正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観=完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=固定観念=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=戦う人は悪い人=軍民分割統治=団結させない個人主義の洗脳を解き、誇りある歴史を取り戻そう!

ホーム 全記事一覧 << 日本軍の豊台駐留について『軍兵力並配置に関する参考資料の件(支駐)昭和11年(1936年)3月4日』(作成者:支那駐屯軍參謀長 永見俊徳) 身代わり御札 >>
いわゆる「華北分離」とは。

まず1931年9月18日~満州事変の戦後処理条約
『1933年5月31日・塘沽(タンクー)停戦協定』で、支那と満州の間に
緩衝地帯(非武装地帯、非戦地区→略して「戦区」と呼ばれてた)ができた。

※しかし、その緩衝地帯は南部のほうだけであり、
北部のほうは、支那と満州は、まだ直接、接していた。

北部で、支那と満州が直接、接していた支那側の察哈爾(チャハル)省に
駐屯していた宋哲元・第29軍は、たびたび満州に侵入するなど、
相次いで対日満武力挑発事件を起こしていたので、
1935年6月27日、「土肥原・秦徳純協定」が結ばれ、
宋哲元・第29軍は河北省に移駐することとなり、
察哈爾(チャハル)省から支那軍がいなくなったことで、
察哈爾省自体が支那と満州の間の緩衝地帯のようになって
北部も緩衝地帯ができた。
これで支那と満州の間に緩衝地帯がない地域は
中央の河北省の部分だけになった。
察哈爾省から支那軍がいなくなったので、
察哈爾省のモンゴル族の独立派リーダー「徳王」を中心とする勢力が
独立を強く望むようになった。

『1933年5月31日・塘沽(タンクー)停戦協定』で緩衝地帯となった地域でも
支那軍がいなくなったことで独立の機運が高まっており、
1935年11月、冀東防共自治委員会ができて自治宣言して自治区ができた。

それに影響を受け、河北省でも自治を望む声が高まり、
1935年12月、冀察政務委員会ができて自治区となり、
支那と満州の間の、北から南まで、すべてに緩衝地帯ができた。

いわゆる「華北分離」の出来事というのは緩衝地帯に関する出来事で、
『1933年5月31日・塘沽停戦協定』後、
支那軍が満州に侵入したり、緩衝地帯に侵入したり、
協定が結ばれて緩衝地帯が増えたりする中で、
支那の中央軍や地方軍閥などが満州軍や徳王軍や日本軍・日本人などに
攻撃を仕掛けて来て交戦になった出来事である。

華北分離図
緩衝地帯
2008/07/27 07:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.