正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 支那事変 戦跡の栞 軍用犬「幸(さち)」 >>
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いわゆる南京大虐殺URL図書室

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

以下の東京裁判の資料が、いわゆる「南京大虐殺」とされるものです。
いま現在も中国の公式見解は変わっていません。
よって、それ以外は「あった派」が編み出したものに過ぎません。
いわゆる「南京大虐殺」の期間は、
南京陥落日から6週間と書かれていますので、
1937年(昭和12年)年12月13日から翌1938年(昭和13年)年1月24日あたり
までというのが中国側の公式な主張になります。
―――――――――――――――――
第376号(昭和23年2月18日)(抄)
E「検察側最終論告」(1)
(略)
南京強姦事件 J-61

1937年12月13日、南京が陥落した時、
同市内に在る中国軍隊の凡ての抵抗は停止しました。
同市に入城した日本兵は街路にいた民間人たちを無差別に射撃しました。
一度、日本軍が同市を完全に支配するや、
強姦、殺戮、拷問及び掠奪への耽溺が始まり、それが6週間続きました。
最初の2~3日間に2万人以上の人々が
日本軍により即座に死刑に処せられました。

6週間に南京市内とその周りで殺害された概数は、26万ないし30万で、
全部が裁判なしで残虐に殺害されたのであります。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いわゆる「南京大虐殺」の最先端の議論では、
「虐殺あった派」でさえ「民間人の大虐殺があった」という人は、
もう、ほとんどいません。
最新の、いわゆる「南京大虐殺」の議論の中心は、
一旦とらえた敵兵の処刑に関する議論になっています。

■拘束した便衣兵(民間服を着た兵)の処刑。

組織的に降伏せず、軍人が民間服を着て逃亡を企てることは国際法違反で、
しかも敵対行為です。松井石根・中支那方面軍司令官は敵兵を対象とした
軍律を制定していなかったので、軍律審判の適用対象とはなりません。
仮に裁判にかけるとしても多人数を軍律審判にかける事は能力的に困難で
あったと考えられ、この様な場合は、
軍事的必要により無裁判で処刑したとしても違法ではありません。

■便衣兵と間違えて民間人を処刑した可能性は否定できない。

兵士が民間服を着ると、兵士と民間人の違いが不明確になり、
民間人の犠牲者が増えてしまうから、
兵士が民間服を着用することは国際法で禁じられているのですから、
民間服を着て逃亡を企てていた多くの中国兵の行為が原因です。

■拘束した「軍服着用の正規兵」が多数で共謀して逃走を企てた場合。

俘虜(=条約により待遇を保証された者)であっても、
多数が共謀して逃走を企てた場合は銃殺の対象となる。

『戦時国際法提要(上)』 信夫淳平博士(国際法学者)

・・・以上は俘虜の単独逃走に係るものであるが、
俘虜が多数共謀して逃走を企図する場合は自ら別である。
この場合は危険の重大性に鑑み、陰謀罪として俘虜収容国の
陸軍法規に依り之に刑罰を課するに妨げない。
その刑罰は概して銃殺である。
米国の「陸戦訓令」第77条第2項に
「然れども共同的若くは全般的の逃走を目的とする陰謀にして
発見せられたる場合には、陰謀者は之を厳刑に処すべく、
之を死刑に処するも妨げず。俘虜にして捕獲国の権力に対し
謀反を企図することが発見せられたる場合には、
その企図が同国人たる俘虜と共謀すると
他の人々と共謀するとを問はず、
死刑を之に加ふることを得。」とあり、
独逸の「陸戦慣例」にも同様の規定がある。

