正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << なくなる仕事 1943年(昭和18年)11月5日~11月6日、大東亜会議・大東亜共同宣言 >>
マイケル・ヨン氏のブログ

December 14, 2014
「ミンディ・コトラーが今日の差別主義の名言賞」
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2014/12/blog-post.html

日本-米国:米国人のフェミニスト,ミンディ・コトラー(Mindy Kotler)が
今日の差別主義の名言賞だ!そんなこと普通できない.

映画アンブロ-クン(Unbroken)で,コトラー女史は,
アメリカの戦争の英雄ルイス・ザンペリーニの捕虜の話が
誇張だという日本の主張から,彼をかばっている.

それが誇張されたものなのかどうか,私にはわからない.
--- 私はそこにはいなかった.
これを読んでいる者はだれもそこに居なかったろう.

コトラー女史は,クリスチャンで白人のオリンピックアスリートである
ザンペリーニを 汚いジャップ野郎よりもうんと持ち上げている.
信じられない差別主義者だ.なんだこれ? 1946か?

コトラー女史,次はなんだ?
白い三角帽子でも被って黒人教会を焼き討ちにするのか?

驚くことにフェミニストのコトラーは,
― 下院議員のマイク・ホンダとともに日本叩きをしているが
(例えばH.Res.121:=> 原文では H.Res.112 )
― 教養の無いアジアの女性の記憶を馬鹿にしているくせに,
キリスト教徒の白人にはなにも言わない.

テレグラフに掲載されたミンディ・コトラーのインタビュー記事の抜粋:

===
「日本軍に強制的に性の奴隷とされた無教養の女性の記憶と」,
アジア・ポリシー・ポイントの代表であるミンディ・コトラー氏は言う
「ビリーグラハムの弟子である白人男性の
オリンピック選手の記憶は全くの別物だ」
===

ビリーグラハムは有名なアメリカ人の牧師だ.
ビリーグラハムはとても良い男で,今96才だ,
しかしコトラーのあてこすりは明らかだ.
つまり奇妙な信仰をもつ薄黒い日本人たちは,
白人のキリスト教徒の言うことに口をはさむ権限は無いということだ.

まぁ,でもコトラー女史には疑念を持つ権限を与えてやろう.

彼女は引用ミスをしたんだろう.いつもそんなことを言っているので,
いつも引用ミスをしていることになるが.コトラー女史は,
彼女に関する以下の批評について弁解する機会を与えられるべきだろう.

つまり,ジャーナリストは大誤報をするものだ,
コトラー女史は「性奴隷」と日本に対して謝罪する必要がある.

━─━─━─━─━─━―━―━―━―━―━―━

December 13, 2014
「慰安婦のストーリーが崩れ落ちていく」
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2014/12/blog-post_17.html

日本:Facebookのパワー - 慰安婦のストーリーが崩れ落ちていく

ウォールストリートジャーナルや、
他の報道各紙も慰安婦問題の現実に気がつき始めている。
私へのインタビューと、このFacebookのページからだ。
ほんの数週間前まで、
2007 IWGレポートに関してだれもなにも言及していなかった。
米国の国立公文書館に埋もれていたIWGレポートを
私の仲間が見つけてくれて、それを提供してくれたのだ。
我々は、それを詳細に調べ、数週間前にその存在を発表した。

明らかになった点:
New York Times の記事には、報道内容に関する情報源が
まったく明らかになっていない。
単に他の者が慰安婦について言っている事を繰り返しているだけだ。

強制売春の裏付けとして記事があげている証拠は、
元慰安婦とみられる者が言った事だけだ。
著者は、第一情報源からの新しい情報を何も付け加えることができていない。
今年始め、朝日新聞は Seiji Yoshida の
「慰安婦を強制的に奴隷とした」という証言について、
なんの裏も取らずに報道した事を謝罪した。
おそらくNew York Timesは、未だに、裏を取るという勤勉さが無いと、
愚かなレポートになってしまうという事を学んでいないらしい。

New York Timesの記事で、明確にする事ができないでいるのは、
第一情報源についての情報、たとえば政府の関係諸機関(IWG)による、
ナチや日本軍による戦争犯罪に関するレポートについての情報だ。
これは2007年に連邦議会に提出されたものである。

総額3000万ドルもの経費をかけた850万もの書類が、
ナチと帝国日本政府の戦争犯罪の公開を働きかける運動のもと、
一般に公開されることになった。
しかにながらIWGは、日本政府や日本軍による強制売春を証明する証拠を
何も見つけることができなかった。
実際、レポートでは、そのような証拠を待ちわびていたと
みられる特別な団体に対して謝罪までしている。

1944年に米国戦争情報局(OWI)によって提供された「レポート 49」には、
20人の韓国人慰安婦に関するインタビューが説明されている。
レポートでは、彼女らをセックス奴隷ではなく
賃金が支払われている売春婦であると明確に同定し、
彼女らが将校ら軍人たちとスポーツイベントや、ピクニック、
エンターテイメント、ディナーに
一緒に連れ立って行った様子について説明している。

この第一情報源では、
「慰安婦は高給売春婦」であると、明確に述べられている。

興味深い事に、最近、韓国に駐留する
米国軍の慰安婦であった韓国の女性グループが、韓国政府を訴えた。
米国のメディアは、即座に彼女らは「売春婦」だ、
として報道したのにもかかわらず、同じメディアが、
日本軍の慰安婦の場合は「セックス奴隷」と言い続けている。

日本軍と米国軍の基地の双方は、それぞれの時期に、
それぞれ「慰安婦所」を持っていて、
そこでは娼婦にお金を支払ってセックスしていたのだ。
でも、とてもおかしな事に、
おなじ「娼婦」が日本軍にサービスをすると「セックス奴隷」となる。

そろそろ、日本と西洋のメディアは、
第一情報源に戻り、真実を報道する時ではないのか。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

慰安婦_資料 1/2
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-147.html
慰安婦_資料 2/2
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-662.html
2008/07/30 07:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.