正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 経済水域内でエネルギー・資源を調達! 『私が鎖国を希望する理由』のコメント欄での議論 >>
『私が鎖国を希望する理由』

賛成してくれる人は少ないですが、自分では真面目に考えてのことです。

まず、私の結論というか、
希望を箇条書きにすると下記のような感じになります。

◆「スパイ防止法」制定
◆「潜水艦発射の核武装」の実現
◆海底のエネルギー・資源の開発と食料自給率100%を達成して鎖国希望

なぜ私が鎖国を希望するのかというと、
【他国と関わらない】のが一番いいと思うからです。

国によって、それぞれの伝統、文化、習慣、暮らし方、考え方があります。

それぞれの国が自給自足し、自国内の伝統、文化、習慣、暮らし方、
考え方などを守りながら一生を終えるということでいいのでは?

まあ、他国がどうであろうと、
日本人が一致団結して頑張れば、決して不可能ではないはずです。

武力による侵略だけが侵略ではなく、経済的な進出も侵略ではないか?

経済的な進出も、その国の伝統、文化、習慣、暮らし方などを
徐々に変えていくことになります。

なぜ他国と関わらなければならないのか?

アルジェリアで日本人が殺害されましたが、
それを実行したテロ組織は、いったい何が目的なのか?

テレビや新聞が本当のことを伝えているとは思えないし、
なにが真相なのかははかりかねますが、
なにかアルジェリアとの交渉が行き詰まり、
相手が強硬な手段に出た謀略かもしれないし、
どこかのライバル的な国による謀略なのかもしれませんが、
彼らには【彼らなりの正当な理由】があるのかもしれません。

たとえば、「イスラム世界が侵略されている」
と受け止めている可能性もあります。

先進国は、その土地の者と契約を交わし、金や物を渡し、
資源を採掘し、利益を得て、必要なものを手に入れているだけであり、
先進国の正当な手続きにさえ沿っていれば、
何も悪いことはしていないはずです。

しかしながら、その土地の者たちには「変えられたくない」という
強い意志があったとして、その者たちにしてみれば「契約」など関係なく、
宗教のほうが上位にあって、抵抗の手段として実力で戦うことが
正義であると信じているのならば、
そこには彼らなりの正当性が存在するのでしょう。

「厳格なイスラム国家」があってもいい。
その国の女性たちが頭を布で覆っていても日本には関係ない。
なぜ、そうするのか聞く必要もないし、
逆に、なぜ、そうしないのかと聞かれる必要もない。

その国はその国でやっていればいいのであり、
他国とは関わらず、日本は日本で生活していればいい。
お互いに関わらなければいいだけのことです。

私は鎖国すべきだと思いますが、
もし鎖国をしないとなれば、どういう方向に行くのでしょう?

イスラム側の気持ちを考えながら
日本的な解決法を進めることはできるでしょうか?

それは、おそらく無理で、
欧米とともに「テロとの戦い」を掲げるしかありません。

現地の軍隊が頼りない、もしくは信用できないのであれば、
直接、日本軍が、外国に駐在する日本人を守りに行くのでしょうか。

本当に、本当に「正義の戦い」になればいいのですが、
そのうち、アメリカ兵の犠牲者を減らす目的もあって、日本兵が駆り出され、
世界で共同作戦を行なっていかざるを得ない状況になりはしないか?

アメリカに守ってもらっているということは、
日本は真の独立国ではありません。

アメリカ国債を買わされたり、物を高価格で買わされたり、
技術を提供させられたり、航空産業は抑制しろと言われたり、
韓国と仲良くしろと言われたり、
日本国民が見えないところで絶対に何か要求を呑まされているはずです。

共産主義は「平等、人権」を掲げて伝統・文化を破壊する侵略で、
新自由主義も利益至上主義で伝統・文化を破壊する侵略です。

日本は世界でも稀にみる、ほぼ単一民族で、長い歴史を持つ国家です。
天皇陛下を頂点とする権力分散の独特な体制で真の独立を果たし、
鎖国を目指すべきだと思うのです。

━─━─━─━─━─━―━―━―━―━―━―━

日本は欧米に侵略されないように、
一旦、欧米のグローバルスタンダードに合わせました。
そして何とか乗り切れたと思います。
また鎖国しないと、どんどん欧米の世界基準の国になっていき、
日本がなくなっていく気がしてなりません。

カダフィ大佐の演説は泣けてきます。
http://bit.ly/14g0KDb
カダフィ大佐の夢は二度と戻らない
http://bit.ly/10NBmQG
カダフィが殺された訳
http://bit.ly/11YyvcN

