正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 熱河作戦 中立法 >>
1933年(昭和8年)5月3日~25日、関内作戦。

熱河作戦で関東軍は張学良軍を万里の長城以南(関内=支那本土)へ追いやったのだが、
熱河省は満州国領内で、長城の向こう側の河北省は支那(中華民国)の領域
だからという理由で万里の長城まで占領はしなかった。
熱河作戦は支那と戦争をするためのものではなかったからである。

ところが、国民政府は張学良に代えて何応欽を責任者に任命し、
5万の中央軍が万里の長城に登って、関東軍を見下ろす形で攻撃してきた。

さらに支那側は20個師団近くを集め、全線に渡って攻撃を始めた。
また、一部の軍隊は満州国領内の熱河省に入ってきた。

ここでようやく関東軍は長城を超えて進撃した。
しかし途中で止まり、万里の長城の外へ戻った。

天皇陛下が「関東軍の前進中止を命令したらどうか」
という質問の形で侍従武官に述べたため、関東軍は撤退したのである。

「日本が退いたから、このへんで手を打とう」
という発想が支那にないのは悲劇だった。退いたら必ず出てくる。

結局は万里の長城にいる支那軍を放置することができず、
関東軍は再度長城を超えて関内に軍を進め、北京のすぐそばまで迫った。

そこでやっと何応欽が停戦の提案を行ない、
1933年(昭和8年)に塘沽停戦協定が結ばれる。

華北分離
2009/01/24 21:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.