正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観。「日本の対応に間違いがなければ すべて うまくいっていた」という妄想が自虐史観。どんなに誠意ある対応をしても相手が「ならず者国家」なら うまくいかない。完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=団結させない個人主義の洗脳

ホーム 全記事一覧 << 竹島が日本の領土であるというマッカーサーの電報 慰安婦告白本に性奴隷と思えない記述 高額貯金、ダイヤ購入など >>
“荒れた中学”変えた「特攻隊」、非行生徒らは明らかに変わった…
3年生210人が演じた「特攻劇」、教師も親も泣いた

産経ニュース 2014.3.10 07:00
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140307/wlf14030715060033-n1.htm

花園中の3年生が制作した特攻隊を
テーマにした劇「青空からの手紙」の1シーン。
会場の体育館のあちこちで嗚咽が漏れた=平成25年9月


荒れた中学校が特攻隊をテーマにした劇を契機に大きく変わろうとしている。
大阪府東大阪市の市立花園中学。
現3年生は入学時、髪を染めたり、
ピアスをしたりといった生徒が「普通」で、
暴力、喫煙など非行が絶えなかった。
それが、熱血教師らの指導もあって、
バラバラだった学年が劇制作などを通じて一つにまとまり、
下級生にも「いい影響」が広がりつつあるのだ。
卒業を控えた3年生と教師の軌跡をたどる。

■体育館を包んだ嗚咽

昨秋、開かれた文化祭。
3年生210人全員参加で作り上げた劇「青空からの手紙」が
終わるころには、会場の体育館のあちこちで嗚咽が漏れていた。

テーマは第2次大戦末期の特攻隊員の悲劇と生き方。
結婚して子供が生まれたばかりの主人公・中村正は、
海軍で出会った友人の坂本から
「お前には家族がいる。ここは俺に任せろ」と志願を止められたが、
「自分だけが生き残るわけにはいかない」と先に志願した友人に続く。

結局、先に出撃したのは中村の方で、そのまま終戦を迎えることに。
終戦後、生き残った坂本が遺族の元に届けた遺書には、
家族の幸せを願う坂本の思いがつづられていた…。

ロングラン公開中の映画「永遠の0」を思わせる内容だが、
劇を制作・上演したころはまだ映画は公開されていない。
指導・監修にあたった福島哲也教諭(32)は
「まだ中学生ですから、原作の本も読んでいない者が
ほとんどだったでしょう。
図らずも、話題の映画と同じテーマの劇を学年全体が一丸となって
制作できて、教師も生徒もみな感動しています」と話す。

感動したのは3年生と教師だけではない。
「いつもはざわざわと私語が絶えない1、2年の生徒も
静かに劇に見入っていました」と福島教諭。
保護者の多くも目を真っ赤に泣き腫らし、
後日、劇を収録したDVDを見た付近の高齢者の中には
「号泣される方もおられました」という。

■グレる生徒、まじめな生徒…互いに疎外感

3年前、現3年生が入学してきたとき、花園中はかなり荒れていたという。

1年のときから現3年を担当している福島教諭は
「この子らも、喫煙、夜遊びは当たり前で、上級生に暴力をふるったり、
学校のものを壊したり、教師に暴言を吐いたり…。
それほどグレてない子でも髪を染めたり、
ピアスをつけて学校に来たりしていました」と振り返る。

「もちろん、まじめな子も多かったのですが、
いわゆるサイレントマジョリティーで、グレている生徒とは距離を置き、
非行を目にしても教師に伝えることをせず、
関わり合いになることを避けていました」

当時、同校に赴任したばかりで、学年主任となった福島教諭は、
まず校則違反から正していった。
ピアスや髪染めなど目に見える違反は、
保護者も交えて話し合って改めさせた。
またサイレントマジョリティーのまじめな生徒に、
非行やいじめがあれば教えるよう依頼した。

生活指導を受ける生徒は当然、反発したが、
「彼らは、どうせオレなんて、私なんて、
という疎外感をどこかにもっている。教師の側が腹をくくって接していれば、
自分たちは見捨てられていないということを
必ずわかってくれると信じていました」。

■きっかけは特攻資料館

そして、次に打った手が
1年時から計画をスタートすることになっている修学旅行。
平和学習ということで長年、定番旅行先だった長崎ではなく、
福岡県の特攻資料館「大刀洗平和記念館」に決めた。

「原爆投下や大空襲だけが悲惨な戦争体験ではないでしょう。
家族のため、国のために特攻に志願せざるをえない状況に追い込まれ、
尊い命を犠牲にした若者がたくさんいたことを
生徒たちに知ってもらいたいと思ったんです」と福島教諭。

事前に特攻に関する資料を調べるなどの学習をさせ、
迎えた昨年6月の修学旅行当日。生徒たちの多くは、
命を散らせた特攻隊員らが出撃前にしたためた遺書や遺品、
特攻関係の資料を前に無言のまま釘付けになった。
「生徒は特攻はおろか、戦争のことをほとんど知らなかったでしょうが、
彼らなりに何かを感じ取ったようでした」

■劇制作通じ固い絆…教頭も「闇まぎれ感涙」

旅行後、その「何か」が具体的に形になっていく。
「特攻をテーマにした劇を文化祭でやりたい」。
教師たちが助言したわけではなく、自然発生的にそんな声が上がり、
キャスト、ナレーター、道具係、衣装係、音響、照明、パネル、合唱など、
学年全員が何らかの役割を負った。
夏休み中には、オーディションで選ばれたキャストの
生徒9人が稽古を重ね、
2学期が始まるころにはすべてのせりふを覚えていた。

制作委員の一人である生徒は
「現代では考えられないような悲惨なことが、そんなに遠くない昔に
実際に起きていたということにショックを受けました。
そして、そういう人たちの犠牲の上に、
今の自分たちの平和があるんだ、と強く感じました。
そんなメッセージを伝えられたら、という思いで劇を作りました」と話す。

そして迎えた9月の文化祭本番。
劇の完成度は高く、榎本欣弥教頭は
「私も泣きました。生徒たちに見られたら恥ずかしいので、暗闇に紛れて…」
とそのときの感動を語る。

「1年のころはツッパリだった生徒も喜んで裏方の仕事をやっていました。
どの子も自分が自分が、というのではなく、それぞれの役割を黙々と果たし、
学年が一つになっていました。こいつらすごい、と思いましたね」

■校長にも元気よく挨拶…そして卒業

3年生の影響を受け、他学年も変わりつつある。
赤壁英生校長によると、校内ですれ違ってもあいさつどころか、
目を合わせようともしなかった生徒たちが
「あいさつをするようになりました」。
また、以前は委員会活動に生徒が参加することはなく、
実質、教師だけで行っていたが、
最近は積極的に生徒も参加するようになってきたという。

「まじめにやったら損する、悪いことをして正直に言ったら怒られる、
という考えが改まってきたように感じます。
今の3年が作ってくれたいい雰囲気を全生徒にもっと広げ、
引き継いでいくことがわれわれの仕事だと思っています」と赤壁校長。

受験のまっただ中にある3年生は2月末、
自分たちで実行委員会を立ち上げ自主的に「冬の運動会」を実施した。
「少しでも勉強する時間が惜しいでしょうに、
まるで名残を惜しむかのように取り組んでいました」と福島教諭。

固い絆で結ばれた3年生は14日に卒業式を迎える。
学年主任の福島教諭は旅立つ彼らに「サプライズ」を用意しているという。
2008/08/10 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.