―――――――

1937年12月16日に起きた中国敗残兵収容所の火災が、逃亡のため、
多数が共謀して逃走を企てた火災であるなら処刑の対象となります。

もともと食糧不足だったことに加えて、
火事で収容所の3分の1が消失したことは、
敗残兵の管理を更に困難なものにする追い討ちをかけるような出来事でした。

多人数を軍律審判にかける事は能力的に困難であったと考えられ、この様な
場合は軍事的必要により無裁判で処刑したとしても違法ではありません。

■拘束した「軍服着用の正規兵」

大量の敗残兵をかかえた場合、食糧不足や収容施設の不足は、大量の敗残兵の
管理を極めて困難にする事態で、しかも蒋介石軍の精鋭部隊が多く紛れ込んで
いたことも勘案すれば、もし仮に釈放すると、また武器を取って敵兵となり、
また戦わなければならなくなり、味方に多くの戦死者が発生する恐れが
あります。よって軍事的必要により処刑したとしても違法とはなりません。

まだ戦争は終わっていなかったのです。

批判されるべきは、
◆支那事変の発端である第二次上海事変を起こした蒋介石
◆日本軍の降伏勧告を無視した唐生智
◆安全区に侵入した中国便衣兵
◆中国便衣兵の安全区への侵入を許した安全区委員会
のほうです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
--【オイラの!】2chネラーなりに一生懸命調べた南京事件【完全否定論】--
http://oira0001.sitemix.jp/
━─━─━─━─━─━―━―━―━―━―━―━
オイラさんがホームページ
--【オイラの!】2chネラーなりに一生懸命調べた南京事件【完全否定論】--
を作成した経緯
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-607.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

グースさんの『南京事件捏造問題を考察してみるHP』
http://www.geocities.jp/nankin1937jp/
中国軍の清野作戦(=三光作戦、焦土作戦、燼滅(じんめつ)掃討作戦)
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-322.html
南京大虐殺の背景
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-511.html
南京大虐殺とは?
http://sound.jp/sodaigomi/ch/nankin/nankin.htm
南京大虐殺はウソだ!
http://www.history.gr.jp/nanking/
★【まとめ】いわゆる「南京大虐殺」について http://bit.ly/1PidJgM
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-504.html
★戦数(戦争の必数) http://bit.ly/1P11qFK
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-697.html
★いわゆる「南京大虐殺」関連 http://bit.ly/1RdAwI7
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-122.html
★いわゆる「南京大虐殺」関連_2_東京裁判関係 http://bit.ly/1Pw0IPU
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-248.html
★いわゆる「南京大虐殺」関連_3 http://bit.ly/1NKqrVl
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-249.html
★いわゆる「南京大虐殺」 追加資料 http://bit.ly/1NIxI89
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-583.html
南京の人口推移
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-123.html
70年目の証言
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-124.html
南京入城者の証言
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-250.html
ウソの報告を信じた政府や軍の高官たち
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-606.html
南京安全区 国際委員会
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-251.html
南京にいた欧米人が家族に送った手紙
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-617.html
いわゆる南京大虐殺 捕虜の釈放
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-256.html
いわゆる南京大虐殺の、いわゆる幕府山における山田支隊の捕虜処断について
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-255.html
いわゆる「南京大虐殺」_動画集
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-126.html
いわゆる「南京大虐殺」_サイト集
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-125.html
日本人の武士道精神
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-257.html
南京虐殺 「洗脳」の連鎖
http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/nanking/frame8.html
今尚進行するWar Guilt Information Programに
対抗する為の資料収集を目的とするサイト。
http://1st.geocities.jp/nmwgip/index.html
『南京大虐殺は真実ではないと思う理由』 鈴木史朗(フリーアナウンサー)
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-566.html
NHKが関与した恐るべき「黙示録」
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-521.html
南京事件・戦時国際法上合法説の詳解
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-512.html
敵兵を拘束した段階では俘虜ではなかった。
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-543.html
戦闘中に集団で捕えられた敵兵の処断
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-513.html
戦争法の基本問題
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-514.html
原剛氏による虐殺否定論者に対する批判についての考察と反論
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-515.html
安全区国際委員長、ジョン・ラーベ
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-503.html
元ニューヨーク・タイムズ記者、ティルマン・ダーティン氏
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-502.html
英マンチェスター・ガーディアン紙・中国特派員、H・ティンパーリー
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-501.html
南京安全区国際委員会・宣教師・南京大学教授、シール・ペイツ
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-500.html
南京安全区国際委員会委員、ジョン・マギー牧師
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-506.html
ほかの安全区国際委員会メンバー
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-499.html
南京安全地帯の記録
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/NSZ.html
スマイス調査
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-498.html
南京アメリカ大使館通信~エスピー報告
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/SP.html
スティールの記事
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/Stl.html
カボット・コヴィルの南京旅行記
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/Cov.html
マッカラムの手紙
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/Mac.html
ローゼンの反日エピソード
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/Rosen.html
「岡村寧次大将資料」について
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-509.html
畑俊六 陸軍大将、岡村寧次 大将
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-556.html
日高信六郎
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-497.html
「婦女暴行ノミニテモ百餘件ニ上ル」
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-496.html
食糧などの補給と調達
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-495.html
中国のウソ宣伝
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-558.html
いわゆる「百人斬り」について
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-748.html
いわゆる「百人斬り」についての検証資料 『プロパガンダ写真館 軍刀編』
http://resistance333.web.fc2.com/propaganda/guntou1.htm
http://resistance333.web.fc2.com/propaganda/guntou2.htm
出版物への反論の出版物
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-542.html
日本は断固として反論し、正当性を主張していかなければ、
日本、そして世界中にいる日本人の将来の安全や経済活動に、
多大な悪い影響を及ぼすことが懸念される。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4512.html
「虐殺あった」資料への反論
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-609.html
中学【自虐】歴史教科書に反論!
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-615.html