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

カダフィ大佐の夢の国だったリビア

●全国民、電気代無料。

●銀行は国営で、全国民に対する融資の金利は法律で0%と決められていた。

●新婚夫婦には一律500万円が与えられていた。

●教育、医療は無料。

●農業をしたい人には農地、家、器具、種、家畜が無料で与えられていた。

●外国の学校や病院に行きたい場合は、
政府が資金を出し、月額20万円が支給されていた。

●ガソリンは、リッター10円。

●リビアには対外債務はなく、
1500億ドルの資産があったが、現在は世界的に凍結されている。

●学校の卒業後、就職できなければ、
就職できるまで国が平均給与を本人に支払っていた。

●リビアの石油の売り上げの一部は、
全国民の銀行口座に直接、振り込まれていた。

●子供を生めば、母親に50万円が支払われていた。

●リビア人の4人に1人は大学の学位を持っている。

●砂漠国家のリビア国内の、どこでも水を得られるようにするため、
世界最大の灌漑プロジェクト(人工河川計画)を遂行した。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

日本は1858年の開国によって、「伝統・文化の破壊」という意味では、
侵略を受けたといってもいいのかもしれません。

日本は他国を侵略するどころか鎖国して、
江戸時代は250年間も平和な時代が続き、
自国内で自給自足して繁栄していました。

先人の方々は、ほかのアジアのように、
日本が欧米列強の植民地にならないように欧米に合わせて
「欧米化」して頑張ってくれたのだと思います。

鎖国時代に平和ボケしてしまい、
武器は華麗な装飾をした美術品となっていましたが、
国防を怠っていなければ鎖国を続けられた可能性はあります。

いまさら江戸時代の暮らしには戻れませんが、日本人が一致団結すれば、
私は日本人だけで平和に楽しく暮らせるのではないかと思っています。

━─━─━─━─━─━―━―━―━―━―━―━

アンケート 「日本は鎖国すべきか?」
http://sentaku.org/seikei/1000036198/
なぜ、鎖国こそが理想で、今それが不能なのか?藤井聡・京大教授
http://www.youtube.com/watch?v=8ndyzFBTuTY
超人大陸 平成23年3月14日号 『津田幸男・筑波大教授が語る 鎖国のすすめ』
http://www.choujintairiku.com/tsuda11.html
「鎖国のススメ」ー世界から影響を受けずに、日本人らしく生きる社会をー
http://blog.goo.ne.jp/yamato528/e/5fe138edb1e2abe25dd2483cebcf5e9b
ねずさんの ひとりごと 「鎖国と開国の相克」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1675.html

外国人が住む町
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-275.html
「危険な外国人参政権」と「恐怖の人権機関」
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-277.html
中国で根絶やしにされた孔子の理想は、日本で花開いていた。
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-421.html
社内公用語
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-552.html
言語としての日本語、そして外国語との比較。
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-608.html
漢字と格闘した古代日本人
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-535.html

外国から見た日本_1
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-174.html
外国から見た日本_2
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-175.html
外国から見た日本_3
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-176.html
外国から見た日本_4
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-390.html
外国から見た日本_5
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-391.html
外国から見た日本_6
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-392.html
外国から見た日本_7
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-394.html
外国から見た日本_8
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-395.html
外国から見た日本_9
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-396.html
外国から見た日本_10
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-403.html
外国から見た日本_11
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-571.html
外国から見た日本【現代版】
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-177.html

平和と環境保全のモデル社会 『江戸』
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-537.html
平和の海の江戸システム
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-400.html
花のお江戸はボランティアで持つ
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-399.html

第二次世界大戦後の中国年表
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-191.html
急げ核武装!
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-505.html

スウェーデンの悲劇。外国人参政権、人権擁護法案、移民1000万人受け入れの未来。
http://www.youtube.com/watch?v=KeLL6hNVrwc
スウェ-デン人の半数が軍隊による町のパトロ-ルを望む
http://www.youtube.com/watch?v=lsshD97rDuU
【移民受入れ阻止!】~デンマークの惨状
http://www.youtube.com/watch?v=zvmNDKb6_q4
やがてベルギー人のいなくなる町 ベルギーの首都ブリュッセル
http://www.youtube.com/watch?v=eXKSQ8lxwDU
こうして治安は崩壊し、国家は死に至る ベルギー ブリュッセル
http://www.youtube.com/watch?v=qAOxOKWW0IM

スパイ防止法を制定せよ!
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-592.html

日本を守る保守の経済
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-612.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

