正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観。「日本の対応に間違いがなければ すべて うまくいっていた」という妄想が自虐史観。どんなに誠意ある対応をしても相手が「ならず者国家」なら うまくいかない。完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=団結させない個人主義の洗脳

ホーム 全記事一覧 << 国際親善を損なうマスコミ報道 オーストラリア全土に共同で「慰安婦少女像」設置へ >>
「慰安婦漫画」韓国OK、日本ダメ 仏国際展 主催者「政治的な宣伝」

産経ニュース 2014.1.30 21:03
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140130/erp14013021050006-n1.htm

【アングレーム(フランス南西部)=内藤泰朗】
欧州最大級の漫画フェスティバル、
フランスのアングレーム国際漫画祭が30日、開幕した。
漫画祭には、慰安婦問題をめぐる日本と韓国の作品が出展されたが、
主催者側は、「強制連行はなかった」とする日本側の漫画を
「政治的」として撤去するよう要請した。
韓国政府が持ち込んだ「元慰安婦被害者」の作品は展示を許可した。
「韓国側主張の誤りを正し、真実を伝えたい」と、
漫画作成に意気込んできた日本側関係者は納得せず、波紋が広がっている。

30日、韓国政府の趙允旋(チョ・ユンソン)・女性家族相は
アングレームを訪問し、「散ることのない花」と題した元慰安婦についての
漫画企画展の開幕を宣言した。
しかし、事前に地元記者らを対象に
予定されていた説明会は主催者側の要請で中止された。

日本発慰安婦漫画の出展準備を進めていた実業家の藤井実彦氏(41)ら
「論破プロジェクト実行委員会」のメンバーらは29日、
アングレーム中心部にある「アジア館」の日本ブース前で
行っていた記者会見の中止を主催者から求められた。

主催者は、日本側の漫画について「政治的な宣伝だ」と発言、
日本側の関係者と論争になったという。

藤井氏は「日本人が得意とする漫画で慰安婦の真実を伝えようとしたことが、
表現の自由を標榜(ひょうぼう)するフランスの漫画祭で理解されず残念だ。
韓国政府が主導している反日の出展こそが政治的な宣伝であり、
抗議していきたい」と語った。

鈴木庸一・駐フランス大使は開幕前にパリで行われた会見で、
「漫画祭は文化イベントで、特定の政治メッセージを
伝えることは好ましくない」と発言。
日本が韓国に第二次大戦の問題で謝罪をしていないという認識は
誤りだと指摘し、補償問題についても、
1965年に韓国と締結した請求権・経済協力協定などで
完全、かつ最終的に解決したとの日本側の立場を改めて説明した。

会場では、「漫画祭を政治に利用しないでほしい」
「漫画は楽しむもので議論するためのものではない」との声も聞かれた。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

韓国の慰安婦企画展に600人 仏漫画祭、
「ひどい」「初めて知った」主張浸透の恐れも

産経ニュース 2014.1.31 10:24
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140131/erp14013110270002-n1.htm

フランス南西部アングレームで30日に始まった
「アングレーム国際漫画祭」で、韓国政府が実施している慰安婦をテーマ
とする企画展に約600人が訪れ、韓国側の主張に沿った展示内容を
すっかり信じ込むケースも目立った。

会場には、旧日本軍の兵士が当時の朝鮮半島の少女を拉致したり
乱暴したりするといった内容の十数作品が展示された。
入り口の説明文には、
日本側が慰安婦問題を認めていないかのような記述もある。

見学者のイザベル・プティさん(48)は
「ひどい。娘にも見せる。日本はなぜ認めないのか」と涙を流し、
ベルギー人のジャンジャック・ハロタンさん(55)は
「こんな事実を初めて知った。日本が認めないのは残念」と話した。

日本大使館は、政府による取り組みや立場を説明する文書を
プレスセンターで配布した。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

仏マンガ祭暴挙 「慰安婦漫画」韓国OK 日本は撤去 
テキサス親父も激怒 「目の前で許せない事件が」

zakzak 2014.01.31
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140131/frn1401311532006-n1.htm

欧州最大級の漫画フェスティバル
「アングレーム国際漫画祭」(フランス南西部)で、暴挙が行われた。

漫画祭には、慰安婦問題をめぐる日本と韓国の作品が出展されたが、
主催者側は「強制連行はなかった」「真実を伝えたい」とする日本側の漫画を
「政治的」として強制撤去したが、
韓国政府による日本を貶める漫画企画展は実施されたのだ。
現地入りしていた「テキサス親父」こと、
米国の評論家、トニー・マラーノ氏が激怒した。

みなさん、聞いてくれ。俺の目の前で、許せない事件が起こった。
漫画祭の担当者が激高し、日本側ブースの看板などを引きずり下ろし、
印刷物などを勝手に持っていった。盗んだんだぜ。

この担当者は、日本側の記者会見まで妨害して
「お前たちは出ていけ!」と怒鳴り散らした。
当然、日本側は「盗んだ物を返してくれ」と求めたが、彼は拒否した。
警察を呼ぶように頼んだが、24時間たっても警察は現れなかった。
フランス警察は現場到着まで1日以上もかかるのか?

