る新大家に
金払って住むほうが平和。
何で大家側の権益侵害は全く考慮しないのかねこの人。

領土は分断したんじゃなくて元々そこに独立勢力があっただけ。
しかも華北なんか冀東冀察の非武装地帯の話で武力云々はさらに無関係だし。
まぁどんなに吼えても
紛争地とは別の場所で宣戦布告なしの戦闘は侵略だから。
北京の占領とか北部方面の軍事作戦とか停戦の成立とか関係ないから。
でもまたこれを書き込むんだろうなー。

―――――――――――――――――

348

>>346

お前が何を書いても、
1・世間では侵略の論点になりやすいのは>>339の2点。
2・世間では北の○○軍と衝突したら、南の○○軍とも交戦と見なされる。

つまり、お前は世間で通用しない独りよがり。

―――――――――――――――――

349

北のアメリカ軍と交戦したら、
当然に南のアメリカ軍とも交戦状態と見なさないよ。
紛争と戦争は違う。
北のアメリカ軍と交戦てのが国家の意思としての軍事行動なら
単なる侵略で国家間交戦状態だけど、
現地軍同士の武力衝突なら国家間戦争にはならない。
その紛争を理由に国家として戦争するなら宣戦布告が必要。
現地停戦協定があるなら尚更。
土肥原秦徳純協定によって
徳王支援が認められた察哈爾作戦の話ならさらに尚更。

―――――――――――――――――

350

>>346

>侵略は武力関係ない。認められた権益を侵害するのも侵略。

だったら日本は、盧溝橋の前から侵略してるがな。

【華北分離工作】

日中戦は盧溝橋から語られる場合が多い。
しかしその前に、日本は中国領に分離工作を仕掛けてた。

「満州停戦後の境界に抗日勢力が入った」
とかが理由だが、明らかに行きすぎ。

領土を分断させて政権を作る(しかも関税破りの拠点に)
現地勢力に寝返るように軍事恫喝。
その中の一つに綏遠事件がある。

中国軍と衝突する現地勢力に武器を供与したり、
関東軍の人間が参謀として加わり、作戦も直接指揮したり。
つまり盧溝橋の前から、
日本人は中華民国への軍事衝突を仕掛けてたのである。

―――――――――――――――――

352

>>349

>土肥原秦徳純協定によって
>徳王支援が認められた察哈爾作戦

馬鹿か。

協定では徳王への工作は認めさせたようだが、
日本軍が直接介入し、自ら中国軍を駆逐したチャハル作戦を、
中国が容認する訳ないだろ。

―――――――――――――――――

353

世間とか関係ない。世間で権益侵害は侵略じゃなくて、
それに対する自衛的武力行使が侵略になるだったとしてもそれは関係ない。
権益侵害をしたのも支那なら紛争を始めたのも支那、
そしてその紛争地とは無関係の場所に無差別爆撃でもって侵略してきたのが
支那のしかも政府中央。

華北分離は別に侵略じゃない。現地に独立勢力がいただけ。
綏遠事件も徳王関係だから土肥原秦徳純協定によって合法。
字読めないのか。

そもそも華北で独立勢力が成長するのは
満州紛争の停戦協定で同地が非武装地帯になったから。
その満州紛争も元を辿れば張親子による満州権益侵害という侵略。
何度も何度も言うけど、
それらは蒋介石が紛争地とは無関係な上海に攻撃して良い理由にはならない。

―――――――――――――――――

354

超馬鹿ID:fpOU9bcM0
「中国は土肥原秦徳純協定によって日本の軍事行動(徳王支援)を認めた」

認める訳ないだろw
協定では徳王への工作は認めさせたようだが、
日本軍の直接介入を認める訳が無い。

だから日本軍が介入した綏遠事件は、抗日をかなり煽ったし、
チャハル作戦にも中国軍は抵抗してる。

―――――――――――――――――

355

だから徳王と現地支那軍との紛争には日本軍は直接介入しなかった。
それを国民党中央軍が侵入したことが原因。
いずれにしてもそれを理由に
その地とは無関係な上海で戦闘するには宣戦布告が必要。
抗日を煽るも何もその土肥原秦徳純協定が
現地の無法な抗日横暴事件頻発を処理したもの。
「チャハル作戦にも中国軍は抵抗してる」とか意味不明。
支那軍と戦闘してるのに支那軍が抵抗しない状況とかあるのか。
自分の文章読み返して恥ずかしくならないのかね。

