正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 1936年(昭和11年)12月12日、西安事件。 武漢三鎮陥落 >>
1937年(昭和12年)11月、蒋介石(国民党)、「重慶政府」樹立へ。

1937年(昭和12年)12月13日の南京陥落前に南京から逃げ出した蒋介石は
最初は漢口、そして重慶に逃げ込んで重慶を首都にして重慶政府を樹立した。

重慶は山奥の都市で機関銃や大砲を作る工場もない。
日本軍に商工業の拠点すべてを占領され、奥地の重慶に撤退した蒋介石は、
普通なら武器弾薬の調達ができず、講和に望む以外なかった。

しかしながら、この蒋介石の重慶政府にアメリカ、イギリス、
ソ連(フランスもドイツに降伏するまで)が莫大な援助を行い続けた。
巨額な借款が供与され、援蒋ルートと呼ばれる道路や鉄道が開かれ、
重慶には膨大な兵器弾薬が運び込まれていた。

ソ連は陸続きで共産ゲリラを助け、飛行機も送り込んだ。
イギリスはインド・ビルマルートを通じて援助した。
アメリカは空軍部隊まで送り込んだ。
いずれも中立国にあるまじき行為だった。
特にアメリカの援助が崩壊寸前の蒋介石に抗戦を続けさせ、
日本軍を泥沼に引きずり込んだ。

日本のインドシナ進駐も、この蒋援ルート(蒋介石の援助ルート)を
止めるためであった。海南島の占領も同じ目的であった。
2009/05/23 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.