慰安婦問題は、基本的に日本と韓国の問題だ。
2国間の歴史的問題は、2つの側面からの見方がある。
片側だけの見方を取り入れて、もう一方を拒否することは、
歴史をごまかすことになる。

フランスは建国理念として
「自由」「平等」「博愛」を掲げているんじゃないのか?
韓国側による漫画の展示を認めるなら、
日本側の展示も認めるべきだろう。
三大精神はウソだったのか。

今回、アングレーム市で起きたことは、
韓国政府の10年間にわたる洗脳のたまものといえる。
韓国側は長年にわたり、主催側との関係を構築してきたようだ。

日本のみなさんに言いたいのは、
「ヤツら(=韓国人)は諦めない」と言うことだ。
これからも、憎悪にもとづくひどい工作を続けるだろう。

ただ、韓国の漫画を見た人はすべて
「これで日本のイメージが落ちることはない」と言っていた。
ウソつきたちが日本のイメージを汚すことは困難だ。

日本は今後、「慰安婦の真実」を世界に伝えていく決意を持って、
その努力を怠らないことだ。
日本人の多くが、韓国の暴挙を知り、
慰安婦問題の正しい見方が広がるきっかけになればいい。

―――――――――――――――――

【テキサス親父の動画】
フランスのアングレーム漫画祭で主催者が日本ブースの物を撤去する様子
Angouleme International Comic Festival altercation
https://www.youtube.com/watch?v=fiw3eMQD7ms
字幕【テキサス親父】仏アングレーム「世界朝鮮売春婦漫画展」について-短編
http://www.youtube.com/watch?v=fkQk02DreLo
字幕【テキサス親父】仏「アングレーム世界朝鮮売春婦漫画展」で何が起こったのか?
http://www.youtube.com/watch?v=UQM9haZIWNA

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「慰安婦漫画」 韓国宣伝に染まる欧州 展示を鵜呑みにする人も

産経ニュース 2014.2.1 00:19
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140201/kor14020100310000-n1.htm

【アングレーム(フランス南西部)=内藤泰朗】
1月30日に開幕したフランス・アングレーム国際漫画祭では、
元慰安婦がテーマの韓国政府による企画展に初日だけで
約600人の見学者が訪れる盛況ぶりだった。

一方、主催者側に「政治的だ」として漫画などを
強制撤去された日本側のブースは、
「日本」と英語で書かれたポスターだけが残されていた。
“文化イベント”のはずが、
主催者側による韓国優遇という政治色を反映したものとなった。

「散ることのない花」と題した韓国政府の展示は、
アングレーム市中心部の劇場で行われた。
漫画祭の会場の多くが特設テントである中で破格の場所だ。

会場入り口では、旧日本軍の軍人とみられる男たちが少女に
性的暴行を行うアニメが繰り返し放映され、その横の説明文には
「日本がやった歴史の真実」と書かれていた。
日本側が慰安婦問題を認めていないかのような記述もあった。

展示漫画には、旧日本軍軍人が朝鮮半島の少女を集団で拉致したり、
暴行したりする場面を描いたものが十数点あった。

年配の見学者たちの中には
「ドイツとフランスの間にも戦争中は、同様のことがあった」
と冷静に鑑賞する人たちもいたが、比較的若い層では
「こんな歴史があったことを初めて知った」「ショックを受けた」
「子供には見せられない」などと、韓国の展示を鵜呑みにする人たちもいた。

一方、開幕直前に漫画作品などを没収された日本側の展示スペースは
閑散とし、異様な雰囲気だった。

漫画祭実行委員のニコラ・フィネ氏(アジア担当)は産経新聞に
「日本の展示団体は極右団体で、彼らに展示はさせない。
これは表現の自由の問題ではない」と切り捨てた。

日本大使館は1月30日、韓国政府の慰安婦漫画は漫画祭の趣旨に反すると
懸念を示す声明文を英語とフランス語で発表。
日本政府が韓国側に「心からのお詫びと反省の気持ち」を
表明している事実や、日韓政府間で補償問題が解決済みであることが
書かれた文書を現地で配布するなどした。

漫画祭は2月2日まで開催される。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「慰安婦漫画」日本側出展メンバー・藤井実彦氏インタビュー
「1日でも2日でも展示を」

産経ニュース 2014.2.1 00:36
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140201/kor14020100390002-n1.htm

【アングレーム(フランス南西部)=内藤泰朗】
フランス・アングレーム国際漫画祭に日本発慰安婦漫画の出展準備をしながら
「政治的だ」として、出展を主催者側に拒否された
「論破プロジェクト」実行委員長で実業家の藤井実彦(みつひこ)氏(41)
が1月30日夜、アングレーム市内で産経新聞のインタビューに応じた。
やり取りは次の通り。

--出展を拒否されたが

「主催者が29日に展示・販売用の漫画などを持ち去った。
主催者はその後、記者会見の中止を求め、
『政治的だ。漫画を展示させるわけにはいかない』と、
私たちに会場から出ていくよう一方的に通告した」