―――――――――――――――――

356

>>355

>だから徳王と現地支那軍との紛争には日本軍は直接介入しなかった。

だから綏遠事件>>350では、
日本軍が武器を供与し、日本軍の参謀が直接指揮してるがな。
徳王支援なるチャハル作戦では、日本軍が自ら介入して衝突してるし。

超馬鹿は、そもそも日本語すら読めないから超馬鹿なんだな。

―――――――――――――――――

357

>>355

>宣戦布告が必要

日中が互いに宣戦布告しなかったのは、中立法による交易遮断を避ける為。
お互いに困る。

日本は北京・周辺占領という本格的な軍事作戦を行ったが、
宣戦布告の義務は果たしてない。

それと世界の常識では、
北の○○軍と交戦すれば、南の○○軍とも交戦中と見なされる。

―――――――――――――――――

358

徳王工作は合法なんだから当然。
介入は合法だけど軍事介入はしてなかったって話。
そこに中央軍が侵入して攻撃を開始したため関東軍が動いただけ。
まぁまた同じ話だけど
その察哈爾を理由に国家間戦争するなら宣戦布告が必要だから
蒋介石の侵略がなかったことに出来るわけじゃないけど。

―――――――――――――――――

359

>介入は合法だけど軍事介入はしてなかったって話。

関東軍が直接介入してた>>350

>中央軍が侵入して攻撃を開始したため関東軍が動いただけ。

北部のゴタゴタは水掛け論だが、上海事変前から紛争勃発は確定。

>国家間戦争するなら宣戦布告が必要

事実上は戦争でも,お互いの都合で宣戦布告を避けただけ>>357

>蒋介石の(上海)侵略

その議論はお前の負け>>339

完封勝利

―――――――――――――――――

360

中立法による交易遮断とかじゃなくて
上海に攻撃してきたのは支那、蒋介石中央。
その攻撃には宣戦布告がないと戦時国際法に違反した侵略行為。
日本は別に支那と国家間戦争したいわけじゃないから宣戦布告はしない。
もう何度も言ってるけど、なぜか読まないけど、
北京占領は盧溝橋事変停戦後に
支那軍が起こした 廊坊事件、広安門事件などが原因。
現地軍が盧溝橋事変の停戦を無視して戦闘したことに対する処置であって、
そんなものに宣戦布告は必要ない。国家間戦争じゃない。
そして北の~は世界の常識じゃない。
そんなのが常識なら紛争だとか現地の軍事衝突だとかが
全て国家間戦争になってしまう。
また意味不明な「世間」や「常識」の登場だな。

―――――――――――――――――

361

「日中戦争(当初は事変)」

低脳ウヨサヨ・・・片側の事柄のみ。片側だけに原因。

中国・満州停戦後の非武装地帯に抗日勢力が入ったりする。

日本・華北に分離工作で領土や関税権を侵害。北京議定書とズレた増派駐留。

中国・抗日救国の気運。停戦中に事件@。

日本・通告を出し華北で占領行動(@直後に通州事件)。チャハル作戦の認可。

☆これを始点にしたい低脳ウヨが多すぎ☆
↓↓↓
中国・上海租界駐留の日本軍攻撃。

日本・首都追撃戦。(南京~重慶)

@発端の盧溝橋は、挑発の域を出ない謎発砲に対し、
日本側の戦闘前進で衝突のグレー事件。

@日本人虐殺の通州事件の犯人は中華民国軍では無い。
日本の傀儡(冀東)所属の寝返り。

―――――――――――――――――

362

軍事介入はしてないから直接介入してない。
参謀云々も軍組織として正式ではないし。
上海事変前から紛争勃発は確定を俺は否定してない。
満州も盧溝橋も紛争。
その紛争を理由に無関係な地、上海で戦闘行為するには
宣戦布告が必要って話。
全く人の話理解してないね。
上海事変はお互いの都合じゃないし、
そんなこと宣戦布告なしの侵略を合法化する概念じゃない。
蒋介石の上海侵略を合法とする法的根拠が提示されない限り、
そちらが勝利したことにはならんよ。
そんな法的根拠ないんだけどね。

―――――――――――――――――

363

>>360

>廊坊事件、広安門事件

停戦中の散発事件など、中東や半島でも当然に起きるが、
それを元に、相手国の首都や周辺を占領したり、
さらなる勢力拡大作戦を計ったり、
とかは普通しない。やったのが日本。

