正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 1543年9月23日、鉄砲伝来 世界四大文明のウソ >>
平成27年3月12日 「硫黄島戦没者御遺骨引渡式」 
平成26年2月以降、あらたに発見された56名の御遺骨が、
東京千代田区の千鳥ヶ淵戦没者墓苑にて厚生労働省に引き渡されました。
http://www.youtube.com/watch?v=eJ9HYIftz14

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

靖国参拝する女性

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

大西瀧治郎中将 特攻作戦の真意

「修羅の翼」角田和男著より抜粋
http://www.geocities.jp/kamikazes_site/saisho_no_tokko/oonishi/oonishi_shini.htm

特攻は外道である。
(中略)
しかし特攻により、敵を追い落とすことが出来れば七分三分の講和が出来る。
そのために・・・特攻を行ってでも、
フィリピンを最後の戦場にしなければならない。
しかしこれは、九分九厘成功の見込などない。
ではなぜこのような強行、愚行をするのか?。
ここに信じてよいことがある。
いかなる形の講和になろうとも、日本民族が正に滅びんとする時に当たって、
身をもって防いだという若者達がいたという歴史が残る限り、
500年後、1000年後の世に、必ずや日本民族は再興するであろう。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

陸軍特攻 誠 第119飛行隊 出撃1時間半前の写真
(昭和20年4月22日午前8時半頃)
陸軍特攻 誠 第119飛行隊 出撃1時間半前の写真 昭和20年4月22日午前8時半頃
彼らは、少年航空兵出身の18歳から19歳の10人と学徒出陣の4名で、
この写真に笑顔を残してから1時間半後の、昭和20年4月22日午前10時ころ、
台湾北部の桃園飛行場から沖縄本島方面に特攻出撃して行った。
彼らは500キロ爆弾を搭載して沖縄本島周辺の敵艦に突入し、
敵巡洋艦と貨物船を各1隻を撃沈した。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

90歳の元海軍少尉 英語で回顧録 カミカゼ志願は命令でなかった

産経ニュース 2014.6.29 11:41
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140629/trd14062911410004-n1.htm

学徒出陣して海軍飛行科予備士官となり、
特攻隊の募集に「望」と答えた90歳の元海軍少尉が、
英語で「カミカゼと日本文化 回顧と再評価」と題する草稿をまとめた。
「特攻志願は“命令”ではなかった」と強調する元少尉は、
「カミカゼ」を民間人も標的にする現代の狂信的な「自爆テロ」の源流だと
認識しがちな外国人に特攻隊の本質を理解してもらおうと健筆を振るった。

■熱望・望・否の3択

草稿をまとめたのは、
メキシコ南バハ・カリフォルニア州ラパス在住の渡辺啓三郎さん(90)。

渡辺さんは、昭和18年12月、学徒出陣して広島県の大竹海兵団に入団。
19年2月に第1期海軍飛行専修予備生徒として三重航空隊に入隊した。

約3カ月間、飛行訓練を受けながら適性検査を受け、
ナビゲーションを担当する偵察士要員となった。
鈴鹿航空隊に転属し、同年5月から約半年間、
偵察士としての訓練を終えた同年11月ごろ、
上官から特攻隊に志願する意思があるかどうか紙に書くように命じられた。
制限時間5分以内に「熱望」「望」「否」の3択から選ぶというもので、
返事をしない選択肢はなかった。渡辺さんは、迷わず、「望」を選択した。

しかし、配属されたのは無線兵器(戦闘機電話・電波探信儀)の
整備員を養成する藤沢航空隊だった。
選抜で書いた「望」は「熱望」につながると考え、
命令が来れば、いつでも特攻として出撃すると覚悟して
レーダーの実験飛行などを続けたが、終戦となった。

選抜で「望」としながら前線の実施部隊に
派遣されなかったことを疑問に感じていたが、
特攻隊として、前線に配属されたのは
「熱望」と答えた者だったことを戦後知った。
実際、特攻隊として南の空に散った同期生はいずれも「熱望」と答えていた。
20人いた同じ班で「熱望」と書いた3人が
出撃しながら3人とも飛行機故障などで生還した。

大多数が「望」と回答した中で、「否」と書いた者もいた。
上官から呼び出されたが、
「故郷の村で唯一の大学卒業生なので生きて帰りたい」と伝えると、
容認され、罰則を受けることはなかった。