--韓国政府の展示は「政治的」ではないのか

「その点を強調したが聞いてもらえなかった。残念だ。
私たちは、韓国側がいう旧日本軍による強制連行の
歴史的事実はないことを伝えるために出展した」

--今後、どうするのか

「私たちの漫画には学術的な根拠がある。
慰安婦問題に興味もなかった人々が漫画を描き、
77本もの作品が寄せられた。
この日本人の気持ち、歴史の真実を世界に伝えたい。
諦めるわけにはいかない。
誤解を晴らし、1日でも2日でも、展示できるよう注力したい」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

仏の「慰安婦」マンガ問題で日本側が反撃 記者会見&日本で公開

zakzak 2014.02.01
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140201/dms1402011523004-n1.htm

フランス・アングレーム国際漫画祭で、
慰安婦問題で日本を貶める韓国の漫画企画展が実施されながら、
事実を伝える日本の漫画は強制排除された問題で、日本側が反撃に転じる。
現地時間1日に記者会見を開くだけでなく、
日本国内で、真実の慰安婦漫画を公開するというのだ。

開幕直前に、主催者側に漫画作品などを
没収される辛苦を味わった日本の展示団体。
現地入りしていた「テキサス親父」こと、
米国の評論家、トニー・マラーノ氏も
「フランスは、片側だけの見方を取り入れて、もう一方を拒否するのか!」
と激怒したが、日本側も黙ってはいない。

漫画祭出展を準備してきた「論破プロジェクト」実行委員長で、
実業家の藤井実彦氏は1日朝、夕刊フジの取材に
「韓国の『慰安婦=性奴隷』という事実無根の宣伝工作に対抗するために、
多くの方々の協力を得ながら頑張ってきたが、漫画祭への出展は難しそうだ。
残念というしかない。
ただ、これで諦めることはない」といい、こう続けた。

「現地時間の1日に、アングレーム市庁舎前で記者会見を開き、
韓国側が主張している旧日本軍による強制連行の歴史的事実はないことを、
具体的証拠などを示して現地メディアに説明する。
今回、100本近い作品が寄せられた。日本でこれらを公開して、
多くの人々に慰安婦問題の真実を知ってもらいたい」

韓国側は約10年前から、漫画祭の主催者側に接触し、
宣伝工作を続けてきたという。「反日」の執念は凄まじいというしかないが、
日本も負けるわけにはいかない。

前出のマラーノ氏も
「真実を世界に伝えていく決意を持ち、その努力を怠ってはならない」
と語っている。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

平成26年2月3日、杉田水脈・衆議院議員が
「NHKさん、どうかこの私の質疑の動画は削除しないでください!」11:54~
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22806670
平成26年2月3日、杉田水脈・衆議院議員 12:07~
「日本は真実の報道をしなければ、ウソを駆逐することはできない!」
http://www.youtube.com/watch?v=INAT8yYzNuk

昨年NHKが放送した、昨年3月8日のこの衆議院予算委員会での
慰安婦問題に触れた中山成彬委員と辻元清美委員の
インターネットにアップされていた動画が、
中山委員の動画だけが著作権という申し入れにより削除されました。
著作権を問題とにするのであれば、公平性を欠いているとした言えません。

法治国家の日本ですから法律に違反すると
罰則というのがあるのが普通ですが、
この放送法は違反をしても罰則規定がありません。

そもそもNHKだけではなくて、民放にも偏向報道が多く存在します。
これは、放送法に罰則規定がないからではないでしょうか?!
放送法にも罰則規定が必要だというお考えは、ございませんか?
(略)
嘘を報道する自由というのはあるのでしょうか?
副大臣は、嘘を吐く報道の自由というのは、認めますか?
(略)
NHKさん、どうかこの私の質疑の動画は削除しないでください!

今回の籾井会長の発言の中で特に問題となっているのは、
放送法の部分ではなく、
私的発言とした慰安婦問題についての部分でございます。

このように繰り返しこの問題が取り上げられて、
その度に国際社会でも攻撃されてしまいます。
その結果、日本の世論でも、真実を確認しづらい状況となっていきます。
その元凶となっているのが、『河野談話』であると私は思います。
(略)
現に先週開幕した欧州最大級の漫画フェスティバル
【アングレーム国際漫画祭】において、慰安婦問題をめぐる
日本と韓国の作品が出展されましたが、
日本側は政治的とされて撤去されました。

撤去されなかった韓国のその企画展を観た方々、ヨーロッパの方々、
その内容を鵜呑みしていると報道されています。

これらの問題で最も問題なのは、日本の中に存在する反日勢力です。
発言力の大きなマスコミの中にも存在します。
残念ながら国会議員の中にも存在します。

いくら真実を発信しても、日本の中に居る反日が
中国や韓国の言っていることを本当だと言えば、他の外国から見れば、
「日本人が自分で言っているんだから正しいだろう」
ということになってしまいます。