先に宣戦布告なしに、本格的な大規模占領を行ったのが日本。
中国側にも原因はあるが。

―――――――――――――――――

364

>>362

>軍事介入はしてないから直接介入してない。

日本軍が武器を供与し、関東軍の参謀も十名以上も関わってるし、
普通に日本軍の関与と見なされる。

あと「蒋介石の上海侵略」に関しては、完全にお前の負け。>>339
少なくとも世間一般の基準では。

―――――――――――――――――

365

これを始点にしたいとかじゃなくて、
その上海事変が蒋介石という支那のトップ・中央が
国家として戦闘を仕掛けてきたもの。
それ以前は単なる紛争であって
国家政府が行動として起こしたものじゃない。
逆に、これが国家間戦争の始点でないとしても
元を辿れば満州などの権益侵害、
反日暴虐事件に行き着くだけで一向に支那に有利になるものじゃない。

―――――――――――――――――

367

勢力拡大作戦じゃなくて停戦を履行しない支那を北京から追い払っただけ。
同地紛争における同停戦協定の
相手軍不履行に対する処置に宣戦布告なんて必要ない。
宣戦布告というのは国家が国家に対してやるもの。
現地軍のいざこざには関係ない。
別に関与してないとは言ってないけど軍事組織としての介入てもなければ
軍事行動でもないし協定で認められる工作に過ぎない。
直接介入は中央軍侵入が原因。

世間一般の基準なんて明確なものはないし、
誰がそんなこと言ってるのか知らんけど、
蒋介石の上海侵略は法的根拠のない紛れもない侵略。

―――――――――――――――――

368

>>367

負け犬が必死だな。

本来なら、本格的な軍事行動の前には宣戦布告するのがベスト。
散発的なトラブルが原因にあっても。
日中が共に避けたのは、中立法による交易遮断を避ける為にすぎない。
交渉断絶宣言のあとも、真珠湾まで避けまくった。

それと蒋介石の上海攻撃は、普通の軍事行動に過ぎない。
北部で両軍が衝突し、停戦が成立してない状況だったから。
法的根拠とか言ってるお前が馬鹿すぎ。

―――――――――――――――――

369

「北の○○国軍と交戦中だけど、南の○○国軍とは和平状態です」
こんなのは、
キチガイID:wGaFBdzD0=ID:fpOU9bcM0の脳内にしか存在しない世界。

―――――――――――――――――

370

>>367

>勢力拡大作戦じゃなくて停戦を履行しない支那を北京から追い払っただけ。

チャハル作戦は「相手を北京から追い出した」じゃ済まない話だが。

―――――――――――――――――

371

宣戦布告というのは本格的な軍事行動じゃなくて、
国家が国家の意思として外国と戦争する場合に行うもの。
どんなに大規模でも現地紛争であり
国家として戦争意思がないならする必要ない。
というかしちゃだめ。それが戦時国際法。
上海事変以前の紛争は散発的なトラブルだとしても、
上海事変は国家の中央トップが正規軍でもってその意思で行ったもの。
その他の紛争とはレベルが違う。
繰り返しだけど日本は支那と戦争する意思がないから宣戦布告はしない。
中立法云々じゃなくて、仮にそれが理由だとしても、
蒋介石の上海爆撃は国際法違反の紛れもない侵略行為であり、
国家間戦闘の開始である。普通の軍事行動にはならない。
その紛争地(既に戦闘終了)である北部に進軍したならまだしも、
紛争地とは無関係な上海での戦闘をするには宣戦布告が必要。
何度も言うけど、
仮に、"北部で両軍が衝突し、停戦が成立してない状況"だったとしても、
同地とは無関係な場所に宣戦布告もなしに、
いきなり戦闘を仕掛けてはいけないの。
仕掛けたら侵略なの。
それが戦時国際法なの。

―――――――――――――――――

372

"北の○○国軍と交戦中だけど、南の○○国軍とは和平状態"
なのが紛争というもの。
国家間戦争をしていない以上、
紛争地とは別の軍隊が戦闘を仕掛けることは出来ない。
それが戦時国際法。
現にそれが許されるなら満州や盧溝橋の紛争を理由に
日本が上海でも天津でも戦闘を仕掛けてる。
察哈爾作戦は中央軍の侵入が原因。

