正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << ●1895年~1945年、台湾統治 1903年、ロシア、朝鮮の龍岩浦を軍港化 >>
1899年10月11日~1902年5月31日、ボーア戦争(イギリス戦争=ブール戦争)
(=南アフリカ戦争)

アフリカの南端、現在の南アフリカには、
今から250年ほど前にオランダ人が入植した。
彼ら入植白人は、「自分たちこそ真のアフリカ人だ」などと言い、
「アフリカーナー」と自称した。

イギリス人は彼らをボーア人(オランダ語で「百姓」という意味)と呼んだ。

このオランダ植民地は1795年に
あとからやってきたイギリス人によって武力で奪い取られてしまった。

イギリスの支配を嫌ったオランダ人は北上して
アフリカ先住民の土地を勝手に占領し、
トランスバール共和国とオレンジ自由国を樹立した。

その後、これらの国からダイヤモンドや金が発見されると、
それをかっさらおうと考えたイギリスは自国民を大量に送り込み、
乗っ取りを図ったため1899年に戦争となった。
(イギリスはボーア戦争と呼び、オランダはイギリス戦争と呼ぶ)。

ボーア人は1902年まで善戦したがイギリスに降伏し、
イギリスは自国の自治領・南アフリカ共和国に併合した。

その結果、アフリカーナーの多くは極貧層に転落したが、
今度は敵だったイギリス人と協調して
アフリカ黒人の徹底的な収奪を通して貧困からの脱出を図った。

これが悪名高き「アパルトヘイト」である。

アパルトヘイトはアフリカーンス語で「分かれている状態」という意味で、
白人と黒人を完全に隔離するということである。
もともと黒人の住んでいた土地に
勝手にやってきて別々に住もうという超自分勝手な行為である。

現在、南アフリカの黒人は2500万人、白人は500万人、
そのうちアフリカーナーは60パーセントの300万人である。
平均賃金は白人100に対して黒人25である。

わずか5分の1の白人が全国の90パーセントの土地を押さえ、
4分の1の賃金で5分の4の黒人を働かせている。

第二次世界大戦後アフリカ諸民族は次々に独立したが、
南アフリカのみは人種差別のアパルトヘイト政策を確立した。
国際世論の激しい非難により、
白人政権が長年投獄していたマンデラを釈放して、
アパルトヘイトの廃止に踏み切ったのは1990年のことだった。
2009/02/24 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.