この慰安婦問題に限って言えば、
やっぱり『河野談話』が格好の情報発信源になっています。

国と地方の女性議員が呼びかけ人になって、河野洋平元官房長官の
証人喚問を求める国民運動に取り組もうと考えております。

できれば、この問題、再三、捏造報道した報道機関の責任も
追及していければと思っています。

今日の午後には記者会見も行おうと思っています。

ここは予算委員会の場なので、ここでは是非、
河野洋平元官房長官の参考人招致を要求したいと思っています。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

平成25年3月8日の国会 衆院予算委員会
中山成彬・元文部科学相の質問の要旨

「国際的に日本の子供たちがいじめられている。
いま日本の留学生がアメリカやカナダで、中国・韓国の留学生に
『あんたたちの祖先から自分たちの祖先は酷い目に遭った』と迫られ、
肩身の狭い思いをしている。」

「戦前の日本の朝鮮や台湾統治は欧米諸国の植民地主義とは違う。
学校、道路、鉄道を造った。韓国の近代化にも熱心だった」

「創氏改名は朝鮮人が望んだと麻生さんが東大で講演し、
朝日新聞でたたかれた。現在、使われている検定を通った高校日本史の
教科書3つで、創氏改名を強制したと書いてある。
しかし、『氏の創設は自由だ、強制と誤解するな、総督から注意を促す』
という当時の朝日新聞記事がある。3つの教科書、明らかに間違っています。
大学入試で、創氏改名は強制と答えた場合、
これは○か×か?大きな問題になる。
本来であれば間違った教科書を回収すべき。」

「いわゆる従軍慰安婦問題。官憲が介入したと誤解させた最初の記事は
平成4年の(朝日新聞の)『慰安所 軍関与示す資料』。
ところがよく見ると、悪徳業者が募集に関与しているようなので
注意するようにという通達で、全く逆なんです。
官憲が強制連行したのではなく、当時の朝日新聞の報道では、
朝鮮人が日本人の良家の子女を誘拐して満州に売り飛ばした。
そして、警察がしっかり仕事をしていたことが分かる。」

「こういうことがずっと蔓延しているのは自民党にも責任ある。
歴代の外交が、その場しのぎで、謝ればそれ以上追及しないという言葉に
乗せられて、談話等が出された。そのツケが全部いま来ている。
日本人は惻隠の情や、人を騙してはいけないと小さい頃から教えられるが、
しかし、騙されるほうが悪いんだと、嘘も100回言えば本当になると、
プロパガンダに励んでいる国民もいることを忘れてはいけない。」

「先の戦争は侵略戦争だったと思い込まれているが、
1951年、マッカーサーは米国議会の上院の軍事外交委員会で、
『日本は米国によって閉じ込められ、資源供給の道を断たれた。
日本が戦争を始めた目的は、
主として安全保障の必要に迫られてのことだった』
と明確に、侵略戦争を否定している。
このマッカーサーの発言を東京都では副読本で使っている。
これを全国の公立学校に配布してはどうか」

「教育問題の集中審議をお願いしたい。
その時に、朝日新聞の関係者にもぜひ来ていただきたい。」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

従軍慰安婦について、フランス人に向けてのAkiさんのメッセージ

フランスのdaisukiさんのブログ『J'adore le Japon et la France』の記事
「仏メディア その9」の投稿欄のAkiさんの投稿(2014年2月2日)
http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/01/%E4%BB%8F%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%80%80%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%99%E3%80%80.html

私は日本に住む日本人です。

この度、貴国で行われたアングレーム国際漫画祭での
従軍慰安婦問題はとても残念に思います。
大きな声をあげてアピールすることの苦手な日本人は、
この問題に対し積極的な対応をしてきませんでした。
それは、日本人の心の中に
「真実は黙っていてもみんながわかってくれる。悪が勝利することは無い」
と油断があったからに思います。

さて、日本と韓国が長年に渡って問題として抱えている
従軍慰安婦の強制連行についてですが、
日本側は慰安婦の存在を否定してはおりません。
軍の強制連行においての事実は見つかっていないと主張しているのです。
実際いくら調べても軍が強制した資料は見つかっておりません。

当時、慰安婦は戦地での現地人女性への強姦などを
防ぐ為の合法的な存在でした。
そして慰安婦は日本だけではありません。

例をあげるなら、ベトナム戦争においてのアメリカ軍も
朝鮮人女性を洋公主という名前で慰安婦として利用していました。
そして、それらを管理していたのは
現韓国大統領朴槿恵のお父上である朴正煕大統領でした。
勿論、そのことを朴槿恵大統領も知っておられるはずです。
つまり、今現在韓国が世界中で展開している従軍慰安婦問題は、
日本への悪質なプロパガンダに他ならないのです。

日本は、先の大戦においての慰安婦の方への謝罪は
しっかり何度も政府が正式にしております。

保障については、1965年6月22日に日本と大韓民国との間で結ばれた
日韓基本条約において、日本の援助に加えて、両国間の財産、
請求権一切の完全かつ最終的な解決の確認し、
それらに基づく関係正常化などの取り決めを行いました。
この条約によって国交正常化した結果、
日本は韓国に対して莫大な経済援助を行ったのです。

