正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 白船事件 満州鉄道中立化提案 >>
1905年10月15日、エピソード 『桂・ハリマン覚書』

日露戦争勝利後の戦後処理条約であるポーツマス条約で、
ロシアから日本が得た満州の権益の一部、
具体的には南満州鉄道を日米共同経営にするという覚書が
桂太郎首相と鉄道王E・H・ハリマンとの間に取り交わされたが、
ポーツマス講和会議から帰国した小村寿太郎外相が満鉄移譲について、
「清国の承諾を得る以前に、このような契約をなすことは不当であり、
また、10万の同胞の命と20億円の税金を犠牲にして得た満鉄を
結局は米人に売却し、南満州の権益を放棄するのは
ポーツマス条約の真髄に反する」と主張し、覚書は破棄された。

◆『アメリカ外交50年』ジョージ・F・ケナン著 (1951年)
2009/09/27 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.