中国の便衣兵、督戦隊(とくせんたい)、清野戦術
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-472.html
中国軍の清野作戦(=三光作戦、焦土作戦、燼滅(じんめつ)掃討作戦)
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-322.html
1938年(昭和13年)11月13日、長沙焚城(長沙大火)
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-473.html
非道の中国軍から中国人を守った旧日本軍
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-128.html
日本人の武士道精神
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-257.html
いわゆる「南京大虐殺」関連ニュース
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-696.html

中国で南京大虐殺は聞いた事ない。満州は素晴らしかった。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12045910


4度あった南京事件
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1452.html


いわゆる「南京大虐殺」

民間人の無差別虐殺はありませんでした。

1937年、南京攻略戦に参加した日本軍、松井司令官の横には、
国際法の権威であった齋藤良衛博士が必ずいました。
南京城壁を取り囲んだ日本軍は、
攻め込む前の12月9日、空から手紙を散布して中国側に降伏を促しています。
回答期限の12月10日の正午までに返事が得られなかったので、
残念ながら攻め込む結果になってしまいましたが、それでも
南京安全委員会から要請があった避難区と重要歴史物への攻撃は避けました。

下記は、防守都市で無差別攻撃が可能であった安全区に対し、
日本軍が砲撃による無差別攻撃を自制した事を証明する重要な文書です。
それは同時に、南京城内で数万人規模の虐殺が
行われ得ないことの状況証拠でもあります。
なぜなら、手っ取り早く虐殺するには、一か所に集まっている安全区に
砲弾で無差別攻撃を仕掛ければ済むからです。
兵士も民間人も関係なく大虐殺をするのなら、
便衣兵の摘出(兵民分離作業)をする必要などなかったのです。

●国際委員会の委員長ジョン・H・D・ラーベ氏は、
国際委員会を代表して次のような書簡を日本軍に送りました。

「法廷証」323号=検察番号1744号抜粋で弁護人が朗読。
(極東国際軍事裁判速記録210号)

「拝啓 私どもは貴下の砲兵隊が安全地区を攻撃されなかったという
美挙に対して、また同地区における中国民間人の援護に対する
将来の計画につき、貴下と連絡をとり得るように
なりましたことに対して感謝の意を表するものであります。」