日本側は、韓国を合法的に領有、統治しており、
韓国と交戦状態にはなかったため、
韓国に対して戦争賠償金を支払う立場にはありませんでした、
逆に韓国独立に伴って遺棄せざるを得なかった
在韓日本資産(GHQ調査で52.5億ドル 
大蔵省調査で軍事資産を除き計53億ドル)を放棄し、
賠償金のかわりに資金供与及び融資をおこないました。

・3億ドル相当の生産物及び役務 無償(1965年 当時1ドル=約360円)
・2億ドル 円有償金(1965年)
・3億ドル以上 民間借款(1965年)

計約11億ドルにものぼる融資です。

なお、当時の韓国の国家予算は3.5億ドル、
日本の外貨準備額は18億ドル程度でした。

韓国の国家予算の3倍にもあたる融資額、
そして個人への謝罪の為の賠償を日本が個人に支払うと提案すると、
韓国側はこちらで支給するので
まとめて韓国政府に支払うことを要求しました。
日本はそれに従い、個人賠償金も韓国政府に支払いました。

しかし、それらの賠償金は
当時の韓国の軍事政権が全て使い込んでしまいました。
この事実は韓国では国民には教えていませんでした。

その後も日本は技術援助などをし、韓国の高度経済発展に協力しました。
これが現在韓国で語られている「漢江の奇跡」です。

賠償請求の完全解決は韓国側の議事録でも確認されております。

話は韓国併合に遡りますが、当時大日本帝国国内では、
「朝鮮を自国領土に組み込み朝鮮人を皇民とせしは皇国民の質の劣化である」
という反対の意見が強かったのです。
併合時に必要となる莫大な資金の負担についても
政財界より併合反対の意見がありました。
勿論、中国や近隣の大国への防衛意識から
国力拡大を考える者たちの併合賛成意見もありました。

しかし、朝鮮を併合することに反対だった伊藤博文が
安重根によって暗殺された為、併合へと進んで行きます。
韓国側が現在主張してる日本に侵略支配されたというのは
まったくの嘘であり、国際法的にも合法な併合でした。

侵略支配と言いつつ、朝鮮併合を反対していた伊藤博文を暗殺した安重根を
英雄としていることから韓国の矛盾がおわかりいただけると思います。

慰安婦の問題についてですが、
日本側の強制連行の証拠は今現在1つも見つかっておりません。
強制連行とされる証拠とされているのは、韓国側で
「私は戦時中日本軍に強制連行され従軍慰安婦として働かされた」
と主張しているおばあさんの言葉だけなのです。
そして、そのおばあさんの証言はそのつど内容が変わっています。
連れ去られたとされる年齢、場所、経緯。全て証言する度に違っています。
それどころか生まれた年まで違うのです。

逆に、日本側で発見されている当時の資料には新聞での従軍慰安婦の
募集広告や、強制的に連れ去ったり、騙して連れてきていた現地の朝鮮人の
業者への取り締まりの記事がたくさんあります。
募集の内容を見てみると、
「月収300円以上(3000円前借可)」と書かれています。
当時兵として戦っていた人は2等兵で月収7円程度でした。

このことから現在韓国側が主張している従軍慰安婦は強制連行され性奴隷と
されたかわいそうな人たちと言い切れるのでしょうか?

明日死ぬかもしれない戦いに身をおいていた兵が
月収7円程度だった時代ですよ?

長々と乱文で申し訳ありませんが、
最初に述べた通り日本は慰安婦の存在は否定しておりません。

ただ、軍による強制連行の事実は認められずという主張です。
慰安婦にされたとされる方々には時代背景があったとはいえ、
女性として辛い気持だっただろうと日本政府は謝罪の気持を表しております。

そして、韓国の言う侵略支配され文化を略奪されたり、
女性は日本軍の性奴隷にされたという事実は
上記で説明した通り真実とは言えません。

儒教と中華思想を持っている韓国は中国よりも遠い位置にある日本は
韓国の弟という認識を持ってします。兄は弟より優れているもの。
その思考から韓国にとって
日本は絶対的に下の立場に置かなくてはならないという認識なのです。

韓国にとって日本が韓国よりも優れたものを生み出したり、
世界で評価を受けたり。
ましてや長年の中国の属国として奴隷のように生きてきた韓国人が、
自分より劣った日本人の手によって解放され、
近代化してもらったなど、とてもでは無く受け入れられないことなのです。

自尊心が強すぎ、真実を知ってしまうことに耐えられず、
日本を貶めることにのみ力をそそぐ。
そんな不健康な国のあり方をどうにか変えていって欲しいと思うばかりです。

アメリカでは現在、韓国人の慰安婦プロパガンダにより
日本人の子供へのイジメがあるそうです。
「レイプ魔」の子供と言って唾をかけられたり、
学校に通えなくなってしまったり、
日本人だと隠して生活するような事になってしまっていると聞きます。

凄く悲しく絶対に止めさせなければならいことです。
その子供たちにいったい何の罪があるというのでしょう?