■日本文化そのもの

終戦後、31歳で貿易商社を立ち上げ、
「カミカゼ・サバイバル」のビジネスマンとして
戦後を生き抜いた渡辺さんは、特攻の選抜について
「俗説のような命令による強制ではなく、忠臣蔵の四十七士のように
自発的に窮地の祖国に尽くそうとする各人の意思を
重んずるかたちで行われた。和を重んずる日本文化そのものだ」と語る。

また敗戦後にインドネシアで2千人以上の残留日本軍兵士が
独立戦争に関わったことなどをあげて、
「アジアの白人支配からの解放も目的の一つだった」と述べ、
英語で脱稿した回顧録を上梓(じょうし)する出版社を探している。

【用語解説】学徒出陣と海軍特攻隊

さきの大戦は航空戦が重要となり、
旧制大学、高等・専門学校を卒業または在学中の学徒が志願制で、
海軍飛行科予備学生・生徒として飛行予備士官となった。
『海軍飛行科予備学生・生徒史』によると、
神風特別攻撃隊で士官クラス(少尉候補生以上)769人が戦死したが、
このうち84%に当たる648人が
学徒出陣した飛行予備学生・生徒で占められていた。

【プロフィル】渡辺啓三郎氏

大正12年岡山県生まれ。
昭和18年12月、旧制東京外国語学校(現・東京外国語大学)
英文科1年で学徒出陣、終戦後の20年9月に復学。
22年に卒業し、沖電気に入社。結核で退職後、31歳で貿易商社を設立。
欧米などから金属加工の工作機械を輸入するビジネスで成功し、
80歳で引退した。メキシコのリゾート地、ラパス在住。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

金美齢女士 於 靖国神社
http://www.youtube.com/watch?v=ALfu0RWGG84

平成23年(2011年)8月15日、戦歿者追悼中央集会 小野田寛郎元少尉の演説
http://www.youtube.com/watch?v=TEAez31LoQQ

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

神風特攻隊を劇にしたワケ?元自衛官俳優・今井雅之の熱い想い!
http://www.youtube.com/watch?v=5O4avYFdov0
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21381813
特攻隊員の魂の叫び!敵に襲われる家族を黙ってみていられるのか!?
http://www.youtube.com/watch?v=w0k8Ry9lPeg
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21382057
皇族は人間じゃない?天皇陛下と宮内庁と特攻隊!今井雅之の天皇観
http://www.youtube.com/watch?v=oDIJtm5Xy1U
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21389491
昔イギリス、今TPP?!中国はなぜ反日で反英にならない?
http://www.youtube.com/watch?v=ztfoq7r4NA4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21389543

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

特攻隊 資料映像
https://www.youtube.com/watch?v=Dp6xpFYXJWs

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

陸軍軍曹、加藤弥助 命
昭和19年7月18日、マリアナ諸島にて戦死

父母上様
自分もいよいよ役に立つ時が参りました。
現在までの父母上の御苦労を想い、御礼の言葉もなし。
益々御身体に注意され御奮闘を祈ります。

―――――――

陸軍兵長、小室智雄 命
昭和19年8月6日、ニューギニア・アイダベ方面にて戦死

私も元気で第一線に活躍してますから安心してください。
勝つためには喜んで
南海の華と散る覚悟です。

―――――――

陸軍伍長、小塩久夫 命
昭和19年12月23日、比島北サンフェルナンドにて戦死

望み叶ってあの靖国のみ柱に赴けますならば
誇り高く咲きにほふ九段の桜の下で
お母さんの訪れをまっています。

―――――――

陸軍伍長、福井栄一 命
昭和19年10月7日、ビルマ・カロー方面にて戦死

皆々様変わりなく元気で暮らしていると
推察致してをります。
7月10日付一等兵に進級したることを
知らせずにいました。
二ツ星です。どうぞよろしく。

―――――――

陸軍伍長、宮井一 命
昭和20年9月24日、牡丹江省寧安県にて戦死

皇国のために死するとも軍人の本懐なり
我れ行かん。靖国社頭の若桜。
自分には心残りは無し。
唯御両親に之と言ふ孝行も致さず
先立つ不孝をお許しください。

―――――――

陸軍上等兵、岩本四郎 命
昭和20年3月17日、硫黄島にて戦死

恒男様
オトウサンハゲンキデ オクニノタメニ
ハタライテオリマス カラゴアンシンクダサイ
オカシタクサンアリガトウ
ミンナオオヨロコビデス
ツネオノタベルモノガ
スクナクナッテマスナア

