正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観。「日本の対応に間違いがなければ すべて うまくいっていた」という妄想が自虐史観。どんなに誠意ある対応をしても相手が「ならず者国家」なら うまくいかない。完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=団結させない個人主義の洗脳

ホーム 全記事一覧 << 満州の終戦時の状況 天皇の戦争責任 >>

論点 

論点

なぜか大きな流れで考えない人が多いので下記の大きな流れを読んでほしい。

せきやの『ニコ生版 正統史観年表「大東亜戦争にいたる大まかな流れ」』 http://bit.ly/1RgA3Db
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-737.html

大東亜戦争は、日本が支那軍に不法な武力攻撃を受けて始まった戦争です。 http://bit.ly/1PEFix0
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-717.html
「大東亜戦争は日本が武力攻撃を受けて始まった戦争です。」 http://bit.ly/1Gk8YQM
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-692.html
「支那事変(日中戦争)の発端」 http://bit.ly/1XOsoSx
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-554.html
抵抗しなければ幸せになれるとは限らない。 http://bit.ly/1QXwFQv
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-716.html

「すべて日本が悪かった」という政治的な決着のみを歴史に残し、
史実を語り継ぐ必要はなく、事実は誰も知らなくていいというのは
間違っているのではないか?外国に対して「こうしろ、ああしろ」と
言う必要はないが、国内で自国民に対しての教科書には、
「事実はこうだが、政治決着として こうなっている」と、
そのままの事実を教科書に記述することに何の問題があるというのか?
「教科書に事実を書いてはいけない」
という意見は「悪」としか言いようがない。
あえて日本側から外国に対して大東亜戦争について言う必要はないが、
いまだに外国が、ことさら大東亜戦争について日本を批判するならば、
日本政府は反論すべきだと思う。条約で決着済みのことを、
しかも事実ではないことを言って現在の日本人を攻撃し、
世界中にいる日本人の経済活動や日常生活が脅かされる事態になるならば、
国民の生命・財産を守る国家の義務として、
日本政府は毅然と反論しなければならない。
―――――
「日本政府は東京裁判・サンフランシスコ条約を受け入れたのだから、
それに反することを日本政府は永遠に言ってはいけない」と言う人に対する
おもな反論ページ「東京裁判(極東国際軍事裁判)」 http://wk.tk/B0d4vf
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-158.html

日本軍の仏印進駐への批判に対して http://bit.ly/1JU6YeB
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-712.html
日独伊三国同盟の成立前からアメリカは対日経済制裁していた。 http://bit.ly/1mSDGZ8
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-713.html
日露戦争後の「アメリカの反日政策」と「日本の歩み」年表 http://bit.ly/1RyxCC5
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-510.html

上海共同租界を中心に説明 http://bit.ly/1MdFVPH
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-698.html

日本では『大東亜戦争』が法的に正式な名称です。 http://bit.ly/1RBb4Aa
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-714.html

「コミンテルンの工作が~」について。 http://wk.tk/v4uTRc
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-704.html

『米の援蒋と対日制裁は不法か?』 http://bit.ly/1ONT3vC
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-694.html

満州事変3記事 http://bit.ly/1RbJeIk
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-724.html

「相手側にも良い人がいる」という主張について http://wk.tk/1aOroh
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-709.html

核武装できるわけないという人に対する反論ページ「急げ核武装!」 http://wk.tk/OwblJ5
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-505.html

いわゆる「南京大虐殺」についての反論ページ http://bit.ly/1PlaBkg
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-693.html

憲法改正について http://bit.ly/21fMR3A
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-742.html

天皇の戦争責任 http://bit.ly/1So43ip
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-730.html

米軍人と沖縄県民の犯罪発生率の比較 http://bit.ly/1WbcvaM
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-738.html

満州の終戦時の状況 http://bit.ly/2jKisKZ
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-753.html

在日韓国人に対する生活保護支給の根拠 http://bit.ly/2pj4gQy
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-758.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ニコ生版『移民と外国人労働者』 http://bit.ly/28TBjiw
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-744.html
『移民と外国人労働者』 http://bit.ly/1M1RKp2
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-722.html
『なくなる仕事』 http://bit.ly/1NlLbDK
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-729.html
外国人が住む町 http://bit.ly/1VxMMpq
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-275.html
外国人参政権は憲法違反 http://bit.ly/21TYWg3
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-277.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いわゆる陰謀論について http://bit.ly/28NuzaI
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-743.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

