正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 先帝陛下(昭和天皇)に戦争責任はない。 和算家の入澤新太郎博篤が『ソディの六球連鎖』と同内容の算額を発表。 >>
江戸の和算家、関孝和
関孝和

1683年、江戸の和算家、関孝和が『解伏題之法』にて行列式理論を発見。

連立二元一次方程式の解を求める公式を生みだし、
これを多元に広げて行く過程で三次行列式に相当する算法を導入し、
かつ四次、五次の行列式にまで及び、今日の行列式の考えにたどりついた。

西洋でのライプニッツの発見より10年早いということで
「世界で最初に行列式を考案した」と言われている。

また、スイスの数学者ベルヌーイが
1713年に発表した自然数(正の整数)のn乗の和を求める計算法を、
ベルヌーイより早い時期に孝案した。

さらにn次方程式の近似的な解を求める方法も孝案。
これは孝和に約100年遅れてイギリスのホーナーが
発表した「ホーナーの解法」と呼ばれている解法と同じである。

解伏題之法

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

江戸の和算家、関孝和が『解伏題之法』にて行列式理論を発見。
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-264.html
和算家の入澤新太郎博篤が『ソディの六球連鎖』と同内容の算額を発表。
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-265.html
2012年9月18日、望月新一 京都大学教授が難問「ABC予想」を解明
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-602.html
2012年、山中伸弥氏が「ノーベル生理学・医学賞」を受賞
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-127.html
2009/08/14 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.