効率よく「石油」作る藻、筑波大発見 代替燃料に期待
生産コスト1リットル50円程度
【日本経済新聞 2010/12/15】
http://www.nikkei.com/article/DGXDASDG14047_U0A211C1CR8000/

日本が1Lの海水から2500Lの石油エネルギーを取り出す核融合を開発!
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-7206.html

京都大学、炭酸ガスと水で石油の合成に成功 /3円の電気で100円の石油
京都大学名誉教授の研究グループが、炭酸ガスと水を使い
効率的に石油を合成することに成功したと発表しました。
合成に成功したのは、今中忠行・京都大学名誉教授の研究グループです。
今中教授によりますと、水と石油を混ぜ合せた物質に炭酸ガスを含ませる
手法により、水分が減少し、石油の分量が増えたということです。
今回、開発された手法により、炭酸ガスと水と石油から化学合成でき、
低コストでエネルギーを生み出せるようになります。
合成油は精製する必要がなく、硫黄や窒素成分を含まないので
燃焼時に地球温暖化ガスも出ないということです。
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1443829340/

太平洋側にあるメタンハイドレートは
泥の中に砂と一緒に混じっているので取り出しにくいのですが、
最近になって分かった日本海のほうのメタンハイドレートは
「塊」で存在しているので、そのまま使えます。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1281.html
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1301.html

日本が世界最大の資源国へ!!
日本の経済水域から3京3200兆円分の天然ガスが発見される。
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1337521058/

日本は資源大国 南鳥島沖でレアアース200年分埋蔵。
加藤泰浩東大教授ら発見
JC-NET 2012年6月29日
http://n-seikei.jp/2012/06/200-5.html

放射能のホントの話 http://bit.ly/1MWGNJj
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-593.html

【古川和男】原発安全革命~トリウム原発への道[桜H23/9/1]
http://www.youtube.com/watch?v=NhFw32vjyUQ
トリウム熔融塩炉の開発の現状について
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2013/siryo17/siryo2-2.pdf

海藻や海水からウランを採取できます。
技術的に可能で、最大の課題のコストも
大幅に削減できることが最近の研究で分かってきました。
http://bit.ly/WZq8Hi
海水からウランを採取する研究が、実用化まであと一歩。
http://bit.ly/VNtxhu
海水ウランの捕集技術(PDF)
http://bit.ly/1KAUhEP
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2009/siryo20/siryo1-1.pdf
日本も資源大国なるぞ。海に眠るウラン
http://bit.ly/WXmlNH
「海水 ウラン」で検索 http://bit.ly/1Rt20JS

米国がレーザー核融合に成功、電気出力500テラワット!
米国消費電力の1000倍を供給!
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1723157.html
世界最大のレーザー核融合施設である米国国立点火施設(NIF)は
このほど、米カリフォルニア州でレーザ―光線192本を
放射する実験に成功した。
これは、「衝撃点火」方式による人類史上
もっとも威力のあるレーザー光線の放射で、
核融合を利用したエネルギー変換の歴史を
大きく変えるものと期待されており、将来的に、人類はこの方法を利用し、
クリーンエネルギーを手にすることが期待できる。
中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。
5日に行われた実験でのレーザー放射時間はわずか230億分の1秒で、
米国全土の消費電力量の1000倍以上に相当する
500兆ワットのエネルギーが放出された。
マサチューセッツ工科大学(MIT)の科学者は
「実験の成功に興奮している。以前なら、こんなことは
太陽や惑星の中心部でしか起こり得なかったことだ」と話す。
NIFが設立された目的は、恒星の中心部で起きているレーザー核融合反応を
人工的に起こすことによって、クリーンエネルギーを生産するという
偉大な夢を実現することだ。
人類は今後、実験室で人工的に核融合反応を起こし、
巨大なエネルギーを作り出すことができる。
「使い切れない」と言ってもいいほどのクリーンエネルギーを手にし、
エネルギーの新時代を切り開くことも夢ではない。

水素エネルギー http://bit.ly/1NYETcC

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

先進国は途上国から食料を輸入した方が安く買えるのに、
なぜ欧米諸国は補助金を惜しみなく投入してまで
食料自給率を100%前後に保つのかというと、
大事な部分を他国に依存してしまったら、
その相手国に足元を見られるからです。
軍事や農業は大赤字でも守るべきものなのです。
『人口1億人以上の主な国の穀物自給率(2002年)』
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0318.html
オーストラリア 332%
フランス 173%
カナダ 146%
アメリカ 131%
パキスタン 111%
ドイツ 101%
中国 99%
イギリス 99%
ロシア 99%
インド 98%
トルコ 94%
イタリア 72%
日本 27%
オランダ 24%