―――――――

陸軍上等兵、稲垣良衛 命
昭和20年2月22日、沖縄県中頭郡嘉手納にて戦死

タネ
入隊した晩は
一命は君国に捧げたのだから
今後如何なる困苦欠乏に遭遇しても
断じて帝国軍人たるの責を自覚し
未練の振舞等致さぬ覚悟

―――――――

陸軍兵長、中川寛 命
昭和20年7月18日、埼玉県大里郡にて戦死

此ノ限リナイ空上デ仇ヲウチタイノデス
ドウカコノサイ私ヲ採用クダサイ
オネガイヒシマス
右血書ス

―――――――

陸軍中尉 渡辺研一(29歳)命
沖縄戦にて戦死 妻へ

愛する日本、その國に住む愛する人々、
その為に吾等は死んで行くのだと考へることは真実愉(たの)しいものです。
…あなたの夫はこのやうな気持ちで死んで行つた…

―――――――

二等飛行兵曹 野村龍三(16歳6ヵ月)命
全国最年少で神風特攻隊に参加

龍三ヨクヤツテ呉レタト一言デモヨイカラ云ツテ下サイ
出撃一時間前 御両親様

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1_下手豊司氏と若杉潤二郎氏

2_安原正文氏と小川真一氏

3_吉原重發氏と大上弘氏

4_久野正信氏と佐藤淑雄氏

5_原一道氏と向島幸一氏

6_溝川慶三氏と森興彦氏

7_高島俊三氏と枝幹二氏

8_国吉秀俊氏と今村岩美氏

9_佐藤新平氏と細金政吉氏

10_寺田實氏と猫橋芳朗氏

11_上原良司氏と桂正氏

12_上川幟氏と石倉三郎氏

13_浅川又之氏と村上稔氏

14_前田啓氏と清水保三氏

15_相花信夫氏と加藤虎男氏

16_第72振武隊

17_中村實氏と松澤平一氏

18_長澤徳治氏と金子正男氏

19_渡辺綱三氏と紺野孝氏

20_東田一男氏と穴澤利夫氏

21_藤井一氏と竹田源三氏

22_内田新一氏と長家利左衛門氏

23_平原太郎氏と河井秀男氏

24_豊崎儀治氏と上津一紀氏


【靖國】英霊の言乃葉[桜H22/8/14]
http://www.youtube.com/watch?v=_wQQoEDyp0k

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

鹿児島県南九州市知覧町 特攻平和会館

大石清伍長 「妹への手紙」

静(せい)ちやん お便りありがたう。何べんも何べんも読みました。

お送りしたお金、こんなに喜んでもらへるとは思ひませんでした。
神だな(棚)などに供へなくてもよいから、
必要なものは何でも買つて、つかつて下さい。

兄ちやんの給料はうんとありますし、
隊にゐるとお金を使ふこともありませんから、
これからも静ちやんのサイフが空つぽにならない様、毎月送ります。
では元気で、をぢさん、をばさんによろしく。

兄ちやんより

特攻平和会館_1


特攻平和会館_2


特攻平和会館_3


特攻平和会館_4

特攻機_超低空の1式陸攻

特攻機_97艦攻

特攻機

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

漫画家 さかもと未明 2010年8月15日
第24回 戦歿者追悼中央国民集会 靖國神社境内にて
http://www.youtube.com/watch?v=How5n7fAlcg

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

『「南京「事件」研究の最前線」平成19年版』 より引用

■西住小次郎 中尉 の手紙
第一信
西住千代様
軍事郵便 親展 上海派遣軍司令部付 細見部隊高橋隊 歩中尉
12月26日 

西住小次郎

当地も大分寒くなり、朝など真白に霜が置く様になりました。
其の後、皆様、御変わりありませんか、御尋ね致します。
年内も後数日となり、ご多忙の事と存じます。

今、明日は餅搗き位かも知れんと想像致して居ります。
当地に居るとさっぱり年末の様な気が致しません。
猛烈な迫撃戦で手紙とか小包とか、一向遅れて到着しません。
何時か腹巻、靴下を送ったとの事でしたが、まだ到着して居りません。
其の内に手紙などもどんどん来るようになりましょう。

