正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観。「日本の対応に間違いがなければ すべて うまくいっていた」という妄想が自虐史観。どんなに誠意ある対応をしても相手が「ならず者国家」なら うまくいかない。完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=団結させない個人主義の洗脳

ホーム 全記事一覧 << 外国から見た日本_11 廊坊事件 >>
中国人と日本人、外国人はどうやって見分ける?

Record China 1月16日(月)12時8分配信

2012年1月13日、中国人ブロガーが
「外国人は中国人と日本人をどうやって見分けるか?」
と題した記事を中国のブログサイト・新浪博客に掲載した。以下はその内容。

フランス人の友人が「もしパリの街角でアジア人を見かけたら、
その人が中国人か日本人なのかは見ただけでわかる」と私に言いきった。

その見分け方には3つのポイントがあるという。

1つは服装と印象。

エレガントな印象なら日本人、だらしない印象なら中国人。
日本人はたとえノーブランドの服を着ていても清潔で、
肌も白く、ヘアスタイルも決まっている。

中国人はスーツを好んで着用しているが、ピシッとした感じがしない。
ヘアスタイルや身だしなみに全く無関心で、
だらだらと疲れた感じで歩き、とにかくだらしない。

礼儀正しく、謙虚で、話し声が小さいのが日本人。

ところかまわず座り込み、歩きながらつばや痰を吐き、
怒鳴り声で話すのが中国人。

日本人はすすんで他人に道を譲り、信号を守り、礼儀正しく忍耐強い。
目が合うと優しく微笑んでくれる。

中国人は他人を押しのけて我先に歩き、
マナーやエチケットなど完全に無視。目が合えば、にらみ返してくる。

眼前にある芸術品をしっかり鑑賞し、写真撮影も遠慮がちに行い、
その土地の文化や環境を尊重するのが日本人。

芸術品の前で大騒ぎするだけで鑑賞もせず、
写真を撮ったらすぐに去るのが中国人。

日本人は芸術を理解しているが、
中国人は「見た」事実だけが大事。芸術そのものには何の関心もない。

国民のイメージは国や民族の価値を決定する重要なポイントだ。
友人の話で私はそれを痛感した。

西洋人にとって、かつて日本人が過去にアジアにもたらした厄災や、
それをいまだに謝ろうとしないことなどは関係ないのだ。

このままではわれわれ中国人は不利になるばかり。
中国人のイメージアップを真剣に考えなければならない。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【参考】 4/6 暗黒大陸
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-188.html
2008/10/30 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.