「気質」が同じ日本民族で暮らすほうが平和です。
このままでは「日本に、こんな光景があったんだね~」となってしまいます。
ルールを作っても、どこの国でも同じように守られるとは限りません。
【気質】が違うのです。
↓↓↓
海外「日本以外じゃあり得ん」 ルールを守る日本人の姿に外国人感銘
http://bit.ly/Y3Ztbt

たとえば中国の電車内の様子
http://blogs.yahoo.co.jp/ion393939/24135218.html

「生きた牛がトラの餌 中国サファリパークの残酷見せ物」
http://www.youtube.com/watch?v=3XK0e3Yh3sg

中国だけではありません。「日本以外の国」は全て【かなり】違います。

DARKNESS
http://www.bllackz.com/
BLACKASIA
http://www.bllackz.net/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

以下、『my日本』の佐藤さんの2013年2月21日の日記より転載
http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=459142

「首切り映像」

斬首映像といえば日本ネット界ではチェチェンゲリラによる
ロシア兵斬首が有名で見た人もいるかもしれない。
喉から切られ、生きている内はその切られた喉で呼吸をするので、
豚の鳴き声のような独特の呼吸音が印象的。
といってもチェチェンによる斬首映像は他にも
ロシア兵6人「喉切り(首全部を切らず喉切って苦しませて放置)」
などいろいろある。
チェチェンは旧ソ連(共産なので神や宗教を認めない)でありながら、
ソ連時代もイスラム勢力がソ連に抵抗してイスラム信仰は消えなかった。
イスラムにとって首切りはイスラム法に則った死刑方法。
私が見た斬首映像の中から最近の2つとその他について話してみる。

◆メキシコ・カルテル
今メキシコは麻薬組織に乗っ取られて無政府状態。
麻薬組織撲滅のためのメキシコ軍精鋭最強部隊が
麻薬組織に寝返ったので麻薬組織はメキシコ正規軍より強い。
その麻薬組織はシナロア、ロス・セタス、ベルトラン・レイバ、
テンプル騎士団など複数あり、
政府とだけでなく組織同士での抗争も酷い有様。
暗い部屋で武装した男達に囲まれ後手縛られた3人の女と1人の男。
捕らえられたのは麻薬組織ガルフの構成員で捕らえているのはロス・セタス。
つまりみんな麻薬組織。
順番に自己紹介みたいなことした後、顔をテープでぐるぐる巻きにされて、
温泉の湯揉み棒みたいな棒で殴られて倒れた後首を切られる。
テープぐるぐる巻きなので声は聞こえず
棒で殴られて気絶してるのかも分からない。一人目の女性は手が動いている。
二人目の太った女性は例の独特の呼吸音みたいなのも
聞こえたような気がするがよくわからなかった。
他2人もよく分からなかった。どれも切断には長い時間かかってる。
そして最後に映画のエンドロールのように
犯行声明(警告メッセージ)というもの。

◆イスラム、歌いながら斬首
フィリピン南部で活動するイスラム「アブ・サヤフ(Abu Sayyaf)」が
身代金目的で誘拐した数名の内の若者4人ぐらいの斬首。
俯せになるよう指示され後手縛られた後、
一人ずつ別の場所に歩かされた後斬首。
一人目は20秒もなく切断。
このとき「歌いながら」だが、歌っているのは実行者ではなくカメラマン。
2人目も30秒ちょっとで切断。
例の如く「アッラーフ・アクバル」連呼。
他は忘れたけど同じような感じだったと思う。

◆香田証生さん
イラクでイスラムに殺害された当時24歳の人。
最初は香田さん一人が座ってて後ろに男(?)3人がフェードイン。
香田さんは目隠しも何もしてない。
3人の内真ん中一人がアメリカへの声明文だか唱えてる時、
香田さんは下を向いて静か。
読み終わるとその3人に倒され首切られるが、
香田さんは最初「うがっ」と言うだけで終わる。
例の如く「アッラーフ・アクバル」連呼。
編集されてるので何秒で切断されたのかは分からない。
イスラムが切断された頭を高く上げたりする。

◆金鮮一(キム・ソンイル、Kim・Sun-il)
最初からキムとその後ろに男(?)3人。
キムはなぜか目隠しをされている。
キムが泣きながら1分半ずっと喋ってる。
朝鮮日報によるとブッシュ米大統領と盧武鉉に
「死にたくないから韓国軍のイラク派遣はやめて」
とつまり命乞いしてるらしい。
その命乞いが終わると後ろのイスラムが3人から5人にレベルアップ。
声明文を読み上げる。
切られる時は「うぅぅぅ~あぁぁ~」と発声し10秒ちょっとで切断。
例の如く(ry