12月12日、南京に到着以来ずっと南京城内に居ります。
南京は敵の首都だけに、東京程はありませんが立派な町です。
建物と云い、道路と言い、立派です。

又、附近には所謂紫金山、其の他の山々、
玄武湖等もあり、風光も仲々いい様です。住むのにもよさそうな所です。

今、我々の居る所は中央大学とて排日教育最も盛んだった大学です。
立派な建物です。一部爆撃された所もありますが、部屋など立派です。

今は内地の兵営以上にきちんとした生活をやって居ります。
私の部屋も机、椅子、其の他寝台、調度品、
総てきれいに飾り、内地では出来ぬ様式にして居ります。
全員寝台に寝、ストーブ等もあります。

只、電燈と水道が今のところこわれてありません。ローソクばかりです。
近い内に汽車も通じ、電燈もつきましょう。
町は全部まだ店はありませんが、避難民等も逐次帰って来る様です。

正月は南京で迎える様になる事と存じます。
此の手紙も恐らく正月の5、6日頃しか着かぬと存じます。

既に小包等御送りになって居るかも知れませんが、
今度送られる時は「塩から」の様なおかずになるもの、
褌等を御願いします。

宛名は手紙の裏面の通り願います。

12月26日 小次郎
母上様 膝下

第二信

新年御目出度うございます。
皆様一同御元気で新年を迎えられた事と存じます。
私も御蔭で極めて元気です。

南京に於いて正月を迎えました。
南京の町も次第に清潔になり、避難民も帰って参ります。

町には兵隊の為に酒保も出来、
シルコ屋、オデン屋の簡単なものが出来たそうです。

上海―南京間の汽車も通い始めて居ります。
水道も全部来る様になり、便利になりました。
まだ電燈は町の一部分しかつきませんが、近い内にくる様になりましょう。

今の気候は内地と同じ位か少し寒い位ですが、寒いと云う事はありません。
只今、次の戦の準備をして居ります。
日用品、菓子類等も手に入ります。ミルクやコーヒーなども持って居ります。

1月6日、小次郎
母上様

※西住小次郎中尉は、久留米の戦車第一連隊の小隊長として支那事変に従軍。
1938年(昭和13年)5月7日、徐州会戦で戦死。

―――――――――――――――――

■山田博治 伍長 の手紙

俺は健在だから、先ず安心してくれ。今は南京の城門を守備して居る。
我が脇坂部隊は遂に全軍の先頭を切って、
敵の最後の堅陣たる南京に名誉ある一番乗りを決行し、
光華門城頭高く、へんぽんと日の丸を打ち立てたのだ。

万歳万歳の叫びあるのみ。遂に我等は勝ったのだ。感極まって涙が溢れ出る。

しかしながら、我が第3中隊も残った者は僅か9名だけ。
中隊長以下、数多くの戦友が、或いは戦死し、或いは負傷し、
遂に我が大隊長殿も壮烈な戦死を致されてしまったのだ。

それもその筈、聨隊長殿の命令は厳然たるもの。
「第一大隊は全滅を期して光華門に突入すべし」
恐らく生きて帰る等と思った者は一人もないであろう。

敵はタンクを使い、毒瓦斯を撒き、鉄条網を張り、深い水濠を控え、
地雷火に、手榴弾に、迫撃砲の集中射撃に、機関銃、小銃は勿論、
あらゆる武器を用いて、最後の頑強なる抵抗をしたのだ。

俺は大隊が突入の時には、後方連絡任務の為、
これに参加できなかったのは、返す返すも残念でならない。

昨日は軍司令官、朝香宮殿下が態々光華門に来られて、
我が脇坂聯隊長殿より当時の戦況を実地に着いて、
一々細かく御聴取遊ばされた。

我が36聯隊は先に蘇州川の渡河作戦に一番乗りを決行し、
今また敵国の首都、南京に一番乗りを博す。
どこまでも輝かしき聯隊だ。昨日は祝い酒とタバコが我等に給与された。

