正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 中南米での大虐殺 白人(マゼラン船隊)がフィリピンまで到達 >>
1511年、ポルトガルがマラッカ王国、モルッカ諸島を占領

1511年、ポルトガルはさらに東へ向かい、マレー半島の南端に達し、
マラッカ王国(マレーシアの首都クアラルンプールの少し南)を占領し、
モルッカ諸島(太平洋上のセレベス島とニューギニア島の中央)
を支配下に置いた。

モルッカ諸島は胡椒・香辛料の一大生産地で、
ヨーロッパ人が最大の犠牲を払ってでも手に入れたい島々だった。
ポルトガルはマラッカ王国を手におさめたことで
東南アジアの香辛料によって莫大な利益を獲得し、強国となった。

それまでは胡椒や香辛料などは陸路で西へ運び、地中海を渡って
輸送していたため、価格はインドを出るときの26倍にもなっていた。

地中海はイスラム勢力に完全に制圧されていて通行が不可能だったが、
直接モルッカ諸島へ買い付けることができるようになり、
長く地中海を支配していたイスラム商人やベネチア商人の特権を奪い、
東洋の富を独占できるようになった。
2010/04/29 01:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.