正統史観年表

戦前の外国の行動は すべて自然な流れとして批判せず、日本国内にのみ すべての原因を求める自虐史観。「日本の対応に間違いがなければ すべて うまくいっていた」という妄想が自虐史観。どんなに誠意ある対応をしても相手が「ならず者国家」なら うまくいかない。完璧じゃなかった自虐エンドレスループ洗脳=東京裁判史観=戦勝国史観=植民地教育=戦う気力を抜く教育=団結させない個人主義の洗脳

ホーム 全記事一覧 << サッカー裁判 インパール 優しい日本兵 >>
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いわゆる「百人斬り」について

1937年11月30日、東京日日新聞(毎日新聞)が、
日本兵が敵陣地に突撃して敵兵を斬った武勇伝を報じました。
戦争中、敵陣地に突撃して敵兵を斬ることは普通のことです。

―――――――――――――――――

東京日日新聞(毎日新聞)、昭和12年(1937年)11月30日朝刊

百人斬り競争!両少尉、早くも八十人

常州にて廿九日浅海、光本、安田特派員発

常熟、無錫間の四十キロを六日間で踏破した○○部隊の快速は
これと同一の距離の無錫、常州間をたつた三日間で突破した、
まさに神速、快進撃、その第一線に立つ片桐部隊に
「百人斬り競争」を企てた二名の青年将校がある。
無錫出発後早くも一人は五十六人斬り、一人は廿五人斬りを果たしたといふ、
一人は富山部隊向井敏明少尉(二六)=山口県玖珂郡神代村出身=
一人は同じ部隊野田毅少尉(二五)=鹿児島県肝属郡田代村出身=
銃剣道三段の向井少尉が腰の一刀「関の孫六」を撫でれば
野田少尉は無銘ながら先祖伝来の宝刀を語る。

無錫進発後向井少尉は鉄道路線廿六、七キロの線を大移動しつつ前進、
野田少尉は鉄道線路に沿うて前進することになり一旦二人は別れ、
出発の翌朝野田少尉は無錫を距る八キロの無名部落で
敵トーチカに突進し四名の敵を斬つて先陣の名乗りをあげ
これを聞いた向井少尉は奮然起つて
その夜横林鎮の敵陣に部下とともに躍り込み五十五名を斬り伏せた。
その後野田少尉は横林鎮で九名、威関鎮で六名、廿九日常州駅で六名、
合計廿五名を斬り、向井少尉はその後常州駅付近で四名斬り、
記者等が駅に行つた時この二人が駅頭で会見してゐる光景にぶつかつた。

向井少尉
この分だと南京どころか丹陽で俺の方が百人くらゐ斬ることになるだらう、
野田の敗けだ、俺の刀は五十六人斬つて歯こぼれがたつた一つしかないぞ

野田少尉
僕等は二人共逃げるのは斬らないことにしてゐます、
僕は○官をやつてゐるので成績があがらないが
丹陽までには大記録にしてみせるぞ

―――――引用おわり―――――――

この話は実際には宣伝のための作り話でした。

中国は戦後の「南京軍事法廷」で、
敵兵(中国兵)を斬った日本軍将校を死刑にしたのですから、
めちゃくちゃであり、悪いのは中国でした。

戦後20年以上が経ち、
朝日新聞の本多勝一が話を捏造して話がややこしくなりました。

本多勝一は勝手に、
「降伏を呼びかけられて塹壕から出てきた無抵抗の蒋介石軍兵士らを
並ばせておいて、かたはしから斬った」
とウソを書き加えたのです。

つまり、敵陣で敵兵を斬ったという東京日日新聞(毎日新聞)の
当時の「武勇談」(作り話)は、20年以上経って、
朝日新聞の本多勝一によって無抵抗の捕虜の
「据えもの斬り」競争に摩り替えられたのです。

東京日日新聞の後身である毎日新聞社は、
平成元年(1989年)に自社発行した『昭和史全記録』という本のなかで、
次のとおり「百人斬りは事実無根だった」(P178)と記述しています。

『昭和史全記録』 毎日新聞社

この記事は当時、前線勇士の武勇伝として華々しく報道され、
戦後は南京大虐殺を象徴するものとして非難された。
ところがこの記事の百人斬りは事実無根だった。
向井少尉はこのとき手足に重傷を負っていた。
東日記者に会ったのは南京の手前で、
冗談に「花嫁を世話してくれ」と言うと
「天晴れ勇士として報道されれば花嫁候補はいくらでも集まる」
とこの記事になったという。
向井は47(昭和22)年4月、東京軍事法廷に召喚されたが、
新聞記事は事実ではないと釈放。
2カ月後、再召喚され中国軍事法廷に立たされ
「百入斬りの獣行により日本女性の欲心を買わんとしたことは
現代人類史上聞いたことがない」と死刑の判決。
ふたりは、48(昭和23)年1月28日、南京雨花台刑場で銃殺された。

―――――――――――――――――

『「南京大虐殺」のまぼろし』鈴木明著 P16(2006年)

事の真相はわからないが、かつて日本人を沸かせたに違いない「武勇談」は、
いつのまにか「人斬り競争」の話となって、
姿をかえて再びこの世に現れたのである。
やや皮肉めいていえば、昭和十二年に「毎日新聞」に書かれた
まやかしめいた「ネタ」が、三十四年の年月と日本、中国、日本という
距離を往復して「朝日新聞」に残虐の神話として登場したのである。
いわば、この「百人斬り」の話によって、ある「事実」が、地域を越え、
年月を経ることによって、どのように変貌してゆくかという一つのケースを、
われわれは眼前に見せつけられたわけである。

―――――――――――――――――

『南京「百人斬り競争」の真実』東中野修道著 P139-141(2007年)

「戦闘中の百人斬り」を「捕虜の据えもの斬り」に変えた本多勝一氏
本多氏は『中国の日本軍』において「百人斬り競争」の記事を載せ、
そして次のように解説する。
・・・中略・・・
まず両少尉の「百人斬り競争」の記事が出てくる。
それに続いて、両少尉は

《降伏を呼びかけられて塹壕から出てきた無抵抗の蒋介石軍兵士らを
並ばせておいて、かたはしから斬ったという》

と解説される。
それからさらに写真が出てきて、

《将校らは日本刀を持っているので、
首を切り落とすことが もっとも普通に行なわれた》

といった説明が続く。
両少尉だけではなく、そこから日本軍全体にまで拡大して首切りは
《もっとも普通に行なわれた》と言い、
首を斬ったあとは《記念写真》が撮られ、
切り落とされた首は見せしめのため《並べてぶら下げ》られたと解説した。
このように一連の写真を並べて示されると、
志々目彰氏の発言を根拠にした本多氏の「据えもの斬り」競争が、
あたかも事実であったかのような感にとらわれてこよう。
南京裁判と同じく「初めから結論ありき」であって、
「据えもの斬り」という新解釈を付加するために、
あたかも写真が使われているかのようであった。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いわゆる「百人斬り」についての検証資料 『プロパガンダ写真館 軍刀編』
http://resistance333.web.fc2.com/propaganda/guntou1.htm
http://resistance333.web.fc2.com/propaganda/guntou2.htm
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6320.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2008/07/14 06:00|年表リンク用資料
Copyright(C) 2006 正統史観年表 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.