正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観。「日本の対応に間違いがなければ すべて うまくいっていた」という妄想が自虐史観。どんなに誠意ある対応をしても相手が「ならず者国家」なら うまくいかない。完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=団結させない個人主義の洗脳

ホーム 全記事一覧 << 1931年~1933年・満州事変 満州事変3記事 >>
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

満州事変3記事 http://bit.ly/1RbJeIk
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-724.html

◆満州事変の大まかな説明 http://bit.ly/1pWhKxy
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-723.html

◆1931年~1933年・満州事変 http://bit.ly/1pElzHU
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-725.html

◆満州事変についての大東亜戦争後の証言 http://bit.ly/1QMKjZG
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-710.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

『満州事変の大まかな説明』

日本の満州権益はポーツマス条約(1905年9月5日)や
満州善後条約(1905年12月22日)による正当なものでした。
条約により得られた日本の権益である南満州鉄道を守る日本の鉄道守備隊の
存在も条約によるものでした。
満州地域を支配していた元盗賊:張学良は反日政策や日本人・日本関係施設
へのテロ攻撃を繰り返しており、ついには柳条湖事件で南満州鉄道を爆破し、
かけつけた日本の鉄道守備隊に武力攻撃してきたので、
日本軍が応戦・反撃をして張学良軍を満州地域から追っ払いました。
ちなみに張学良に武器や資金の支援をしていたのはアメリカでした。
中国には多くの地方軍閥があったのであり、
日本が平和的な現地の親日政権を認めるのは当然のことでした。
日本軍の満州駐屯も条約(日満議定書)によるものです。
満州の親日政権は日本の満州権益を認めており、
日本が満州国に関わる事は、満州国の善政確立と治安維持で
日本人を守り、ソ連の南下(満州侵入)を防ぎ、
日本の満州権益を守るための手段だったといえます。
反日リットン調査団でさえ「日本の侵略である」とは断じていません。
国際連盟は満州国を認めず、満州を中国主権にするわけでもなく、
日本の満州権益を守るための日本軍の撤退を要求し、
満州を国際管理にして国際連盟の特別警察が
満州の治安維持にあたることを提案しました。
つまり国連は満州での日本の権利を取り上げようとしたのです。
リットン決議は日本の権利を白人列強が管理するという内容です。
日本は、元盗賊の張学良軍に武力攻撃されて
応戦・反撃して盗賊を追っ払った被害側であり、
すでに満州国が建国され、平和的な親日政権で治安は回復し、
発展に向かっていたにも関わらずです。
白人たちが日本の権利を奪おうとしたので国連を脱退しました。
繰り返しますが日本にテロ攻撃をしてきた張学良に対して
武器・資金のテロ支援をしていたのはアメリカでした。
当時アメリカは国際連盟に加盟していませんでしたが、
英仏はアメリカからの借款があり、アメリカからの支援を
あてにしていたのでアメリカの排日政策に同調していました。
ちなみに満洲事変は1933年5月31日の塘沽停戦協定で終結していましたから、
4年後の1937年になって満洲事変を理由に、
まったく別の場所で攻撃してくるのは不法です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

満洲事変
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-334.html
満州地域における日本人や日本関係施設の被害
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-111.html
清室優待条件(協定)
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-647.html
関東軍1万人で張学良軍30万人らを満州から追放した。
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-112.html
『満州事変』についての反応
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-113.html
東京裁判 弁護側資料 満州関連
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-422.html
「リットン報告書」について~『 アメリカの鏡・日本 』より抜粋
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-115.html
『リットン報告書』は日本の正当性を裏付ける内容だった!
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-116.html
満州事変前~満州事変~支那事変まで
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-465.html
満州事変を生んだ内外要因 ブロック経済から生き延びるために
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-291.html
『紫禁城の黄昏』が明らかにした真実
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-387.html
満州事変 関連議論
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-675.html
もう一つのアメリカ合衆国 『満州』
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-22.html

不戦条約と自衛権
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-287.html
大東亜戦争までの内閣
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-524.html

義和団の乱
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-98.html
1900年(明治33年)、ロシアが『義和団の乱』に乗じて満洲を占領。
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-408.html

日露戦争後の「アメリカの反日政策」と「日本の歩み」年表
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-510.html

日米開戦前 日本の和平努力
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-285.html
ハル・ノートに対する日本の回答入電「これは戦争を意味する」
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-311.html

門戸解放宣言(通牒)
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-200.html

隠蔽が続く大東亜戦争の発端
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-633.html
★もっと超簡単に!大東亜戦争にいたる流れの説明
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-553.html
支那事変(日中戦争)の発端
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-554.html
中国の租界
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-43.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

満州事変の大まかな説明 http://bit.ly/1pWhKxy
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-723.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2016/01/08 06:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.