―――――――――――――――――

国際法学者の佐藤和男氏は
「伏敗残兵の摘発・ 処刑は、違法な虐殺行為ではないと考えられる」
という見解を述べています。

2001年3月号 正論 P317

「南京事件と戦時国際法」 佐藤和男 著

兵民分離が厳正に行われた末に、変装した支那兵と確認されれば、
死刑に処せられることもやむを得ない。
多人数が軍律審判の実施を不可能とし【軍事的必要】・・・

軍事史研究家の原剛氏は、多数の便衣兵の集団を審判することは
「現実として能力的に不可能であった」と認めている・・・、

また市街地における一般住民の眼前での処刑も避ける必要があり、
他所での執行が求められる。

したがって、間題にされている潜伏敗残兵の摘発・処刑は、
違法な虐殺行為ではないと考えられる。
―――――
その二は、戦闘中に集団で捕えられた敵兵の処断である。
同じように戦闘中に捕えられながらも釈放された支那兵が
多数いたことを見れば(前出『南京戦史』第五表を参照)、

日本軍の側に捕えた敵兵を組織的に
絶滅させる計画的な意図が無かったことは明白である。

具体的な 熾烈な戦闘状況を調べてみると(本稿では詳述する余地がない)、
日本軍の関係部隊には緊迫した【軍事的必要】が
存在した場合のあったことが知られる。

―――――【軍事的必要】とは?――――――――――――

『国際法Ⅲ 田岡良一著 P352』

「戦争法規は戦時に通常発生する事態における
【軍事的必要】のみを考慮して、
その基礎の上にうち建てられたものであるから、
より大きい【軍事的必要】の発生が
法規の遵守を不可能ならしめることは実際に必ず生ずる。
この場合に法規は交戦国を拘束する力を失う。

―――――――――――――――――

『南京事件と戦時国際法』 国際法学者 佐藤和夫

五、結論的所見

これまでに概観した戦時国際法の関連法規に照らして、
南京攻略戦での日本陸軍の行動の一部始終(詳述は割愛)を点検すると、
きわめて厳しい軍事情勢の下にありながら、
戦闘部隊が交戦法規の遵守に非常に慎重な考慮を払い、
激戦中にも能う限りの努力をそのために払った事実が明らかにされ、
筆者などむしろ深い感動を覚えざるを得ないのである。

―――――――――――――――――

『正論』平成13年3月号 P313『南京事件と戦時国際法』 国際法学者 佐藤和男
http://www21.atwiki.jp/nankin1937/pages/16.html
戦争犯罪は、それを実行した個人が責任を問われるというのが原則であり、
軍隊構成員という国家機関の行為でも、
責任は国家に帰属せずに個人責任が問われるのが常である。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

支那国民党は南京戦を挟む1937年12月1日から1938年10月24日までの約1年間に
約300回も外国人記者などに記者会見をして日本の悪事を宣伝しましたが、
1回も南京で虐殺があったとは言いませんでした。
―――――――――――――――――
国共合作下の支那国民党は南京戦直前の1937年11月、
中央宣伝部に国際宣伝処を設置しました。
国際宣伝処の極秘文書『中央宣伝部国際宣伝処工作概要』によりますと、
南京戦を挟む1937年12月1日から1938年10月24日までの間に、
国際宣伝処は漢口において約300回の記者会見を行い、
参加した外国人記者・外国公館職員は毎回平均35名と記録されています。
しかし、この約300回の記者会見において、ただの一度として
「南京で日本軍が市民虐殺を行なった」とか「捕虜の不法殺害があった」
などという発表はされたことがありませんし、外国人記者から
「南京大虐殺」に関する質問があったという記録も全くありません。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2~3ヶ月の間に数万件の強姦が発生したのなら、
その10ヶ月後に出産する女性が劇的に急増するはずです。
同時に性病の流行も引き起こします。

1945年のベルリン陥落時、
約10万人のドイツ女性がソ連兵に強姦され、約1万人が自殺しました。
その10万人の強姦を受けた女性たちの23%が妊娠し、
そのうちの31%が中絶し、残りのほとんどがソ連兵の子供を生みました。
これらの事実は、
ベルリンの病院に残された産婦人科の受診簿が語っています。

アイリス・チャンは南京で2万から8万人の女性が
日本兵から強姦を受けたと主張していますが、
ベルリンの事件から考えると、
事件の10ヶ月後には、数千から2万人近くの日本兵の子供が
一斉に生まれる現象が南京で起きたはずです。
しかし、そのような記録はありません。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いわゆる「虐殺あった派」も、
南京の「民間人」虐殺はなかったと認めている人が多い。

