正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観。「日本の対応に間違いがなければ すべて うまくいっていた」という妄想が自虐史観。どんなに誠意ある対応をしても相手が「ならず者国家」なら うまくいかない。完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=団結させない個人主義の洗脳

ホーム 全記事一覧 << 和算家の入澤新太郎博篤が『ソディの六球連鎖』と同内容の算額を発表。 1909年10月26日、初代内閣総理大臣 伊藤博文が暗殺される。 >>
最後の給油、パキスタンの駆逐艦から「君が代」、「ジャパンコール」も!

時事ドットコム 2010年1月15日 19:55 より引用
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201001/2010011500847

【補給艦「ましゅう」(アラビア海)時事】
新テロ特別措置法の期限切れを迎えた15日、
インド洋での各国艦艇への補給支援活動は終結。
現地に派遣された海上自衛隊の部隊は最後となる939回目の
給油を実施した。

約8年間続いた任務の終了を受け、部隊指揮官は
「締めくくりとの意識があったので安堵(あんど)している」とする一方、
隊員からは「寂しい」との声が漏れた。

強い日差しが照りつけるインド洋北部のアラビア海。
海自の補給艦「ましゅう」(13500トン)は
同日午前(日本時間同日午後)、
パキスタンの駆逐艦「バブール」と合流した。「洋上給油、給水準備」。
艦内に響いた号令を受け、甲板上に整列した隊員約50人が
一斉に持ち場へ散った。

護衛艦「いかづち」(4550トン)が後方で警戒する中、
相手はテンポの速い「君が代」を流しながら、ましゅう右舷側に接近した。
距離50メートル。並走を始めると、ましゅうからロープが射出。
甲板上のタワーからワイヤが張られ、
給油ポンプがヘビのように伸びて接続した。
パキスタン側の事情で途中何度も給油が中断したものの、
2時間余りで作業は終わった。

前方へ遠ざかるバブール艦上では「ジャパン」コールがわき上がった。
ましゅう、いかづちは速度を上げ、バブールの左右を追い抜きざまに
10秒間「ブーン」と汽笛を鳴らした。隊員らは手を振り別れを告げた。

指揮官の酒井良第7護衛隊司令(47)=1等海佐=は
「正直ほっとしている」とし、
「この活動は終わったが新たな任務があると思っている」と意欲を見せた。

派遣任務は5回目となった浪江一己1等海曹(42)は
「世界に貢献しているとやりがいを感じ希望して来たので、
最後となると寂しい」と話した。


最後の給油活動を終え、パキスタンの艦艇にヘルメットを振る
海上自衛隊の補給艦「ましゅう」の乗組員(共同通信)
最後の給油活動を終え、パキスタンの艦艇にヘルメットを振る海上自衛隊の補給艦「ましゅう」の乗組員(共同通信)
2009/08/12 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.