―――――――――――――――――

373

>>371

まず侵略議論の論点になるのは、
・相手主権の領土を侵害したか
・武力衝突の発端か
であり、蒋介石の上海攻撃は、どちらにも当てはまらない。

お前が脳内で作った侵略定義では、侵略認定かも知れないがなw
脳内で根拠になってる国際法の侵略定義の条文を呈示しろよ。

―――――――――――――――――

372

そんなもん侵略議論の論点にならない。
それはそちらの主観。
主権や領土に限らず合法的権益の侵害は侵略。
この権益侵害が侵略ならば、
それに対する自衛的武力行使及び保障占領は侵略にはならない。
そちらが主観で勝手に決めた基準で
侵略だ何だと言われても論争にはならない。
紛争地ではない上海に国家のトップが無差別爆撃してきたら侵略。
国家が国家の意思として紛争を理由に紛争地以外の場所でも
戦闘を起こすためには宣戦布告が必要なの。
それがなく非紛争地で戦闘を仕掛けたら紛れもない侵略なの。

―――――――――――――――――

375

>>374

>そんなもん侵略議論の論点にならない。

負け犬がしつこいw

・相手主権の地(相手領)への武力行使
・先制攻撃(衝突の発端)
は、普通に侵略に関する議論になる。
国連総会決議3314の定義でもな。

蒋介石の上海攻撃は、これらに当てはまらない。

お前の脳内で根拠になってる戦時国際法の侵略定義の条文を呈示しろよ。

―――――――――――――――――

376

そんな上海事変当時存在しない国連の決議なんか持ち出して
何の意味あんのかね。
蒋介石の上海攻撃は権益侵害であり先制攻撃である。
何度も言うけど紛争を理由にそこで戦闘を始めたいなら宣戦布告が必要。
仮に領土だ主権だとか、そちらの主観が常識なら
主権者である支那が権益侵し放題でも手出しできなくなる。

―――――――――――――――――

377

>>374

>主権や領土に限らず合法的権益の侵害は侵略。

「主権侵害も侵略だ」なら日本も、盧溝橋の前からやってるし。
相手領を分断して政権を建て、そこを関税破りの拠点に。

それより早く、
お前が根拠にしてる戦時国際法の侵略定義の条文を呈示しろよ。
呈示しなければ脳内定義と見なすw

―――――――――――――――――

378

支那がいくつに分断しても、それぞれが支那主権なら侵害じゃないし、
日本は支那の主権を奪って自分のものにしていない。
また繰り返すけど元を辿れば
満州などの権益侵害や反日横暴事件にしか行きつかない。
何度書いても読まないなら意味ないけど、
国家が国家の意思として
非紛争地を含む外国との戦闘をするのであれば宣戦布告が必要。
これがなければ不法行為にして
非紛争地における外国の合法的権益を侵害する行為。

それに俺「主権侵害も侵略だ」なんて言ってないし。
権益侵害も侵略だだし。日本は支那に主権持ってないし。

―――――――――――――――――

384

>>328

>条約に記載されてる権利全てが権益で

だから、それのどこに満州全域への駐屯や支配が書かれていると言うのかね?

>満州事変が自作自演だという証拠はない

実行犯の自白があるのに今さら何を言ってるのやら。

>そもそも条約の権利を主張した駐屯ではないし

そりゃそうだ。
満州全域の支配なんて条約上の権利では不可能だから、
中国側の攻撃をでっち上げてそれを口実にしたんだから。

>停戦協定結んでるんだから

これも何度も言ってるが、停戦協定=駐屯、支配の承認ではない。
日本は停戦どころか、降伏後も、国交回復後も、
墓参協定とか結んだ後の今でもロシアの北方4島支配を不法行為と
主張しているが、君はそれを否定するわけだ。

>破棄通告もなしにましてや紛争地とは無関係な場所で
>それを理由に戦闘するのは不可能。

日本軍は紛争地は奉天なのに、
無関係なハルピンや吉林や錦州で戦闘しているのだが。
また、紛争地の上海から無関係な南京に攻めかかってるね。
自己論破乙。

>華府会議時点で

だから、何度も言ってるが、
中ソ間で撤兵協定が成立してないワシントン会議の議論を、
カラハン協定やハバロフスク協定を経て、
ソ連軍の撤退が条約により締結された満州事変前とは、前提が異なる。
前提の異なる議論へのすり替えでしかない。