連合軍側のフランスの方々にとって日本は敵だったかもしれません。
しかし、未来を見る為今の日本を信頼していただけていると思っております。

それをおいて私たちは従軍慰安婦の問題の真実を
共有してわかりあえるものと思っております。
どうか公平な目でもって判断して頂ければ
これからの日仏の友情は
もっと固く更に素晴らしいものへとしていけると思います。

最後に慰安婦問題などリンクを貼らせていただきますので、
是非見ていただきたく思います。

http://www.youtube.com/watch?v=idmDRwL7YRw&list=FLxu6HHBf2ydZg_tX7t_aWnA&index=13

http://makizushi33.ninja-web.net/

http://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/8ebf1c8e17d8060db4053fbc4ad46a8e

http://www.youtube.com/watch?v=HxcFV7g9oQc&list=FLxu6HHBf2ydZg_tX7t_aWnA&index=29

http://www.youtube.com/watch?v=7jlfAqR8uBc

http://www.youtube.com/watch?v=UfyZioj0M-c&list=FLxu6HHBf2ydZg_tX7t_aWnA&index=49

http://www.youtube.com/watch?v=R3NWXPlXmGo&list=FLxu6HHBf2ydZg_tX7t_aWnA

http://www.youtube.com/watch?v=n07nCLejxr0&list=FLxu6HHBf2ydZg_tX7t_aWnA

http://www.youtube.com/watch?v=_LEHPTlaN7Q&list=FLxu6HHBf2ydZg_tX7t_aWnA

http://www.youtube.com/watch?v=KjQNeO_rxxM&feature=youtu.be

最後まで、あなたの貴重な時間を割いて、これを読んでいただいたことに、
深い感謝の気持ちをもって終わらせていただきます。

ありがとうございました。

━─━─━─━─━─━―━―━―━―━―━―━

上記のフランス語訳 (翻訳:my日本の優貴さん

Je suis un japonais qui habite au Japon.
Dernièrement, je même regret l'esclavage sexuel militaire dans
l'Angouleme le festival des comiques international
a exécuté dans votre pays.
Le japonais faible d'élever et annoncer la voix bruyante n'ayez pas
fait correspondance positive à ce problème.
C'est dans le coeur japonais.
"Même si c'est silencieux, tout le monde comprend la vérité.
Depuis il y avait inattention, "le Mal n'a pas gagné", je considère.
Maintenant, bien que le Japon et la Corée du Sud soient
approximativement prise compulsive des femmes du confort qui
tiennent comme un problème sur beaucoup d'années,
le côté de Japon ne nie pas l'existence de femmes du confort.
Il est réclamé que le fait dans prise
compulsive d'une armée n'est pas trouvé.
De quelque manière qu'il puisse enquêter réellement,
les données que l'armée a forcé ne sont pas trouvées.
Ces jours, les femmes du confort étaient les existences
légales pour prévenir le viol à la femme des autochtones
dans un champ de bataille, etc.
Et les femmes du confort sont pas seul le Japon.
Si l'exemple avait été donné, l'U.S. les Forces dans la Guerre
de Vietnam ont aussi utilisé la femme coréenne comme femmes
du confort par le nom de ....
Et il a semblé les avoir dirigés et c'était Président Pak
Chong-hui qu'il est sur Coréen du sud Président Park
le père de Geun-hye.
Bien sûr, Président Park que Geun-hye devrait
aussi être su dans cela.
C'est, l'esclavage sexuel militaire que la Corée du Sud
développe dans le monde entier maintenant est exactement
la propagande vicieuse à Japon.
Le gouvernement fait fermement cérémonieux les excuses
pour consoler des femmes [dans / dans Japon / une grande guerre
antérieure] à maintes reprises.
Dans le Japon-ROK le Traité des Relations de Basic
a contracté entre Japon et la République de Corée le 22 juin 1965,
en plus de l'assistance de Japon, la propriété entre pays et parfait
et dernière solution de demande tout a vérifié, et il a choisi
la normalisation de relations diplomates entre la Chine et
l'Indonésie a basé sur eux, etc. au sujet de sécurité.
En emportant normalisation de relations diplomates
d'après ce traité, le Japon a exécuté l'aide
économique immense à Corée du Sud.
Le côté de Japon est la propriété de Japon
(étant enquête GHQ 5,250 million dollars) en Corée du
Sud qui n'était pas dans la place de Corée du Sud payante une
réparation de la guerre depuis qu'il possédait et régné légalement
sur Corée du Sud et est tombé dans Corée du Sud et un état de
guerre et lequel devait être abandonné inversement avec
indépendance de Coréen du sud.
Exceptez pour propriété militaire, un total de 5,300 million dollars
a été abandonné par le Ministère d'enquête de la Finance,
et consolider et un emprunt a été exécuté au lieu de la compensation.
- Produits et service de 200 million dollars Onéreux
(1 dollar [au temps de 1965] = approximativement 360 yen)
de 300 million dollars Entourent de l'argent onéreux (1965)
- 300 million dollars ou emprunt du secteur plus Privé (1965)
C'est l'emprunt qui monte aussi à un total
d'approximativement 1,100 million dollars.
De plus, 350 million dollars et le montant de réserves externes
de Japon du budget national de Corée du Sud de ces jours
étaient approximativement 1,800 million dollars.
Quand il a proposé ce Japon a payé la compensation
à un individu pour les excuses au montant de l'emprunt qui frappe
par 3 fois le Coréen du sud budget national, et un individu,
il a été exigé qu'il devrait être résumé et devrait être payé
au Coréen du sud gouvernement depuis que le côté
de Corée du Sud est fourni ici.
Le Japon a aussi payé le gouvernement au Coréen du sud
la compensation individuelle d'après lui.
Cependant, ces compensations
Tous les régimes militaires de Corée
du Sud de ces jours ont détourné.
Ce fait n'a pas été enseigné aux gens en Corée du Sud.
Aussi après cela, le Japon a fait l'etc de l'assistance technique.
et a coopéré dans Coréen du sud a avancé le développement économique.
C'est "le miracle de Rivière Han" dans laquelle
cela est maintenant dit en Corée du Sud.
Solution pleine de demande pour compensation
est aussi vérifiée les minutes de Corée du Sud.
incluant "Corée dans un son propre territoire de pays dans un
grand empire de Japon domestique ces jours, bien que la conversation