去る17日は方面軍司令官松井大将を迎えて、
華やかな入城式、十八日は戦死者の慰霊祭が挙行され、参加した。

今日(21日)は南京市内の見学をした。
国民政府、参謀本部、外国の大使館等々を視察した。

今日は久し振りで頭の散髪をし、顔のひげを剃った。
去る9月12日、福井の重久床屋で散髪して以来、今日で百日目、
今まで一度も刈らないのだから、長い髪の毛とひげと、
又、今まで上陸以来、一度も入浴もせず、顔は垢で真っ黒だ。
鏡を見たら、まるで熊の様だ。ハハハ・・・。

此の世の人間とは思われないね。
この顔で、もし家へ帰ったならば、誰も俺だと思う者はないだろう。
何処かの気狂乞食と間違うよ。
今日は散髪をし、湯を使い、やっと人間らしい気持ちになった。晴々した。

昭和12年12月21日夜、南京にて
博治より

※山田博治伍長は福井県生まれで、南京一番乗りの脇坂部隊に従軍したあと、
1938年(昭和13年)8月27日「江西省瑞昌県君山」の戦闘において
頭部に銃弾を受け、26歳で戦死。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

凛として愛 1:04:27~
http://www.youtube.com/watch?v=CpCXzX55bJE

元八重岳電波警戒隊 通信兵 角田松雄さん

日本人ですから降伏ということは知らんから、
もうこれは全員ここで戦死やなとみな覚悟を決めましたよ。
私もその一人ですがね。

その時にねー、何を言ーたかというと、涙が出ますがねー。
皆で「靖国神社で会おうね」と言うたもんだですよ。
皆で靖国神社で会おうね!と。

靖国神社に替わるねー、
国営の戦没者墓地をつくろうなんて言ってましたがねー。
私はねー、戦友たちは何と聞いたじゃろーて、涙が出ましたよ。

皆「靖国神社で会おうね」って誓い合うて死んだんですよね。
あの靖国神社の魂がね、
靖国神社の中の魂が日本の国を守っているんですよ。
今でも。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

『ルバング島 戦後30年の戦いと靖国神社への思い』小野田寛郎 2007.6 より

「心ならずも戦死された」は、英霊に対する侮辱

靖国の英霊に対して「心ならずも戦死された
(本当は戦争に行きたくなかったのに戦争でしんでしまった)」
と言う人がいます。
しかし、これほど英霊を侮辱した言葉はありません。

皆さんの中には特攻隊の遺書をご覧になった方がいらっしゃるでしょうか。
特攻隊の遺書には、「心ならずも(本当は行きたくなかったのに)」
なんて書いてありません。
私も当時、特攻隊の方々とほとんど同年齢でありました。
私がもし当時戦死していて、
「心ならずも死んだ」と言われたら、侮辱されていると思って怒ります。

当時の私たちは、死ということに拘泥しない、深く考えない、
死んだら神様だと、そういう考えをしていました。
何故かと言いますと、戦争には若い者が先頭に立たなければ
国の将来がないということをはっきり考えていたからです。
お国のために命をかけて働いているので、
兵隊は普通の人の半額で映画館に入ることができました。
それで、「映画半額、命も半額、死んだら神様だ」
などと笑いながら話していました。
これが当時の私たちの戦死に対する考え方だったのです。

当時は徴兵令で、満20歳になると身体に異常のない男子は
みんな兵役につかなければなりませんでした。
だから「心ならずも」と言うのかもしれませんが、
それは当時の私たちの気持ちを表した言葉ではありません。
好きで兵隊になったわけではなくとも、
多くの人間は国のために死ぬ覚悟を持っていました。

戦争に負けた後、戦後の教育で洗脳され、
本当の日本人の気持ちを理解できなくなった人が、
そういうことを言うのだと思います。

「死んだら会おう」と約束した場所は靖国神社以外にはない

私は、そのお金を全部靖国神社に奉納しました。
すると、一部の人から「小野田は軍国主義復活に加担した」
と散々に批判されました。
この時は、戦争で亡くなった人を祀る靖囲神社のことを、
まるで軍国主義の象徴のように言う人がいたのです。

なぜ、靖国神社にお金をお納めして悪く言われなければならないのか。
そのとき、私はもう日本に住みたくないと思いました。
それで、次の自分の生活の場をブラジルに求めたわけです。