>ここで露軍撤退が日本軍には無関係の決に支那は反論していない。

その後、決議案が出されて
その討議に入って反論の機会が無くなっただけだがな。

>しかも残った露軍は撤退したんじゃなくて
>支那軍が武装解除して奪い取っただけ。

だから、日本は撤兵要求を拒否できた。
しかし、満州事変当時は、ソ連は中国と協定を結んで撤兵している。
何度も言うが、前提条件の違う議論を持ち出して来ても、
論点のすり替え、関係ありそうで無い話を持ち出す詭弁でしかない。

>華府会議の内容なんて外務省のHPでも見れるんだから読んでくればいい。

読んで言ってるんだが。
私はワシントン会議での日本の主張を否定などしていない。
前提が違うから、満州事変前の状況に使えない、と言ってるのだ。
それに対する反論せずに、
何度もワシントン会議ではどうのと繰り返しているのは、
相手の反論をスルーして同じ主張を繰り返す詭弁でしかない。

>それにその「永駐化」は正に言葉尻を捉えたもの。

どこがどう言葉尻だと言うのかね。
明らかに永駐化の意図が無ければ出てこない言葉だが。

>そのページだけでも全部読めば分かるけど、
>増兵による兵営狭隘なども本を正せば
>文中にもある北支現時局によるものでの話。

時局の都合で勝手に駐屯できるなどと言う条約は無い。

―――――――――――――――――

385

>そもそも駐屯軍の演習は条約で定められていて、

それは正当な駐屯軍な場合。
法的根拠のない勝手な駐屯にまで当てはめる事は出来ない。

>実弾演習の場合は通告義務があるが
>空砲演習の場合は通告義務はない。比べる例が間違ってる。

実弾だろうと空砲だろうと
不法駐留部隊に演習する権利がそもそもない。

>盧溝橋演習は空砲だから

実弾は携行してたがね。さもないと応戦なんて出来んだろ。

>実弾が撃たれればそれ即ち我軍によるもの

つまり、日本軍が実弾を撃ったとw
それとも君言うところの「我軍」とは中国軍であり、君は中国人だとw
つまり日本には非常識な反動軍国主義がはびこっていると言うデマを
流すための中国側の工作員だったのかw
であるなら、ここまでのスルーループも納得がいくのだがw

重箱の隅つつきはさておき、
中国軍が自国領内で発砲すること自体は何の問題もない。
主権者としての権利だ。
日本が問題にできるのは日本側に実害が出た場合だ。
行方不明者がいたがそれもすぐに帰陣しており、実害は全くない。
中国側からすれば、違法駐留軍が銃声がしただけで
謝罪と立入検査を要求したわけで、
拒絶に当たり言いがかり、謀略と言っても無理のない話である。

>裏づけ

自己の謀略の告白は信頼性が高いと見なされる。
裏付けを示さないのは容疑者側の主張をくりかえす君の方だが。

>保身のための法螺証言に価値はない

天皇を守るためと言う説もあるが。

>真珠湾の通告文は国際法に照らし合わせて
>宣戦布告の要件を満たしているが

ならばなぜ後に宣戦布告を出し直したのかね?
というか、それって東京裁判での東郷元外相の主張でしょ。
被告の自己弁護は採用し、自白は無視する。普通は逆だろ。

>蒋介石の上海事変が侵略でないということにはならない。

日本権益は租借であり、中国の領土と主権の尊重が大前提。
日本が満州を軍事占領し、さらに華北でも軍事衝突が始まった時点で、
中国側に自衛の反撃と言う名分が成立している。
塘沽協定も新たに軍事衝突が起きた時点で無効化したと見なすことも出来、
破棄宣告は必須ではない。