revienne à annexion de Corée--Coréens--les gens de l'Empire--.
(ing)--c'est déchéance de la qualité de gens d'Empire--"--
l'opinion opposée dire était forte.
Il y avait une opinion de l'annexion contraire de politique et
l'affaire entoure aussi au sujet du fardeau du fonds immense de
qui est exigé au temps d'annexion.
Bien sûr, il y avait aussi l'annexion opinion secondaire de
ceux qui considèrent l'expansion du national-pouvoir
de la conscience de la défense à Chine ou une
nation majeure avoisinante.
Cependant, depuis Hirobumi Ito qui a été opposé à Corée qui est
annexée a été assassiné par Un Chung-pistolet,
il progresse à annexion.
C'était un mensonge entier que la règle de l'invasion du côté
de Corée du Sud a été emportée au Japon qui réclame maintenant,
et c'était aussi une annexion légale dans loi internationale.
L'appeler règle de l'invasion, depuis Un Chung-pistolet qui
a assassiné Hirobumi Ito qui s'opposait à l'occupation de Corée est
fait dans le héros, Coréen du sud que
l'inconsistance pense qu'il peut comprendre.
Bien que ce soit au sujet du problème de femmes du confort,
on n'a pas maintenant trouvé la preuve de prise compulsive de Japon.
Seulement les mots de la grand-mère qui réclame par la Corée
du Sud prise latérale, "De force ont été emportés au temps
de guerre armée de Japon, et j'ai été travaillé comme femmes
du confort" est considéré comme la preuve
a considéré comme prise compulsive.
Et le témoignage de la grand-mère a changé le contenu chaque fois.
L'âge, la place, les circonstances qui sont faites l'enlèvement.
C'est différent toutes les fois qu'il témoigne pour tout.
C'est différent à l'année produite, ne le pas mentionner.
Au contraire, beaucoup de rapports du contrôle à la publicité
des femmes du confort dans un journal et l'entrepreneur
du coréen d'une tache qui obligatoirement,
ou a trompé et prenait est parmi les données de ces jours
découvertes par le Japon mettez-vous. [l'entrepreneur]
Si le contenu de collection est regardé à,
Il est écrit comme "le revenu mensuel de 300 yen ou plus (3000 yen
qui emprunte en avance est possible)."
La personne qui combattait comme ce soldat du temps était 2e soldat
du niveau et était un revenu mensuel d'approximativement 7 yen.
Les femmes du confort que le côté de Corée du Sud présent affirme
de ceci déclarent les gens pitoyables qui la prise de force
a été faite et a été faite dans l'esclave du sexe?
Il est-ce que le temps est quand. lequel avait mis le corps
à la bataille qui peut mourir demain un revenu mensuel
d'approximativement 7 yen était?
Bien que je me sente depuis longtemps désolé
dans une phrase aléatoire, le Japon n'a pas nié l'existence
de femmes du confort comme déclaré en premier.
Cependant, le fait de prise compulsive par une armée n'est
pas accepté, mais est un... opinion.
Bien qu'il y eût une toile de fond historique dans les gens qui
sont dits pour avoir été fait des femmes du confort,
si c'était probablement une sensation chaude comme une femme,
le gouvernement japonais exprime la sensation d'excuse.
Et le fait que la Corée du Sud dit que la règle de
l'invasion a été emportée, et la culture a été pillée,
ou de la femme a été faite l'esclave du sexe d'une armée japonaise
ne peut pas être dit pour être vérité comme
il a été expliqué au-dessus.
Corée du Sud avec Confucianisme et Sinocentrism rend un livre une
place plus distant que Chine avec reconnaissance
a appelé un Coréen du sud plus jeune frère un jour.
Le frère aîné est supérieur à son plus jeune frère.
Pour Corée du Sud de la pensée
Le Japon est reconnaissance qu'il doit mettre absolument
sur une place inférieure.
Ce qui a excellé la Corée du Sud
au Japon pour Corée du Sud est produit,
ou l'évaluation est reçue dans le monde.
En outre, le Coréen du sud qui a habité comme un esclave comme
un tributaire en vieille Chine qui est publiée par la main
du japonais inférieure à lui-même, et vous ayant eus moderniser
l'etc. n'est pas accepté il n'y avoir rien très alors.
La fierté est trop forte, et il ne peut pas porter commencer
à savoir la vérité, mais dirige seulement le pouvoir
vers regarder sur Japon en bas.
Je vous aimerais juste pour changer d'une façon ou d'une autre
l'état d'un tel pays maladif ou autre.
Il est dit qu'il y a... à un enfant japonais par la propagande des
confort-femmes de Coréens du sud aux États-Unis maintenant.
Il est appelé l'enfant d'un "viol esprit mauvais", et il est entendu
comme il devient impossible de couvrir salive ou aller scolariser
fréquemment, et c'est cacher et vivre en cas d'un japonais.
S'il n'est pas fait pour arrêter absolument très tristement,
il apprend et elles sont des choses.
Est-ce qu'il sera dit aux enfants
qu'il y a vraiment quelle infraction?
Peut-être le Japon était un ennemi pour gens de France par
le côté des Forces alliées.
Cependant, je pense que Japon présent peut
être fiable pour voir le futur.
Le mettre, nous pensons que part, et la vérité
du problème de femmes du confort est sue et nous l'habillons.
S'il juge que c'est aussi à un oeil juste si vous s'il
vous plaît et obtient, ce sera l'amitié de futur Japon et France.
Je pense qu'il peut porter dehors à un plus
dur encore chose plus merveilleuse.
Depuis que je collerai finalement des liens, tel qu'un problème des
confort-femmes, je vous aimerais pour voir
par tous les moyens et considère.