とにかく、私たちが「死んだら神さまになつて会おう」
と約束した場所が靖国神社であり、
戦後その靖国神社を国家が守らないことに対して、
納得できない人は多いと思います。

国は私たちが死んだら靖国神社に祀ると約束しておいて、
戦争に負けてしまったら、靖国など知らないというのは余りにも身勝手です。
国による直接の運営が難しければ、せめて政府を代表して
内閣総理大臣に八月十五日の終戦の日に堂々とお参りしてほしいものです。

最近は、靖国神社とは全く別の追悼施設をつくる、
という詰まで持ち上がっていますが、
これは、死んだ人間に対する裏切りであります。
靖国神社とは別の追悼施設がつくられるのであれば、
私は死んでも死に切れません。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

特攻 人間魚雷「回天」隊員が遺した「2分半の肉声」
https://www.youtube.com/watch?v=5Pff5mOP5Kw
人間魚雷「回天」の金剛隊員として昭和20年1月21日、
ウルシー湾で特攻を敢行し、戦死した塚本太郎少尉=当時(21)、
戦死後大尉=は自らの声を2分半にわたって円盤に残していた。
―――――――
「父よ、母よ、弟よ、妹よ。そして長い間、僕を育んでくれた町よ、
学校よ、さようなら。本当にありがとう…略…愉快にいつまでも暮らしたい。
けんかしたり争ったりしても、心の中ではいつでも手を握り合って。
しかし、僕はこんなにも幸福な家族の一員である前に、
日本人であることを忘れてはならないと思うんだ」

「日本人、日本人、自分の血の中には3千年の間、
受け継がれてきた先祖の息吹が脈打っているんだ
…略…
齢(よわい)長(た)けし人々よ。
われら亡き後の守りに、大東亜の建設に、白髪を染め、
齢を天に返して、健闘せられよ。
また幼き者よ。われらのしかばねを踏み越え、銃剣を閃(ひらめ)かし、
日本旗を翻して前進せよ…略…永遠に栄あれ、祖国日本」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■ダグラス・マッカーサー陸軍元帥
沖縄では、大部分が特攻機から成る日本軍の攻撃で、
米側は、艦船の沈没36隻、破壊368隻、飛行機の喪失800機の損害をだした。
これらの数字は、南太平洋艦隊がメルボルンから東京までの間にだした
米側の損害の総計を超えているものである。

■アーネスト・J・キング海軍元帥
四月六日からはじまった日本機の攻撃は、
いままで嘗てなかった激烈なものだった。この特攻戦は凄惨を極めた。
(略)海上では戦死行方不明4907名、戦傷4824名であった。
艦船は沈没36隻、損傷368隻であり、飛行機の喪失は763機であった。

■チェスター・W・ニミッツ海軍元帥
我が海軍が被った損害は、戦争中のどの海域よりも、はるかに大きかった。
沈没30隻、損傷300隻以上、9000人以上が死亡、行方不明または負傷した。
この大損害は、主として日本の航空攻撃、特に特攻攻撃によるものであった。

■第五艦隊司令官スプルーアンス大将
敵軍の自殺航空攻撃の技量と効果および艦艇の喪失と
被害の割合がきわめて高いので、今後の攻撃を阻止するため、
利用可能な、あらゆる手段を採用すべきである。
第20航空軍を含む、投入可能な全航空機をもって、
九州および沖縄の飛行場にたいして、
実施可能なあらゆる攻撃を加えるよう意見具申する。

■第3艦隊司令長官ハルゼー大将
神風攻撃は、日本海軍の敗戦にもかかわらず、大変面倒なものになった。

■第38任務部隊司令官ミッチャー中将
神風特攻阻止には空母機動部隊群の増強が必要で、
海兵隊の戦闘機隊を空母に搭載すべき。

■RLウェアマイスター海軍中尉
神風は米艦隊の撃滅には成功しなかったが、多大の損害を与えた。
在来の戦法ではとてもこんな成果を上げられなかったであろう。
日本の飛行機に関する数字が正しいものならば、
日本が失った飛行機の12%で、米損傷艦艇の約77%、
米海軍人員の死傷者中約80%をやっつけたことになる。
すばらしい戦果といえよう。

