正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 廊坊事件 敗戦後の惨状 >>
1937年(昭和12年)7月26日、広安門事件

【広安門事件の概要】

1937年(昭和12年)7月26日、
国民党軍の依頼を受けて広安門居留民保護に駆けつけた日本兵が、
広安門で国民党兵に襲撃された事件。

支那側の市当局と交渉し、居留民保護のため、
日本兵が26台のトラックに分乗して現場に向かった。

城砦都市の門が閉められていたため、城砦側の国民党と交渉し、
了解を得て、門を開けてもらい、トラックを中に進ませた。

すると、約3分の2のトラックが城門をくぐったところで、
突然、城門が閉ざされた。

城門の上や、塀の上から、
不意打ちに国民党軍が手榴弾や機関銃で猛射を浴びせてきた。

この事件で、日本側は、兵士15名が死亡。
他に民間人の通訳、新聞記者など4名の、合計19名の命が失われた。

●〓〓〓以下は削除されたWikipedia「広安門事件」より引用〓〓〓〓〓

1937年7月26日に北平旧市街の西側の高層門の広安門において勃発。

日本側は北平市内の日本居留民50数名を保護するため、
中国側の同意を得た上で支那駐屯歩兵第2連隊第2大隊を
豊台から北平に移動することにした。

桜井徳太郎中将
(支那駐屯軍司附、第29路軍顧問、ホペイ=チャハル作戦委員を兼任)は、
攻撃の口実が欲しい中国側を牽制するため
非武装で通訳1名と共に広安門の上に登った。

中国側の指令の取り消しなどによる混乱の後、
日没以前にトラックに乗って到着していた日本軍のために
門を開ける手はずを桜井は整えた。

最初の車両が外側の門を通過して二番目の門に近付いた時、
城門上の中国軍は日本のトラックに対して機関銃や手榴弾で攻撃を始めた。

中国側によって内門が閉じられる前に大隊のおよそ半数が
(攻撃の中を猛スピードで)2番目の門を越えた。

「その突然の出来事に驚いた」桜井と中国側将校は両側の壁から
日本軍目掛けた攻撃を停止するよう働きかけた。

そして近代日本軍の記録で最も劇的なエピソードを展開した。
桜井自身はその光景をこう語っている。
―――――――
「中国人数人が私と通訳の川村の側に来て「日本人を殺せ」と叫んでいた。
王隊長を制止して中国兵をコントロールしようとしたが無駄であった。

第132旅の中国兵が10メートルの距離から発砲して来た。
そして機関銃・・・二階建ての門の・・・北側で攻撃を始めた。

川村はそれを止めようとして銃弾数発を受けたようである
(註:この通訳はその時殺害されている)、
同じ方向から槍とピストルを持った中国兵数人が私達目掛けて突進して来た。

西側の二階建ての門から10人以上の中国兵が来て
銃弾一発が私の足に当たった。
もはやどうにもならないないため、王隊長を投げ飛ばし
二つの門の間に10メートル以上の高さを飛び下りた。
私はコンクリートで右足を骨折した・・・そして右肩を打撲した。

・・・私は攻撃に晒され城壁の上の中国兵は手榴弾を投げて来た。
・・・私は死角を探すため小屋に入った
・・・そして棒やレンガを防衛のために確保した。
もし城壁の上に留まっていたら殺されていたことだろう」
―――――――

剣道と陸上の達人である桜井は当時41歳、丁度昇進した時期であった。
橋本群将校は「広安門事件」を
「最も悪意に満ちた奇襲である。我々は17人の死傷者を出した
(2人が死亡、そして2人のジャーナリストが殺害された)」と語った。

7月29日までに
日本軍は中国軍を北平と揚子江の左岸から追い出したことも特記する。
2008/10/28 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.