正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << パネー号事件 1938年11月4日、アメリカ、新中立法成立 >>
1938年(昭和13年)10月6日、米国の対日抗議

昭和13年(1938)秋、日本軍は漢口、南支両作戦を進め、
作戦の必要から揚子江及び珠江を封鎖した結果、
第三国の在支那権益をめぐる軋轢は避け難い状況となった。

日本と支那が事実上、交戦状態にある以上、
米英の在支権益との抵触事例が急増したのはいたしかたないことである。

このような状況が進展中の10月6日、アメリカ国務長官・コーデル・ハルは
かなり長文の覚書を日本に突きつけてきた。
それは、日本軍占領地域において差別的な為替管理、
専断的な関税改正が行われ、また特殊会社の設立で門戸開放主義が破壊され、
アメリカ国民から機会均等主義がはく奪されているとして
日本を非難するものだった。
アメリカ伝統の門戸開放主義に立つ最初の具体的な
対日抗議として注目すべき覚書である。

これに対して有田八郎外相は、11月18日、
「支那事変という非常事態においては、門戸開放主義といった観念的原則を
文字どおりに遵守することはできない」という旨の反論をした。

これはすなわち九ヶ国条約とワシントン体制そのものを
文字どおり公式に否認したに等しい。

19世紀末以来、アメリカ極東政策の基本理念たる門戸開放主義が、
従来と書く日米の東洋政策における齟齬を生んできたにもかかわらず、
日本は原則的にはその主義を承認してきた。

しかし、ここに至って遂に明言をもって
門戸開放主義を公式に否認した。まさに画期的な声明だった。
2009/01/16 21:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.