正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 日米和親条約 セポイの反乱(第一次インド独立戦争) >>
1855年、日露通好条約(下田条約)

1855年(安政2年)2月7日に日露通好条約が締結された。
この条約で、日本とロシアは初めて両国の境界を確定した。

この条約によって北方四島(歯舞、色丹、国後、択捉)は日本の領土とされ、
国後島の北方のウルップ島からカムチャッカ半島の
すぐ南の占守島(しゅむしゅとう)まではロシアの領土とされた。

つまり、日露の国境は択捉島とウルップ島の間(つまり北方領土の北側)に
置くことが決められたわけだ。

樺太は日露の共同領有(雑居地)とされた。

このため2月7日は「北方領土の日」とされている。
2010/03/09 06:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.