現在の論争の中心は、
敵兵が降伏してきたのではなく、こちらから便衣兵を発見して捉え、
一旦、拘束した敵兵を処刑場所まで連行して処刑した行為が、
国際法違反にあたるのかが最大の焦点になっていると思われる。

反論としては、

【1】戦闘中であった。
戦闘中、降伏せずに民間服を着て逃亡を企てて潜伏しており、
それは明らかな敵対行為であり、即時殺害でも当然である。

【2】戦数理論(=戦時非常事由、交戦条理)。
たとえ軍服の敵兵が投降してきたとしても、
その人数が1万人など大量の捕虜をかかえることになると、
拘束しておく場所や食料調達などの管理が困難になる。
かといって自由に釈放すると、また武器を取って攻撃して来る恐れもある。
まだ戦争は終わっていなかったのだ。
したがって投降の拒否をして処刑しても、
やむを得ない場合が生じることも考えられる。
このように戦争時の「やむを得ない行為の発生」を認めざるを得ないという
考え方が、いわゆる「戦数」理論(=戦時非常事由、交戦条理)である。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

おもな南京事件は下記3つあります。
◆1913年(大正2年)8月の南京事件
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-604.html
◆1927年(昭和2年)3月24日の南京事件
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-107.html
◆1937年12月~の「いわゆる南京大虐殺(南京事件)」
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-518.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【神回】2013.4.10 衆議院予算委員会 自民党:西川京子
http://www.youtube.com/watch?v=yjlfazMLo-c
2013.4.10 衆議院予算委員会 西川京子議員(自民
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20571166

【神回】2013.4.10 衆議院予算委員会 日本維新の会:中山成彬
http://www.youtube.com/watch?v=lWZ7ZFRGcwo
H25/4/10 衆院予算委集中審議・中山成彬【南京事件の大嘘!】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20571834
2013.4.10 衆議院予算委員会 中山成彬議員
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20571735

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

尖閣諸島が日本の領土である根拠
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-86.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

強制連行と従軍慰安婦・URL図書室
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-157.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

戦争中に敵の正規兵を殺害することは問題ありませんし、
敵兵を捕虜にするかどうかは、こちらの兵の判断として認められていました。

交戦資格のある者だけが捕虜になる資格がありましたが、
民間服を着た敵兵は交戦資格がないので
捕虜になる資格はありませんでしたし、

たとえ捕虜になったとしても、
1907年ハーグ陸戦条約や1929年ジュネーブ俘虜取扱条約には、
「捕虜を裁判にかけなければならない」という規定はありません。

多くの中国兵が民間服に着替えて安全区に潜伏していたから
日本軍は兵民分離しなければなりませんでした。

兵も民間人も関係なく大虐殺するのなら兵民分離する意味はなく、
安全区ごと砲撃すれば済むことでした。

敵兵に間違われて殺害された民間人がいたのなら、
そもそも多くの中国兵が民間服に着替えて
安全区に潜伏していたのが原因です。

便衣兵戦術は民間人の被害が増大するから禁止されているのです。

もし、敵対する意思がないのなら組織的に投降すべきでした。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

旧日本軍が民間人を殺害したというのなら、
その死因を明らかにしなければならない。

剖検したのか、その結果何がわかったのか、
そういう証拠を示さなければならない。

おかしなことに、死因を明らかにした書面が一切示されていない。

そんな連中の言うことを誰が信じる? ということだ。

医学的に他殺であるとの証拠は出てこない。

原爆の場合、原爆病院の前身となる病院で剖検している。
焼け野原にある崩れかけた病院の一区画に剖検室を作っている。

南京の場合は不思議なことにプロトコール、
すなわち剖検記録といったものが出てこない。

検案書すらないのに、死因も何も解明されていないのに、
なぜ虐殺であると断定できるのか?

他殺だと断言するのであれば、誰がどのようにして死んだのかを
明らかにしないと話が始まらない。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いわゆる南京大虐殺URL図書室
http://bit.ly/1k6AVBY
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-518.html
2008/12/20 21:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.