正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観。「日本の対応に間違いがなければ すべて うまくいっていた」という妄想が自虐史観。どんなに誠意ある対応をしても相手が「ならず者国家」なら うまくいかない。完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=団結させない個人主義の洗脳

ホーム 全記事一覧 << 「満洲」は民族の名 満洲事変 >>
支那の条約違反

相手(幣原男爵)が寛大な態度を示すと言うことは、
中国人の目から見れば弱さの徴か、
あるいは収賄しようとしているかのどちらかなのだ。

さらにまた中国は既にソビエト・ロシアの不吉な影響の下に置かれていた。
彼らは平気で条約を破り捨て、外国に対する義務を無視するのである。

実際中国は、
幣原男爵が宥和や善隣友好などを口にしているまさにその時に、
日本と結んだ条約を全面的に侵害するという手段に訴えてきたのである。
次に掲げるのはこの期間に侵害された日中協定の一部リストである。

1.商業及び農業の目的のために土地を借りる権利を日本人に与えた南満州と
東内モンゴルに関する1915年「条約」の第二項と第四項の遵守を拒否。

2.日本人の経営する撫順及び煙台の鉱山産出の石炭に対してかかる輸出税を、
トン当たり10%から40%への勝手なつり上げ。
これは1911年5月に定められた「撫潤煙台鉱山に関する詳細規定」への違反。

3.南満州鉄道に平行して走る鉄道の建設。
これは1905年の北京条約議定書への違反。

4.1909年9月の「間島地域に関する協定」条項
(この協定によって中国は長春・吉林鉄道を朝鮮国境まで
延長することに同意)
の発効の拒否。この協定は1918年と1927年の新協定によって補足。

5.満州の中国鉄道で輸送される日本商品への差別。
これは1922年2月のワシ ントン九カ国条約への違反。

6.大連港の返還を要求することによって、満州に関する1915年条約の無視。

7.日本の警備兵が鉄道沿線地域から撤退することを要求。
これは1905年の協定の無視。

8.南満州鉄道沿線の日中共同鉱山事業に関する詳細な規定の交渉を拒否。
1909年9月の「満州における鉱山・鉄道に関する協定」の第四項は、
そのような規定の採用を承認。

9.大連の中国港湾関税局によるタバコへの差別的な高輸入税の割り当て。
これは1907年5月の「大連に港湾関税局を設置することに関する協定」
の第十二項への違反。

10.鉄道建設に必要な土地を南満州鉄道に売却するのを拒否。
これによって南満州鉄道は石、砂利、その他鉄道の修繕と維持に必要な物を
沿線の土地から得ることは不可能。
これは1896年9月の中露協定第六項に違反。
その条項は、1905年12月に日中間で締結された北京条約の下では、
現在でも南満州鉄道に適用可能。

11.満満州の鉄道区域外に日本人が居住し旅することを
不可能にしてしまうような秘密命令の発布。
これは1915年5月の「南満州に関する条約」の第三項への違反。

12.朝鮮人への迫害。
これは1909年9月の「間島に関する協定」の第三項への違反。

13.南満州鉄道沿線区域内での不法な税金の取立て。
これは1896年9月の中露協定の第六項への違反。
この協定は南満州鉄道にも適用可能。

14.タオナン・アンガンチ―鉄道の管理部門に日本人の交通スタッフ
または顧問を任命することを拒否。
これは満州国政府と南満州鉄道の間に締結された借款協定への違反。

15.日本が資金を出して中国が経営している
その他の鉄道に勤務している日本人の交通スタッフや会計係が、
借款協定で定められた監督権を行使するのを不可能にしてしまう。

16.撫順産出の石炭を用いて南満州鉄道が頁岩油を製造することに抗議。

17.日系資本の鉄道の売上金の着服。
これによって日本の借款業務に対する支払い停止が発生。
これらの売上金は、日本所有の南満州鉄道に平行して走る鉄道建設の
ために使用。その目的は南満州鉄道の勢力を弱めるため。

その全ての結末が1931年9月の満州事変であり、
満州国という新生国家の出現をもたらした。
これは中国の視野の狭さから起こったもう一つの悲劇の好例である。

中国は、日本が満州で合法的に獲得した権利と特権を
日本に出し渋ったことによって、
結果的には満州の全領土を失ってしまったのである。

幣原男爵が友好精神に基づいて繰り返し行った友好の申し入れに
中国がもしも応じていたならば、満州事変は決して起こらなかったであろう。

―――――――――――――――――

『シナ大陸の真相』 1931~1938年 K・カール・カワカミ著 より抜粋
2009/06/07 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.