>論拠が無かったり間違ってると思うならその文章に反論すればいい。

ずっとそうして来ているが。

>また0からループさせる必要ない。

反論をスルーしてループさせているのは君だが。
ワシントン会議の事例のように。

―――――――――――――――――

386

満州全域は満州事変での占領で、
その文章は「満鉄左右1km」だのの条約文とは違う書き込みを訂正したもの。

自称実行犯の自白が嘘だったなんて例は多々あるし、
首謀者とされてる方々は否定している。

支那側からの攻撃がなければ占領なんてしない。
紛争地以外への攻撃は駐屯の承認とかとは無関係。

ロシアとは講和条約を結んでない。
張軍閥との戦闘なのだからハルピン等は無関係ではない。

蒋介石は南京から上海に攻めてきて返り討ちにあって南京に逃げたの。
だから南京に追撃したの。その先の重慶も追撃なの。
華府会議に中ソ間で撤兵協定とか関係ない。

そもそも支那はロシア動乱での動員を理由に
日本に正式に撤兵を要求してきた。
この時点で支那は満善条約上撤兵されるべきと主張してきて、
日本側がロシア撤兵は我軍撤退とは無関係の主張をして
支那は回答を出さなかった。
反論の機会はあったけど情勢不安定でも
ロシア撤兵なら撤兵という強弁が通用せず回答準備中で逃げただけ。
前提は同じ。
そちらは勝手に華府会議時と対ソ協定締結後は違うと言ってるだけで、
支那は華府会議時で既にロシアが撤兵しているから
日本も撤兵しろという前提で会議がされ結果は前述の通り。

永駐化は読めば言葉尻だと分かる。
現時局と明記されている。

イギリスが時局の都合で勝手に駐屯した例があるから
旧英兵営を借りるという配慮が出来た。

前述のように時局的駐兵は英米に例があったので行われた。
これで演習権が失われるという解釈はない。

実弾携行してたから何だという話。
空砲演習であり通告義務がないことに変わりはない。
駐留外国軍に発砲してよい権利などない。
主権者でもだめなものはだめ。
発砲されたことが問題なのであって実害の有無は関係ない。
自己の謀略の告白は信頼性を高いと信じるのは勝手だけど証拠にはならない。
宣戦布告を出し直したなんて話は聞いたことがない。
東郷外相の主張ではなく国際法に照らし合わせた見解。

満州の軍事占領も華北での軍事衝突も
支那側からの攻撃が原因で支那に自衛の反撃などという名分は成立しないが、
仮に停戦協定が無効化と看做されたとしても、
それは紛争の再開であって国家の意思としての戦争は別。

自衛の反撃ということで紛争地とは無関係な上海に
国家の決定として攻撃するならば宣戦布告が必要。

華府会議をループさせてるのはそちら。
何度も言うけど後のソ連との協定無関係に
華府会議時点で支那は既に、
そのそちらの言うようなソ連との協定が
成立したと同じく撤兵要件を満たしているとして
正式に日本に撤兵を要求して、会議の結果、日本軍の撤兵は
ロシア無関係となったのだから、その後の協定云々は関係ない。

―――――――――――――――――

387

>>366

>自称実行犯の自白が嘘だったなんて例は多々あるし

被疑者の否定、自己弁護が嘘だったと言う例の方がはるかに多い。

>張軍閥との戦闘なのだからハルピン等は無関係ではない。

ならば日本との紛争なのだから、
全ての日本駐留地、租借地、租界も無関係ではなくなる。

>蒋介石は南京から上海に攻めてきて返り討ちにあって南京に逃げたの。
>だから南京に追撃したの。その先の重慶も追撃なの。

ええと、もし、満州事変で日本が負けて朝鮮や本土に

>この時点で支那は満善条約上撤兵されるべきと主張してきて、

間違い。中国側の主張はポーツマス条約に基づくもの。
ポーツマス条約には日露は同時に撤退するとあるので、
それに従えと中国側は主張した。

>日本側がロシア撤兵は我軍撤退とは無関係の主張をして

間違い。無関係などとは主張していない。
ロシアの撤退は条約や協定などで終局的に承認したものではなく、
満州善後条約に規定された撤退とは言えない、としたのが日本の反論。

>支那は回答を出さなかった。反論の機会はあったけど

議論が新たな決議案に移って反論の機会は事実上無かった。

>永駐化は読めば言葉尻だと分かる。現時局と明記されている。

現時局が口実である事は読めばわかる。永駐化こそが狙いである事も。
永駐化を考えていないならこの言葉は出てこない。
言葉尻ではなく本音が漏れたもの。
しかも、その時局とやらは、現地の情勢ではなく、
陸軍の内部事情を意味するとの見解もある。
「支那駐屯軍が余りに関東軍に比して薄弱だから関東軍は出しやばる、
之に対抗するものを作つたらよからう」
で、駐屯軍を3倍に増強することになって、
合法の駐屯地では収まらなくなって、
法的権利のない豊台に口実をつけて駐留する事にしたわけだ。

