正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << いわゆる南京大虐殺 捕虜の釈放 清国軍の暴状 >>
日本人の武士道精神

日本軍は、戦闘が終わると敵味方の区別なく、戦闘地にお墓を作ってきた。
これは、日本人の武士道精神を表した写真である。

山東戦線の彰徳で墓標を建て慰霊祭を営んだ。
「中国無名戦士の墓」と書いてある。(1938年)
山東戦線の彰徳で墓標を建て慰霊祭を営んだ。「中国無名戦士の墓」と書いてある。(1938年)

北京郊外の中国戦死者墓地に参拝する日本軍将兵(1938年3月)
北京郊外の中国戦死者墓地に参拝する日本軍将兵(1938年3月)

孟子廟の入り口にこのような注意書きを掲げた。
「孟子廟に参拝する日本軍人の心得」
【1】孟子は孔子と共に支那人の最も崇拝する偉人である。
我々、日本人にとっても精神的文化の恩人である。
【2】参拝する者は、故国において神社、仏閣に参拝するのと
同様の心得を持って慎み深く行動すること。
【3】模範的行動が皇軍の名誉を発揚し支那民衆に
日本軍が親しまれる力となることを忘るべからず。
孟子廟に参拝する日本軍人の心得

道端に倒された孫文の銅像に旗をかける日本兵
道端に倒された孫文の銅像に旗をかける日本兵

現地市民の間でも日本軍は、規律に厳正で、
シナ軍よりもよっぽど信用できるとの評価を得ていた。

中国人の子供を可愛がる日本兵(1938年)
中国人の子供を可愛がる日本兵(1938年)

中国人の子供を中心に正月万歳(1938年)
中国人の子供を中心に正月万歳(1938年)

日本軍部隊へ毎日来て遊ぶ中国人の子供(天津)
日本軍部隊へ毎日来て遊ぶ中国人の子供(天津)

中国人の子供に芸を披露する日本兵(1938年)
中国人の子供に芸を披露する日本兵(1938年)

中国人の子供にキャラメルをあげる日本兵
中国人の子供にキャラメルをあげる日本兵

日本軍兵士と遊ぶ中国人児童(1937年)
日本軍兵士と遊ぶ中国人児童(1937年)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いわゆる南京大虐殺・URL図書室
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-518.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

中国の便衣兵、督戦隊(とくせんたい)、清野戦術
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-472.html
中国軍の清野作戦(=三光作戦、焦土作戦、燼滅(じんめつ)掃討作戦)
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-322.html
1938年(昭和13年)11月13日、長沙焚城(長沙大火)
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-473.html
非道の中国軍から中国人を守った旧日本軍
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-128.html
2009/08/20 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.