正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 小野田寛郎 「私が見た従軍慰安婦の正体」 (「正論」2005年1月号より) 超短縮版『大東亜戦争にいたる大まかな流れ』 >>
「血盟団事件 五・一五事件 二・二六事件」の大きな流れ。

・1932年(昭和7年)2月9日、血盟団事件
・1932年(昭和7年)5月15日、五・一五事件
・1936年(昭和11年)2月26日、二・二六事件

■原因

1.弱腰外交、国防軽視への不満。
2.世界恐慌による不況で貧富の差が、ますます激しくなっている事への不満。

世界恐慌で国民の生活が困窮していくなか、
ソ連の五ヵ年計画が成功しているように見えて魅力的なものだった。

世界大恐慌は保護貿易思想が大きな原因だったのだが、
あたかもマルクスの「予言」が的中したかのように理解され、
マルクス主義のプレステージを高めてしまった。

日本のインテリもマルクスに傾倒した。
日本の青年将校までも支配階級、資本家、政治家が悪いから、
自分たち兵士の実家が貧乏なのだと思い込まされてしまう。

政治家は無能で私利私欲に没頭して財閥に操られ、
マスコミも財閥の支配下にあるから
何とかしなければならないという義憤にかられた。

■目的

天皇を頂点とする社会主義的政策を目指す。

■手段

・陸軍の統制派(上層部)は合法的に目指す、いわば穏健派。
・陸軍の皇道派(中堅の青年将校ら)は非合法で目指す、いわば急進派。

■結果

皇道派がクーデターを起こして自滅したが政治家はビビってしまい、
統制派の政治的な影響力が増大し、
天皇を頂点とする社会主義を目指しやすくなった。
2008/12/12 12:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.