>イギリスが時局の都合で勝手に駐屯した例があるから

それは中英の問題。
イギリスが違法行為をしていたからと言って、
日本の同じ行為が合法になるわけではない。

>旧英兵営を借りるという配慮が出来た。

配慮になってない。
それどころか、イギリスが返したものを今度は日本が占拠したとあっては、
感情を逆なでするだけ。
イギリスが認めるようになった中国の主権を
日本があらためて踏みにじった形になるのだから。

>これで演習権が失われるという解釈はない。

違法駐留軍にまで演習権があるとする解釈がおかしい。
密入国者に、同国人だからと言って正規入国者と同じ権利を
認めろと言ってるようなもの。
あるいは、在日登録をしている在日と同じ権利を
韓国や北朝鮮からの密入国者にも認めろと言うようなもの。
ついでに言うと、その演習権とやらは天津周囲半径30㎞での話。
こちらも、豊台、盧溝橋が天津30㎞圏外なのを失念してた。

>実弾携行してたから何だという話。
>空砲演習であり通告義務がないことに変わりはない。

実弾演習は可能な状態にあったと言う事。
空砲演習だったと言うのは日本側の証言しかない。

>駐留外国軍に発砲してよい権利などない。主権者でもだめなものはだめ。

違法駐留軍に対してならば、発砲、威嚇射撃はありえる。

―――――――――――――――――

388

>発砲されたことが問題なのであって実害の有無は関係ない。

発砲の物証がなく、日本側の証言しか存在しないのだが。

>自己の謀略の告白は信頼性を高いと信じるのは
>勝手だけど証拠にはならない。

日本に限らず世界的に常識では、自白は証拠能力を持つとされるが。

>宣戦布告を出し直したなんて話は聞いたことがない。

開戦の詔書を知らないの? 公的にはあれが正式な宣戦布告だが?

>東郷外相の主張ではなく国際法に照らし合わせた見解。

その照らし合わせたのが東郷外相でしょ。

>満州の軍事占領も華北での軍事衝突も支那側からの攻撃が原因

満州についてはでっち上げだと既に判明してる。
華北については違法駐留部隊が勝手に演習し、
損害もないのに撃たれたと難癖つけたのが原因。

>仮に停戦協定が無効化と看做されたとしても
>それは紛争の再開であって国家の意思としての戦争は別。

紛争が拡大してなしくずしに全面戦争に発展するのは良くある事。
その際にここまでは紛争、
ここからは全面戦争とくっきりと分けられるものでもない。
また、名目的には、太平洋戦争勃発まで、
日本も中国も紛争と言う立場を取っている。

>自衛の反撃ということで紛争地とは無関係な上海に
>国家の決定として攻撃するならば宣戦布告が必要。

張軍閥との戦闘なのだからハルピン等は無関係ではないと言うなら、
日本軍との戦闘なのだから、
紛争相手である日本軍が居る場所全て、無関係ではなくなる。
そして、両者とも紛争と言う立場を取っている以上、宣戦布告は不要。
日本は宣戦布告なしに、中国側の無抵抗宣言を無視し、
国家としての(結果として)偽りの不拡大宣言を出しつつ、
満州全域を占領した。
華北でも停戦したと言うのに
日本政府は出兵声明を出し、結果として戦火は再燃した。
この状況で、中国にのみ正規の手続きを要求するのはダブスタでしかない。

>そのそちらの言うようなソ連との協定が成立したと同じく
>撤兵要件を満たしているとして正式に日本に撤兵を要求して、

間違ってる。
中国が根拠にしたのはポーツマス条約。
それに対し、協定が成立しておらず
満州善後条約の要件を満たしていないと反論したのが日本。

>会議の結果日本軍の撤兵はロシア無関係となったのだから
>その後の協定云々は関係ない。

なってない。
日本はソ連の撤退は善後条約に規定された撤退ではないと反論している。
ソ連がが善後条約に規定された、条約、協定を結んでの撤退をしているなら、
満州善後条約に従い、日本も同様の条約、協定を結び、
履行すなわち撤退せねばならない事にかわりはない。
むしろ、日本の撤兵はロシア(ソ連)の撤兵と対応するものであることを、
日本自身が示している。