トランプとクリントンの政策対照表 http://bit.ly/1t6XPxa
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-741.html

サッカー裁判
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-740.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

特定の話題で参考になる外部サイト

テレビ報道で川崎デモの「言論・表現の自由を守れ!」の幟にモザイク!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6247.html

外務省が渡航中止3回要請! http://bit.ly/1LGXaYu
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5721.html
人質殺害!マスゴミ報道 http://bit.ly/1OTtmKz
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5720.html
「政府は取材の邪魔するな!でも拘束されたら身代金を払って助けろ」 http://bit.ly/1YCO1t4
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6068.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

国益を追求できない理由 http://bit.ly/28VNXh3
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-745.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

『保守とは』

私は「保守」をひと言で言うと「日本を守ること」だと思います。
自国・自国民だけで、やっていけることを目指すのが保守だと思います。
どんな仕事も自国民だけでやっていけて、
自国だけで防衛できて、食糧自給率100%で、
なるべく自国の技術や経済水域内でエネルギー・資源を確保して、
潜水艦発射の核武装をして、
世界の紛争に関わらなくてもいいようにして、
なるべく外国の影響を受けずに、
天皇・日本人・領土領海領空・財産・名誉・伝統・文化・価値観
・暮らし方・考え方などを守りつつ、
日本人が自分たちの考え方で少しづつ変えながら
発展していくことを目指すのが保守だと思っています。

具体的な課題を箇条書きにすると下記のようになります。
◆自虐史観の洗脳を解く!→事実を知る。
◆「スパイ防止法」推進
◆「潜水艦発射の核武装」推進
◆「外国人参政権」反対
◆「移民・外国人労働者の受け入れ政策」反対(全ての仕事を日本人で!)
◆「人権救済機関設置法」反対
◆女性・女系天皇に反対。絶対に男系男子を死守。
◆TPP反対。TPPはアメリカによる侵略。
利益至上主義では文化・伝統は守れない。
◆デフレ下の消費増税反対。減税して需要を増やす。
規制強化して供給を制限。→デフレ脱却へ。
◆当面は紙幣を印刷して財源にして
公共事業をバンバンやって景気を良くする。
北海道から鹿児島まで日本海側にリニアモーターカーなど。
◆子供手当て月10万でベビーブームにする。
◆占領下に作られた日本国憲法は破棄
(最終的に全く同じ新憲法を作れるなら改正でもいい)
◆地方分権・地方主権に反対。中央集権でいい。
日本は小さいので、すでに地方みたいなものだし、
地方分権・地方主権にすると地方が外国勢力に
乗っ取られる恐れがあるし、地方のほうがチェックが甘い。
全国的に同じ仕組み・サービスで良い。
中央集権で全国レベルで政策を推進したほうが強い日本を作れる。
◆集団的自衛権
基本的には自国だけで防衛できることをめざす。
そのうえで、どうしても外国の軍隊と協力せざるを得ない場合も
あるかもしれないから、
・極めて緊急な場合は、現場の指揮官の判断で
集団的自衛権を行使できるよう規則を作っておく。
・緊急の場合は総理大臣が判断する。
・ある程度、時間に余裕がある場合は、事前に国会で話し合って決める。
◆邦人救出のための海外派兵
基本的には反対。
外国で日本人が何らかの被害にあったなら、たとえ、どのような
治安機関であっても、その国の治安機関に任せる。
外国に行く人は、それだけの覚悟を持って行くべき。
これは被害者が民間人であれ公務員であれ同じで、
国の使命で行った者についても同じ。
しかし加害者が、その国の治安機関そのものであると判明した場合は、
強く抗議し、あらゆる経済制裁などを発動し、
最終的には軍隊で救出に行くことは、やむを得ない。
その際は大規模な軍隊の編成で早期解決を目指す。
派兵の際は上記の集団的自衛権と同じく、
緊急の場合は総理大臣が判断し、
ある程度、時間に余裕がある場合は事前に国会で話し合って決める。

◆経済水域内のエネルギー・資源の開発と食料自給率100%を達成し、
アメリカから独立するだけではなく、最終的には鎖国希望。
もしくは鎖国に近い状態。
鎖国できるくらいの体制こそ弱みが少ない強い国。
★完全な鎖国じゃなくてもいいから、
国内で手に入らない資源もあるので、
どの程度の鎖国をするのかは状況をみて鎖国のレベルを考えればいい。
世界と関わらず、日本人だけで暮らすのが
日本人にとっての一番の幸せ。