いずれにしても画質が悪いのでそこまでの衝撃はない。
初めて見た生首写真、三島由紀夫のもののほうが印象的。

これらは他人事ではなく世界、外国社会で頻繁に起こっていること。
日本国内で外国人が増えその地域が外国化すればこれらが起こる。
外国に行く際もこの外国社会常識をテレビが伝えていれば、
それなりの対策を立てられるのでは。
首を切られずともこの常識を知らずに軽い気持ちで外国に行けば
ルーマニアで惨殺された女子大生、益野友利香さんの末路。

私が見た斬首映像の中には2分も3分も掛けて首を切るものもあり、
その間苦しんで死ぬなんて冗談じゃない。
捕まったら死ねるよう毒薬を所持したり
逃げ出して銃殺されたほうがよっぽど楽だ。

特に最初話したチェチェンの被害者(?)はロシアの兵士。
今後、国防軍ができるとして、あんな殺され方されるぐらいなら捕まる前に
「生きて虜囚の辱めを受けず」を勧めたほうがよっぽど人道的で愛がある。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

安倍晋三・総理大臣のフェイスブック「政府・与野党拉致連絡会に出席」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=557818561008258&set=a.132334373556681.21871.100003403570846&type=1
のコメント欄の「満島 石川美礼」さんのコメントより。
https://www.facebook.com/mirei.mitsushimaishikawa?fref=ufi

『今こそ、鎖国をやってみろ!』

私は、カナダの移民権を取得しカナダの大企業で管理職を務めていました。
当時日本に絶望し日本から脱出するため、カナダに移住するため、
自分でも感心するくらいの努力をした結果を得ました。
カナダでは「移民」として暮らしていたのに、
日本の移民制度に反対することは矛盾してると自覚しています。
しかしながら、「そもそも論」として・・・世界中を見て、
日本ほど単一民族国家を今現在まで維持できている国はないです。
カナダはそもそもが侵略によって先住民を追いやって
ヨーロッパ各国からの「侵略者」たちが住み着いて作り上げた国家です。
日本は違います。もともとから、ニッポン国です。
DNA・文化・価値観・思想・習慣・国民性。
単一民族国家だからこその、本当に世界の中で希少な国家と思っています。
日本・日本人が無形文化遺産に認定されて良いくらいです(笑)。
そこに、外国人労働者の承知なんて、愚の骨頂です。
むしろ、その真逆で、「今こそ、鎖国をやってみろ!」と言いたいです。

追記です。
カナダでは原住民が「居留地」として
カナダ国から「与えられた」土地・地域に住んで
羨ましいくらいの「生活保護」を受けていました。
体裁良く聞こえますが、ブッチャケると「ここにいろ。ここから出るな」
という境界線を一方的に作られた囲いの中ということです。
その居留地部落に近くの地域で生活していたので、
先住人の若者と一緒に仕事をすることもありました。
それがきっかけで、彼らとの交流を持つことができ、
彼らのファミリーと認められ、初めて彼らの本音を聞きました。
彼らはもともとその土地を慈しみ畏れ、
それでも人として生きていくために必要最低限を開拓し(開拓させて頂き)、
その土地をリスペクトし感謝の中で生活していたのです。
そこへ「外国人」が「手助けをする」と入って来て、
彼らの「当たり前だった生活」を破壊していき、
気づいたら「外国人」の価値観に合わせてあげようという
気持ちを悪用されて・・・このていたらく・・・という現状であると・・・。
日本もそうなると、安易に想像できます。
日本も同じ状況にあると、チーフ(長老)に相談したところ、
「外国人・心地よい言葉巧みに近づく外国人の魅力ある提言・提案を、
魅力と感じない底力を持つべき。」と助言頂きました。まさにそうなんです。
私たち日本人が日本国を守り支えれば良いだけのこと。
まことにシンプルです。
自分が頑張るのがいやだから、大変だろうと想像するだけで、
他にやってくれる人がいるならやってもらえばいいじゃん?
という魂の堕落が・・・北米の現在の先住民の社会問題に向かうと考えます。
私たちは先住民族で先住民族によって作り上げた国家で、
そんな国家は世界で日本だけである誇りと自覚と緊張感を持つことが、
逆に世界を動かせるのだというプライドを、、、
今こそ認識したいと思います。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

『私が鎖国を希望する理由』のコメント欄での議論
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-631.html
2013/01/25 09:09|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.