日本が言ってもいない事を言ったと主張し、
存在しない結論がワシントン会議で出たと妄想をこじらせ、
こちらの論旨をよく読みもせずに拒否し、
同じことを繰り返し続けていたのが君だよ。
ワシントン会議を持ち出したのはそちらからだったから、
内容を十分に承知しているだろうと思った私のミスでもあるなw
内容をよく読みもせず、どこかでこれで否定できると聞き込んで、
そのままコピペ的に使ってたんだろうな。
華府会議なんて、今ではほとんど使われない漢字略号を
そのまま使ってる事からも気付くべきだった。

―――――――――――――――――

389

例の方が多いとかそんな話じゃなくて証拠にならないって話。
日本との紛争じゃなくて現地軍同士の衝突。
無関係でないとするならば宣戦布告が必要。
たらればの話はしないし
上海の駐屯軍は紛争地から逃げてきたものではない。
ポーツマス条約上だけでなく満善条約附2条上でも議論してる。
文中に明記されてる。
終局的に承認だとかの話じゃない。
現時局において露軍撤退だから
居留民の生命財産無関係に撤退などという論は通用しない旨反論してる。
新たな決議案に移ってない。
支那の回答が「回答準備中」で逃げたから終わっただけ。
現時局は口実でなく実際に日支懸案は増えている。
情勢を鑑みての増兵分の駐屯を新たな場所でなく
元英兵営にするという配慮をした。英米にその例があったから。
イギリスのその行為が違法とされたなんて話は聞かない。
むしろ列国軍司令官会議で英のそれは
事後定められてることから通告義務もないとして
列国共同動作計画で状況に応じての増兵と共に
月1の兵力通報時での通告で十分としたのがその能否調査。
イギリスは元々駐屯所でない豊台を時局的に借りた。
日本も時局的に豊台以外の好きな場所に駐屯できるが
元英兵営を借りて配慮しただけ。
イギリスはそれを借りてた間支那の主権を認めてなかったわけではない。
よって撤退が主権の承認とはならない。
繰り返すがイギリスのそれも含めて
時局的増兵及び駐留が違法とされた例はない。
実弾演習は可能な状態にあったから何だという話。通告義務はない。
威嚇射撃かどうかなんて相手からしたら
判断つかないけど発砲されたら自衛的反撃して問題ない。
殺人未遂で実害がないから無罪なんてことはない。
自白は証拠として断定されるだけで実際自白が嘘だったなんて例は多々ある。
開戦の詔書は国内的なプロセスであって
国際法上の宣戦布告とは関係ない。
国際法上の宣戦布告とは相手に
その旨を飛ばすことであって手交したのがそれ唯一。
詔書の発布の範囲は国内、臣民に向けてであって外国じゃない。
東郷外相関係なく照らし合わせた見解。
満州はでっち上げだと判明していない。
華北についてはそもそも増兵が時局的なのと
損害の有無は無関係なのと反撃は難癖ではない。
支那のそれは紛争が拡大して全面戦争とは言えない。
各地で紛争が起こってそれならともかく
明確に支那中央の為政者である蒋介石が
紛争地ではない上海に侵略して戦闘を起こしている。
国家がその意思として外国と戦闘するならば宣戦布告が必要。
それをして初めて合法的な戦争になる。張軍閥と支那軍全体では違う。
張軍閥は支那との条約を反故にして事件を多発させたことによる。
これをもって日本は支那全体に攻撃を仕掛けない。
同様に現地での軍衝突を理由に
外国そのものと戦うというのならば宣戦布告をしなければならない。
日本は張軍閥に抵抗しただけであって
支那そのものと戦争しようとしてないから宣戦布告は必要ない。
日本は支那と戦争しようとしてないから宣戦布告は出さないが、
支那はその為政者である蒋介石が戦闘意思を持って
紛争地とは無関係な上海に侵略している。
これは国家間戦争になるので宣戦布告が必要。
戦火再燃の原因はその停戦協定を支那現地軍が中々守らなかったのと
トップである蒋介石が上海に侵略してしまったこと。
前述の通り支那は満善条約上で議論している。
読めば分かる。
協定を結んでの撤退とか関係ない。
何度も言うけどそれをちゃんと華府会議で話し合っている。
同条約には治安が回復すればとの条件が明記されていて、
それが成されてない旨を委員会には留意してもらいたいと主張している。

―――――――――――――――――

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

満州事変 関連議論
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-675.html
満州事変 関連議論 同スレ並行の別議論
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-676.html
2014/04/01 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.