■マルカム・ハーバート・マックガン大尉
(護衛空母「サンガモン」乗組パイロット)
「炎上中の特攻機を海中に投棄するのを手伝ったマックガンは、
ずっとのちになって、日本軍パイロットを賞賛して、
「わが艦の飛行甲板を突き抜けたあの男は、私より立派だ。
私には、あんなことはやれなかっただろう」と語った。

■ハンソン W・ボールドウィン(米国の従軍記者)
4月末になっても、菊水特攻隊の作戦は衰えをみせなかった。
この恐るべき死闘は、なお2ヶ月間も続くのである。
・・・4月以降になると、これほどの艦船の沈没、
損傷の危険は二度と無かった。
5,6月両月を通じて、沖縄の戦いは徐々に爆弾対艦艇の戦闘から
人間対人間の意志と耐久力の試練に変わっていた。
毎日が絶え間ない警報の連続だった。
ぶっつづけに40日間も毎日毎日、空襲があった。
そのあとやっと、悪天候のおかげで、
短期間ながらほっと一息入れたのである。
ぐっすり眠る。これがだれもの憧れになり、夢となった。
頭は照準器の上にいつしか垂れ、神経はすりきれ、
だれもが怒りっぽくなっていた。
艦長たちの眼は真っ赤となり、恐ろしいほど面やつれした。

■アルバート・カフ(UP通信社)
カミカゼ特攻隊は、確かに大きな損害を米軍に与えた。
そしてカミカゼのパイロットたちが、
勇敢な人たちであったことは疑いがない。
そしてアメリカ兵が“カミカゼ”を恐れ、怖がったことは否定できない。
実際、パニックが起こりかけていた。

■アンドレ・マルロー、フランスの作家、冒険家、元文化相。
(第二次世界大戦中はドイツへの抵抗運動に身を投じた。
戦後はド・ゴール政権下で情報相や文化相を務めた。)
日本は戦争に敗れはしたが、そのかわり何ものにもかえ難いものを得た。
世界のどんな国も真似のできない特別特攻隊である。
スターリン主義者たちにせよナチ党員たちにせよ、
結局は権力を手に入れるための行動であった。
日本の特別特攻隊員たちはファナティックだったろうか、断じて違う。
彼らには権勢欲とか名誉欲などはかけらもなかった、
祖国を憂える貴い熱情があるだけだった。
代償を求めない純粋な行為、そこにこそ真の偉大さがあり、
逆上と紙一重のファナティズムとは根本的に異質である。
人間はいつでも偉大さへの志向を失ってはならないのだ。
フランス人のなかには、なぜ若い命をと疑問を抱く者もいる。
そういう人たちに、私はいつも言ってやる。
「母や姉や妻の生命が危険にさらされるとき、
自分が殺られると承知で暴漢に立ち向かうのが息子の、弟の、夫の道である。
愛する者が殺められるのをだまって見過ごせるものだろうか?」と。
私は、祖国と家族を想う一念から、恐怖も生への執着もすべてを乗り越えて、
潔く敵艦に体当たりをした特別特攻隊員の精神と行為のなかに、
男の崇高な美学を見るのである。

■アイヴァン・モリス、イギリス人、翻訳家、日本文学研究者。
(ロンドン大学で「源氏物語」の研究をし称賛、大岡昇平、三島由紀夫などの
翻訳を通し日本文化の紹介に努めた。)
特攻という非合理な攻撃への志願は自発的ではなく脅迫、あるいは
洗脳によってなされたに違いないという欧米人の考え方に疑問を持ち、
日本人の歴史を丹念にたどり、ひとりひとりの若い特攻隊員にとっては、
それが病的な狂信や暗愚とはほど遠い、
日本人の古来からの美意識や気性にもとづくものであり、
ひたむきな誠実さ、高貴なる精神の発露であったと語っている。

■ベルナール・ミロー、フランス人、ジャーナリスト。
特攻を深く掘り下げて研究をした。
「神風(KAMIKAZE)」より
本書の目的は、皮相的な見方から一歩踏みこんで西欧から見た神風に、
新たな脚光を浴びせることであった。
また著者の意図したところは、
この日本の自殺攻撃が集団的発狂の興奮の結果などでは断じてなく、
国家的心理の論理的延長が到達した点であらわれた現象であり、
戦局の重圧がそれをもたらしたものであることを明らかにすることにあった。
このことを、我々西欧人は笑ったり、哀れんだりしていいものであろうか。
むしろそれは偉大な純粋性の発露ではなかろうか。
日本国民はそれをあえて実行したことによって、人生の真の意義、
その重大な意義を人間の偉大さに帰納することのできた。
世界で最後の国民となったと著者は考える。
たしかに我々西欧人は、
戦術的自殺行動などという観念を容認することができない。
しかしまた、日本のこれら特攻志願者の人間に、
無感動のままでいることも到底できないのである。
http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/46956654.html