―――――――――――――――――

他国と交流するということは、
お互いの文化・伝統が失われていくということであり、
共通のルールを作らなければならなくなっていきます。

私は鎖国を希望します。
「鎖国=どんな他国をも認める」→心が広い。

『保守』とは、他国も、
それぞれの国が自国の伝統文化を保守してほしいということでもあります。

日本から消えていい産業とは?
https://www.youtube.com/watch?v=X2Psf_ewtws

アンケート 「日本は鎖国すべきか?」
http://sentaku.org/seikei/1000036198/
なぜ、鎖国こそが理想で、今それが不能なのか?藤井聡・京大教授
http://www.youtube.com/watch?v=8ndyzFBTuTY
超人大陸 平成23年3月14日号
『津田幸男・筑波大教授が語る 鎖国のすすめ』
http://www.choujintairiku.com/tsuda11.html
「鎖国のススメ」ー世界から影響を受けずに、日本人らしく生きる社会をー
http://blog.goo.ne.jp/yamato528/e/5fe138edb1e2abe25dd2483cebcf5e9b
ねずさんの ひとりごと 「鎖国と開国の相克」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1675.html
日本を守る保守の経済
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-612.html
鎖国
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-613.html
『私が鎖国を希望する理由』のコメント欄での議論
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-631.html

―――――――――――――――――

保守とは http://bit.ly/1SJp4bR
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-719.html
神道と自虐史観と保守 http://bit.ly/2fGrEhY
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-750.html
私の基本的な考え方・判断基準
●集団的自衛権について●保守とは●自虐史観について●共産主義も新自由主義も侵略の手段 http://wk.tk/nuERzd
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-690.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ほかのアジアのように欧米列強に日本が侵略されないように、
天皇を頂点として一致団結して欧米列強のシステムに合わせて
体制を整えて生き抜こうとしたのが明治維新です。

明治維新は「日本の独立維持のため」でありましたし、
日清戦争は、中国が欧米列強の植民地化していくなか、
朝鮮半島が中国の属国状態から抜け出して独立、近代化し、
ロシア南下侵略に対抗して日本の盾となってほしかったのであり、
ところが朝鮮は今度はロシア属国となり始めたので
日露戦争でロシアを追い払い、結果として朝鮮半島は朝鮮からの要望もあり
日本となり、第1次欧州大戦ではイギリスからの参戦要請があったので、
日英同盟の維持→日本独立維持のために出兵し、
満州事変はアメリカやロシアの支援を得たテロ集団が
日本の関係施設や日本人にテロ攻撃を繰り返しているのに
日本政府が何も対策を打たなかったので軍が一気にやり返したのであるし、
支那事変(日中戦争)は蒋介石軍が上海国際共同租界の日本人居留区のみを
攻撃してきたから応戦、反撃して始まったのであり、
その中国軍を武器・資金支援していたのは特にアメリカだったので、
その武器支援ルートを絶つために条約で仏印に進駐したら石油禁輸され、
いよいよ日本もアメリカの属国になる局面になったから、
蘭印の石油を武力で確保する前にアメリカ艦隊が来るのを遅らせるために
先手を打って真珠湾攻撃をして最後の抵抗をしたのが日米戦争で、
その結果、やはり残念ながら日本はアメリカの属国となり、
現在にいたります。

このように大東亜戦争(支那事変~日米戦争、アジア太平洋戦争)は
攻撃されたから応戦、反撃したまでで、
攻撃されなかったら「アジア開放のため」という理由で、
日本から米英に戦争を仕掛けるはずはありませんでした。
日本には、そんな余裕などありませんでした。
攻撃してきたから抵抗しました。ただ、これだけのことです。

次の「維新」があるとすれば、
それも、やはり「自存自衛で独立」できることですから、
◆潜水艦発射の核武装
◆海底のエネルギー・資源を開発して自国内で調達
◆食料自給率100%を達成
◆スパイ防止法の制定
◆できれば鎖国する
これが次の維新の主なものではないでしょうか。
グローバルは、まったく逆だと思います。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

このページのURL
↓↓↓
論点 http://bit.ly/1QqRAtP
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-691.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2015/09/01 09:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.