http://www.youtube.com/watch?v=idmDRwL7YRw&list=FLxu6HHBf2ydZg_tX7t_aWnA&index=13

http://makizushi33.ninja-web.net/

http://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/8ebf1c8e17d8060db4053fbc4ad46a8e

http://www.youtube.com/watch?v=HxcFV7g9oQc&list=FLxu6HHBf2ydZg_tX7t_aWnA&index=29

http://www.youtube.com/watch?v=7jlfAqR8uBc

http://www.youtube.com/watch?v=UfyZioj0M-c&list=FLxu6HHBf2ydZg_tX7t_aWnA&index=49

http://www.youtube.com/watch?v=R3NWXPlXmGo&list=FLxu6HHBf2ydZg_tX7t_aWnA

http://www.youtube.com/watch?v=n07nCLejxr0&list=FLxu6HHBf2ydZg_tX7t_aWnA

http://www.youtube.com/watch?v=_LEHPTlaN7Q&list=FLxu6HHBf2ydZg_tX7t_aWnA

http://www.youtube.com/watch?v=KjQNeO_rxxM&feature=youtu.be

Au dernier, j'épargnerai votre temps précieux et finirai avec mon
ayant eu ceci lisez avec la sensation de gratitude profonde.
Merci.

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

韓国、国際漫画フェスに慰安婦マンガ50作出品
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-652.html
これが反日国家・韓国の「慰安婦アニメ」だ!
密着取材!アングレーム国際漫画祭
http://www.youtube.com/watch?v=yN57udlSxIs
Femmes de réconfort - La Vérité
慰安婦 - その真実 Comfort Wemen - The Truth
http://www.youtube.com/watch?v=SwV7UtHdxU4
http://www.dailymotion.com/video/x1bhk0s_femmes-de-reconfort-la-verite-%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6-%E3%81%9D%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-comfort-wemen-the-truth_news?search_algo=1
http://www.dailymotion.com/video/x1bhl7s_femmes-de-re-confort-la-verite-%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6-%E3%81%9D%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-comfort-wemen-the-truth_music
Chers tous ceux qui iront au Festival international BD d'Angoulême-
http://www.youtube.com/watch?v=iAb6DeNkGzE
http://www.youtube.com/watch?v=nFc07EKN1Rc
http://www.dailymotion.com/video/x1ap4wt_chers-tous-ceux-qui-iront-au-festival-international-bd-d-angouleme_news
http://www.dailymotion.com/video/x1b2a8f_%E6%8B%A1%E6%95%A3-chers-tous-ceux-qui-iront-au-festival-international-bd-d-angouleme_news?search_algo=1
藤井厳喜『フランス・アングレーム国際マンガ祭の反日暴挙を糾す』2014.2.6
https://www.youtube.com/watch?v=iunZolM_imQ
https://www.youtube.com/watch?v=KdY1Adog9Lk
Wikipedia「アングレーム国際漫画祭」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%BC%AB%E7%94%BB%E7%A5%AD
【慰安婦の真実】フランスの方が描いた慰安婦の真実~L'histoire d'un mensonge.
https://www.youtube.com/watch?v=_4qQCRT0v-4
慰安婦_資料 1/2
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-147.html
NHKが関与した恐るべき「黙示録」
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-521.html
アメリカ軍やオーストラリア軍の蛮行
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-162.html
2008/08/13 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.