下記動画の14:00~で、特攻隊は400隻以上に打撃を与え、
5000名以上を死なせた、とあります。
http://www.youtube.com/watch?v=OQFFUykQs6w&feature=player_detailpage#t=840s
まさにムダ死にしないように、一人で敵の艦船を撃沈できれば効率が良く、
味方の犠牲・損害を少なくして、敵の犠牲・損害を多くできるわけです。
特攻作戦は他の方法よりも効率が良かったから
採用されたのではないでしょうか。
アメリカに、とてつもない日本人の戦闘精神を
見せ付けることはできたはずです。
硫黄島の戦いでは、日本兵3人を殺害するのに
米兵1人が死ななければなりませんでした。
アメリカも犠牲者を1人でも少なくしたいはずで、
本土決戦となると、これまた多くのアメリカ兵が死ななければなりません。
激しい抵抗は日本本土に上陸してからも続くと予想され、
それはアメリカの厭戦ムードを高め、
苦しいながらも少しでも日本が良い条件で存続できるようにと
一生懸命に頑張ってくれたのだと感謝をするということでいいと思います。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1944年10月から沖縄戦までのデータ
日本海軍・特攻機
出撃数………2314
帰還数………1086
損失…………1228
――――――――――――
撃沈
護衛空母……3
駆逐艦………13
護衛駆逐艦…1
高速掃海艦…2
潜水艦母艦…1
掃海艇………1
高速輸送艦…3
戦車揚陸艦…5
海洋タグ船…1
雑役艦………1
潜水母艦……3
合計…………34
――――――――――――
損傷
正規空母……16
軽空母………3
護衛空母……17
戦艦…………15
重巡洋艦……5
軽巡洋艦……10
駆逐艦………87
護衛駆逐艦…24
潜水艦………1
機雷敷設艇…13
高速掃海艦…15
魚雷艇母艦…3
病院船………1
貨物輸送艦…6
掃海艇………10
タンカー……2
輸送艦………30
修理艦………2
艦隊タグ船…1
水上機母艦…4
機雷敷設艦…1
戦車揚陸艦…11
潜水艦母艦…3
YDG・YMS……7
合計…………288
―――――――――――――――――
【ちなみに沖縄戦での戦果】
通常攻撃:撃沈2隻、損傷61隻。
特攻攻撃:撃沈26隻、損傷160隻。
―――――――――――――――――
『神風特攻隊戦果一覧表』より
http://kamikaze.wiki.fc2.com/

戦艦ミズーリに突入した特攻隊員の遺体


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

フィリピンで英雄!神風特攻隊・カミカゼ記念碑、銅像、慰霊祭などで称賛
http://bit.ly/20tJwyy
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6106.html

3年生210人が演じた「特攻劇」、教師も親も泣いた
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-660.html

マンガ『桜花』作成中のジャーナリスト・リポーターの方(ハンガリー)の話
http://www.youtube.com/watch?v=OqNmgjdkAAs
盛之助 MORINOSKE
http://tokkotai.jp/

YASUKUNI http://bit.ly/1Kdd3IT
https://www.youtube.com/watch?v=Hx1Qnh-wNq0


空の神兵
https://www.youtube.com/watch?v=sZwRg-rNnzs


陸軍分列行進曲
https://www.youtube.com/watch?v=vtvAK6fopSw
https://www.youtube.com/watch?v=DMWv-g3esUY


愛国心って ・・・
http://www.youtube.com/watch?v=JVfDsNF3voU
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19733699

日系ブラジル人の中高生からの手紙
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-194.html
先帝陛下(昭和天皇)に戦争責任はない。
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-263.html
東京裁判(極東国際軍事裁判)
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-158.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

大阪塚本幼稚園

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

身代わり御札
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-688.html
2009/09/03 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.