正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 1919年3月22日、イワノフカ事件 東京裁判 裁いた者たちの悔恨 >>
1932年、平頂山事件

1932年9月15日深夜から16日早朝にかけて
1000~2000人の匪賊(武装盗賊)は、
満鉄が経営する撫順炭坑を襲撃し、
日本人5名を殺害、炭鉱施設を破壊・掠奪した。
その日(16日)のうちに日本軍が平頂山村を捜索したところ
平頂山村の住民が炭坑を襲撃した匪賊だったことが判明したため、
日本軍は人口1369人(多くは炭鉱労働者)のうち約400人を掃討した。

襲撃前、満鉄が経営する撫順炭坑は
匪賊襲来の情報を入手し、警備を増強。
守備隊は約80名(200名説あり)しかいなかったため、
炭鉱では施設を鉄条網で囲み、従業員の在郷軍人で防備隊を結成し、
警察団、青年団、中学生なども非常時には応じる体制をとっていた。

9月15日夕方、郊外に匪賊が集結中との情報を得て、
防備隊600名を非常召集、警官約200名を加え、それぞれ配置についた。
15日深夜、1000~2000人と思われる匪賊が撫順炭坑を襲撃し、
早朝まで日本の防備隊と戦闘が繰り広げられた。

匪賊は撫順内部の通匪(スパイ)から警備状況を通報されており、
防備隊の裏をかいて手薄な個所を狙って来た。
日本側に死者5名を含む11名の死傷者が出た。
(社員の渡辺寛一楊柏堡所長以下、殉職4名・重傷2名。
家族の死亡1名・重傷2名、守備隊の負傷2名)
また、施設は、破壊・焼却・掠奪され、
その後、炭鉱業務は暫く停止を余儀なくされた。

井上清一中尉は襲撃の足がかりとなった平頂山が
最も通匪の嫌疑が濃厚とにらみ、約40名を率いて調査したところ、
襲撃現場からの盗品が続々と見つかり、
平頂山の住民が匪賊と行動を共にしていたことが明確になった。
平頂山村民の多くが撫順炭坑を襲撃した匪賊の一味だったのだ。
その時「井上中尉の率いる一小隊は、匪賊からの発砲を受け、交戦となった」
と武藤関東軍司令官から内田外務大臣に宛てた電報も残っている。

10月2日付満州日報
「匪賊の再襲来や焼討ち事件のため、
撫順付近の支那住民の3分の1が撫順を離れ、郷里の山東方面へ避難」

10月15日付満州日報
「匪賊の被害者に撫順県公署が救済開始」との記事を掲載し、
平頂山村の人口が1369人で、うち死者は400人とある。


1932年9月17日 「満洲日報」
1932年9月17日付「満洲日報」
2009/08/26 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.